スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨイトマケの唄 



というわけでアサルト全51作戦(と昇進試験を含むその他の関連エントリ)のマトメであります。一番最初に書いたエントリが「ルジャワン掃討作戦」なのでカレコレ二年半近く続いたことになります。実際のところ、恥ずかしいくらいのボリュームになっていたりするので「ふぁっしょんってホントにヒマなんだな」とか思われていそうですが、たぶんホントにヒマなんだと思います。自分でも。

■アズーフ島監視哨ルジャワン霊窟
・ルジャワン掃討作戦……………[2006/04/23]
・オリハルコン鉱脈調査…………[2006/05/21]
・クラボエール男爵警護…………[2006/06/18]
・シャナーハ草保護作戦…………[2006/07/29]
・黒羊買付作戦……………………[2006/08/14]
・補給物資奪還指令………………[2006/10/30]
・青の治験…………………………[2006/11/27]
・オグマ奪取指令…………………[2007/03/27][2007/08/14]
・不滅隊・魔滅隊合同演習………[2007/06/26]
・ヘルシング作戦…………………[2007/09/21]

■マムージャ監視哨マムージャ兵訓練所
・皇国エージェント救出作戦……[2006/04/28]
・秘密訓練所急襲作戦……………[2006/05/17]
・賢哲王暗殺作戦…………………[2006/05/28]
・慰問物資強奪作戦………………[2006/08/02]
・二重スパイ捕縛作戦……………[2006/08/18]
・魔宝石回収指令…………………[2006/11/09]
・謝鱗祭襲撃作戦…………………[2006/12/01][2007/02/09]
・マーリドガーデン作戦…………[2007/04/02]
・青の症例…………………………[2007/10/01]
・スサノオ作戦……………………[2007/09/24]

■ハルブーン監視哨レベロス風穴
・土竜作戦…………………………[2006/05/07]
・レベロス補給作戦………………[2006/07/06][2006/07/07][2007/10/02]
・落ち武者追撃戦…………………[2006/06/09]
・土筆作戦…………………………[2006/07/30]
・傭兵軍師狙撃作戦………………[2006/08/09]
・アプカル繁殖指令………………[2006/10/23]
・ワモーラファーム襲撃作戦……[2006/12/06]
・ハンターキラー作戦……………[2007/04/10]
・ブラックパール作戦……………[2007/07/03]
・ヘラクレス作戦…………………[2007/09/18]

■ドゥブッカ島監視哨ペリキア
・海猫護送作戦……………………[2006/05/05]
・レクイエム作戦…………………[2006/05/24]
・ライアーフ捜索作戦……………[2006/06/02]
・黒い男爵撃墜作戦………………[2006/08/03]
・ペリキア架橋作戦………………[2006/08/21]
・ブラッドバス計画抑止作戦……[2006/11/06]
・地雷原処理作戦…………………[2006/11/17]
・双頭の蛇作戦……………………[2007/04/05]
・人形の目覚め作戦………………[2007/09/30]
・キラーロード作戦………………[2007/09/20]

■イルルシ環礁監視哨イルルシ環礁
・黄金の遺産収集作戦……………[2006/05/04]
・ラミア13号討伐作戦……………[2006/05/11]
・蠱物(まじもの)駆除作戦………[2006/06/13]
・イルルシ掃海作戦………………[2006/08/08]
・シーラット送迎作戦……………[2006/08/15]
・アプカル捕獲指令………………[2006/11/01]
・指輪捜索指令……………………[2006/11/22]
・脱走兵武装解除指令……………[2007/04/16]
・鱆号作戦…………………………[2007/07/06][2007/08/24]
・ベレロフォン作戦………………[2007/09/19]

■ナイズル監視哨ナイズル島
・ナイズル島踏査指令(1) ………[2007/03/12][2007/05/14][2007/06/13]
・ナイズル島踏査指令(2) ………[2007/07/25][2008/01/10][2008/01/24]
・ナイズル島踏査指令(3) ………[2008/12/25]

■昇進試験
・一等兵への昇進試験……………[2006/05/07]
・上等兵への昇進試験……………[2006/05/24]
・傭兵長への昇進試験……………[2006/07/28]
・伍長への昇進試験………………[2006/08/09]
・軍曹への昇進試験………………[2006/10/20]
・曹長への昇進試験………………[2006/11/14]
・特務曹長への昇進試験…………[2007/03/09]
・少尉への昇進試験………………[2007/06/18]
・中尉への昇進試験………………[2007/09/17]
・大尉への昇進試験………………[2007/10/03]

