スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

ことのほか厳しい寒さが続く今日この頃、皆さまは如何お過ごしでしょうか。毎度お馴染みの「ぱんでもにうむ麻雀バトル」です。この「毎度お馴染み」とは「何の変哲もない」や「いつもどーり」と同義でもあり、ぼちぼちネタとして成立しなくなりつつある雰囲気が漂っていたりもするわけですが、とりあえず本日はわたくしふぁっしょんが「役満」に纏わる思い出を語ってのりきりたいと思います。



こう見えてもこのブログはFFXIのブログなので、読者諸兄の中には「そもそも役満ってなに?」なんてヒトもいらっしゃるかもしれません。なので簡単に説明しますと、役満とは「滅多に出現しない高得点の麻雀の役」を指します。FFXIで例えると獣人印章バトルフィールド「南海の魔神」でクラーケンクラブがドロップするようなモノだと考えて頂ければ当たらずとも遠からずってところだと思います。FFXIにおけるクラーケンクラブのドロップ確率は1%とか言われていますが、麻雀における役満の出現確率はどのくらいかなのかと言うと、以下の某ネット麻雀の一ヶ月分の統計を参照。

・国士無双(13面)…………0.04240(0.00056)
・四暗刻(単騎)……………0.04381(0.00528)
・大三元……………………0.03783
・小四喜……………………0.01078
・大四喜……………………0.00070
・緑一色……………………0.00183
・清老頭……………………0.00134
・四槓子……………………0.00014
・九蓮宝燈…………………0.00092
・天和………………………0.00014
・地和………………………0.00113

この「ぱんでもにうむ麻雀バトル」でも何度か出現している国士無双、四暗刻、大三元は役満の中でも比較的容易と言われているだけあってそれなりの確率。しかしながら国士無双は13面、四暗刻は単騎になると途端に確率は低くなりまして、この麻雀バトルでも未だに出現していません。わたしは「地和」をアガったというのがささやかな自慢だったりするのですが、世の中には「地和+大三元」だの「地和+国士無双」だのをアガったヒトもいるのだとか。羨ましいと言えば羨ましいんですけど、実際にそんな幸運を手にしたら、その後は一気に悪いことばかり押し寄せてきそうで夜もオチオチ眠れないと思います(小市民)。

ちなみに九蓮宝燈という役は「完成させたら運を使い果たして命を落とす」という伝説があるくらいに滅多にお目にかかれない役満。……なのですが、わたしの友達のオカモト君(仮名ではなく実名)は九蓮宝燈を完成させたにも関わらず、しぶとく生きていたりするので伝説なんて所詮そんな程度なのかもしれません。
スポンサーサイト

第30回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

2010年も残すところあとわずか。皆さま如何お過ごしでしょうか。雀鬼たちの雀鬼たちによる雀鬼たちのための特別企画も今回で第30回。よくもまあこれだけ続いたモノだという誇らしい気持ちがある一方、こんなアホ企画をいつまでも続けていて良いのだろーかみたいな疑問を感じなくもないのですが、ナニはともあれ「第30回ぱんでもにうむ麻雀バトル」いまココに開幕です。ファイッ!



約半年ものあいだトップに君臨し続けたまれい君がついに撃沈。まれい君に引導を渡したのは意外や意外のコマちゃん。こんなふうに書くとまるでコマちゃんが悪の大魔王を倒した勇者みたいですが、実際は「今日は調子がワルイ」みたいなことを言いながらもコッソリ勝っているという姑息な手段で優勝を簒奪しただけですからそんなに格好良いモノじゃないです。

続く二位は「序盤は好調。あとはグダグダ」のパターンが定着しつつあるわたくしふぁっしょん。はしゃいでいるのは最初だけで終盤は静かなモンです。そして三位はかろうじてプラスに踏み留まったまれい君。まあアレです、勝利を?むためには運と腕の双方が不可欠になる過酷な麻雀バトルにおいて「V5」という大記録を打ち立てたことには「敵ながらアッパレ」と上から目線で褒めておきましょう。

……となるとビリはもちろんスパ。全12半荘のうち10半荘がマイナスという脅威のスコアにギブアップ宣言が飛び出し、再・起・不・能(リタイヤ)。

(2010/12/29追記)
「ぱんでもにうむ麻雀バトル」2010年下半期のマトメ。
・第26回 1.まれい  2.スパ   3.ふぁそ  4.コマ
・第27回 1.まれい  2.ふぁそ  3.スパ   4.コマ
・第28回 1.まれい  2.コマ   3.スパ   4.ふぁそ
・第29回 1.まれい  2.スパ   3.コマ   4.ふぁそ
・第30回 1.コマ   2.ふぁそ  3.まれい  4.スパ