■その他
・新入社員から見たサラヒム・センチネル……[2006/06/05]
・中堅社員から見たサラヒム・センチネル……[2007/06/22]
・山猫大尉への道…………………………………[2007/09/14]

とりあえず今回の日記を書くにあたって、過去エントリを幾つか読み返してみたのですが、当初こそ皆様のお役に立てるよう「攻略」に重点を置いたエントリ構成を意識していたものの、そんな理想はいつのまにかブッ飛んで、例によって例の如くアホな日記に変遷するサマがありありと見て取れるあたりがナントモ。
スポンサーサイト

ナイズル島脱出作戦 



最終ブロックまでの踏査記録および一人一種のナイズル装束の取得という全行程を終了して、アサルト「ナイズル島踏査指令」攻略チームも無事解散のはこびとなりました。ヨネチョ&シゥシゥ夫妻、青の字君、ロブ君、コマちゃんへ、長いあいだお疲れさまでした。

予想していたことではあるものの最も苦労したのがナイズル装束の取得でして、中でも最後まで「落ちない落ちにくい!」だったのがコマちゃんの希望するアスカルガンビエラ。皆様ご存知の通りナイズル装束ってアスカル、ゴリアード、デナリの三種からランダムで一種がドロップする仕様なのですが、三分の一の確率を狙うというのは実はかなり大変なことで、ツキに見放されるとナニひとつ落ちない足踏み状態なんてこともザラですから、ハマるとなかなかキツイんです。コレが。

一応「年内をメドに攻略終了」という期限を設けていたことから終盤は「アスカルガンビエラが先か、タイムリミットが先か」というチキンレース的な様相を帯びることになったわけですが、コマちゃんの悪運もまだまだ尽きてはいなかったようで最後の最後にアスカルガンビエラを海底(ハイテイ)ツモするというドラマチックであると同時に空気の読めない幕切れに「チッ!」と舌打ち混じりの一安心。

長かったようで短かったような、それでいてやっぱし長かった一年間。メンバーの顔ぶれが替わったり、踏査記録システムの変更に振りまわされたり、順番待ちの大行列、俗に言う「シュッシュオンライン」の全盛期には門前払いを喰らって涙目になったり等それなりの紆余曲折もあったりなかったりでしたが、これにてナイズル島とも涙涙の別れなのであります。

ナイズル島踏査完了報告 



導入当初は「FFXI史上最凶コンテンツ」などと呼ばれた「ナイズル島踏査指令」も現在では順番待ちが生じるくらいに人気のアサルトとなりました。かく言うわたしも支給される皇国軍認識票をすべて注ぎ込む勢いでこの「ナイズル島踏査指令」で遊んでいたりするのですが、先日ようやく最終ブロックまでの踏査を完了。最後の最後に待ち受けていたボスはケルベロスさん。迂闊にタゲを取ったわたしがアボン→レイズで復活→ゲーツ・オブ・ハデスでまたアボン、なんていうマヌケな事故をやらかしたりしつつも、それなりに撃破。そしてこのケルベロスさんが隠し持っていたお宝は、アスカルツッケットとソードブレイカー。

(つд⊂)ゴシゴシ→(;゚Д゚)……!?

■ソードブレイカー D27 隔200 Lv75~ シ

未だ「幻灯のカギ」を所持していない我々の場合ジョブ専用武器はアトルガンまでのジョブの数、つまり18種類の中からランダムドロップとなるわけですが、基本的にツキに見放されがちなわたしが1/18でお目当てのブツを引きあてるとかちょっとありえないことで、近いうちにリヤルでとんでもない不幸が襲いかかってくる予感です。交通事故とか。これはますますヒキコモらざるを得ない。

このソードブレイカーをはじめとする「ナイズル島踏査指令」の最終ブロックにて入手できるジョブ専用武器群は「FINAL FANTASY XI Fan Festival 2007」において開発サイドから「レリック武器のような性能を持ち、専用のウェポンスキルが使用可能になる」という正式発表があったのは皆様ご存知の通り。レリック武器を引き合いに出すくらいですから、やはり何らかの手順を踏んでの「強化」が必要になると思われるのですが、マゾいのかな。やっぱしマゾいんだろうなあ。

というわけでグハンラーム(Ghanraam)君。あまりアテにならない「約束の日」までわたしの大切なソードブレイカーをしっかり保管しておいてくれたまへ。

ナイズル島踏査中間報告 



それなりの紆余曲折の末、現在わたしはふたつの攻略チームに参加して「ナイズル島踏査指令」を進めています。一方のチームはこの作戦の導入初期から遊んでいるチームでリーダーは某まれい君。さすがに長いこと続いているだけあってよっぽどのことがない限り作戦失敗はない感じ。ナイズル装束もそれなりに行き渡ってきたのでぼちぼち最終ブロックを目指そうかという話が出ています。

もう一方のチームはわりと最近にわたしが結成したチームで、わたし以外は「ナイズル島踏査指令」未経験なヒトばかり。はじめたばかりの頃はとにかく作戦失敗が続いて毎度毎度「はんせいかいw」を開いていた記憶があります。未だに順番点灯型ランプに手こずっていっぱいいっぱいになったりとかもあるのですが、それでもずいぶん安定してきたかな。
 
デュナミスやリンバスではチーム(LS)ごとにドロップの偏りがあるなんていう話を聞きますけど、この「ナイズル島踏査指令」にもそういうのはあるようで、一方のチームではアスカル装束とデナリ装束のドロップ率が高いもののゴリアード装束が不足気味、もう一方のチームではアスカル装束とゴリアード装束がソコソコ落ちているもののデナリ装束が不足気味、なんて具合に偏っていたりします。

毎度毎度ゴミばっかりでゲンナリ気味だった未確定アイテムも久しぶりにアタリを引きまして「孔雀経の護符」と「半蔵の篭手」がポロリ。もう少しアタリの出土率が上がってくれるとナイズル装束だけでなく未確定アイテム狙いのツアーとかいう遊び方もできそうなんですけど、まああまりやり過ぎるとそれはそれでレアリティが保てなくなるのでやっぱしいまくらいがちょうど良いのかも。

当然のことながらこのペースで遊んでいると皇国軍認識票が不足がちになるわけでして、発行時間を調整したりとか一枚は手元にキープしておくのを忘れないようにしなくちゃとか苦労が絶えません。もっと他に苦労するべきことは山ほどあるような気がしないでもないですが、そんなのは大きなお世話だ!

大尉への昇進試験 



そんなわけでようやくアサルトの全作戦をコンプリートしたのでニヤニヤしながらサラヒムセンチネルへGOします。で、人事担当のアブクーバさんに話しかけて最後の昇進試験。お疲れ気味のナジャ社長をマッサージするというお話で、選択肢の中から「もみもみ……もみもみ……」を選ぶだけなので特に難しくないです。どちらかと言うと「もみもみ」という響きがイヤらしいのが問題です。

で、30回もみもみすると「テーテテテ、テーテテテ、テッテテーッ♪」のお馴染みファンファーレと共に山猫大尉に昇格。山猫中尉バッジが一時的に所持するだいじなもの、山猫大尉バッジが継続的に所持するだいじなものの扱いなので、アサルトはとりあえずココで一区切りみたいです。山猫大尉は「移送の幻灯使用許可証」の発行手数料とアルザダール海底遺跡群の拝観料が無料となり、アトルガン-エリアの移動がテラ便利になるので用事も無いのに無駄にあっちこっちワープして遊んだりなんかしちゃったりして、イィヤッハァァァァッ!!

何と言いますか、アサルトのリーダーってメンバーの募集から作戦指示に至るまで全部ひとりでこなすべきみたいに思われているフシがあって、実際のところかなり大変だったりします。なるべくならヒトサマの募集に乗っかって楽チンに進めたいっていう気持ちは当然誰にでもあるわけですが、山猫大尉を目指すのであれば (全作戦をコンプリートするには) やはりある程度はリーダーをしないと難しいんじゃないかなと思います。参考までにわたしの場合はこんな感じでした。

・自分自身で募集をかけて野良なパーチィで挑んだ作戦…(12/50:24%)
・ヒトサマの募集に乗って野良なパーチィで挑んだ作戦…(19/50:38%) 
・フレまたは身内なヒトたちのパーチィで挑んだ作戦……(19/50:38%)
 注:全作戦初挑戦時の統計です。

基本的にヒキコモなふぁっしょんさんとは思えない頑張りようです。というわけでこれから山猫大尉を目指す方々もあんな苦労やこんな苦労にぶつかることもあると思いますが、めげずに頑張ってくださいませ。最後に一言。後続組乙www(←)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。