(2010/12/29さらに追記)
2010年度の更新は本日の日記で終了になります。皆様よいお年を。(・∀・)ノ

第29回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

寒さ厳しきおり、皆さま如何お過ごしでしょうか。毎度お馴染み「ぱんでもにうむ麻雀バトル」の時間です。開催時期の関係上、先月はお休みだったので「糞みたいな企画が終わってくれてマジで嬉しい」とか「もう二度と麻雀バトルは開催しないで下さい」なんていうご心配の声を皆さまから多数頂いたのですが、どうぞご安心ください。この企画はまだまだしつこく続きます。というわけで「ぱんでもにうむ麻雀バトル」いまここに復活です!



奇しくもこの日は台風14号が関東地方を直撃した日 (そんな日に麻雀をするなって話ですが)。 激しい暴風雨の中、ついにふぁっしょんさんの究極奥義「四暗刻」が炸裂。第04半荘目、台風を吹き飛ばす日輪の如くサンゼンと輝く赤い数字「83」がそれにあたります。改めてこの「ぱんでもにうむ麻雀バトル」における過去の役満を振り返ってみすと、コマちゃんが四回、まれい君が二回の計六回というイカサマとしか思えない惨憺たる状況だったのですが、記念すべきラッキーセブン(七回目)の役満を手にしたのは、わたくしふぁっしょん。ありがとうありがとう。ちなみにスパだけは未だに役満未達成だったりします。ダサッ!!

連続優勝記録更新中(現在V4)とかチョコザイな真似をしているまれい君を撃墜するべく、その後も向かうところ敵なしで疾走するふぁっしょんさん。……となる予定だったはずが、どういうわけか後半からツキの巡りがおかしくなって、優勝はまたもやまれい君に持ってゆかれる始末。ウザいことにまれい君はV5達成とか。二位は地味にプラスのスパが続き、三位はコマちゃん。となるとビリはひとりしかいないわけで何故かわたくしふぁっしょん。アルェー?(・3・)

第28回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

日増しに秋の深まりを感じる今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。麻雀を知らないヒトからは「FFXIのブログなのに麻雀の話とかやめてほしい」と大好評の特別企画「ぱんでもにうむ麻雀バトル」の時間がやってまいりますた。今日も今日とて東京都は国分寺市に集結した四人の雀鬼たち。戦いは果てしなく(キリがなく)続くのであります。



日常生活において不注意による失敗を「チョンボ」と呼んだりしますが、元来この言葉は、条件を満たしてないにも関わらず和了(アガリ)を宣言した場合──つまり誤ロンや誤ツモを指す麻雀用語。漢字表記は「錯和(狆和または冲和とも)」。何を隠そうわたくしふぁっしょん、このチョンボをわりとやらかすタイプでして記憶にあるだけでも相当な額の罰符を支払っています (チョンボをやらかすとルール違反の罰符が適用される)。 そんな話の流れからもお察し頂けるように今回またしてもチョンボを発動。具体的にどのようなチョンボしたのかと言いますと、役満「国士無双」をテンパイしたつもりが、その内の一枚が「九索」ではなく「六索」だったって話。役満テンパイ(実際はしていなかったんですけど)という極限状況下、ものすごいコーフン状態だったおかげで自分がチョンボをしているなんて夢にも思わず誤ロン。タイムマシンがあったらいますぐ飛び乗って過去の自分をブン殴ってでも止めたいです。

そんなこんなで全16半荘の結果発表。優勝はまれい君、麻雀バトル史上初のV4達成です。おまけに09半荘目には「国士無双」までモノにして、もはやその勢いは天井知らず。ここしばらく絶不調だったコマちゃんは二位に浮上し、三位がスパ。……となると、ビリは当然わたくしふぁっしょん。ちなみにまれい君の「国士無双」に撃ち込んだのもわたくしふぁっしょん。自分の「国士無双」はチョンボして、他人の「国士無双」に撃ち込むとかまるっきり慈善事業です。こんなことになるのなら麻雀なんかしないでヴァナ・ディールで遊んでいれば良かったよ!

第27回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

記録的な猛暑にウンザリする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。欲望の赴くままに麻雀を打ち続けるだけの特別企画「ぱんでもにうむ麻雀バトル」の時間です。今回で27回目を数えるこの企画、ネタも枯渇してそろそろ苦しくなってきた感があったりなかったりなのですが、逆に考えるんだジョジョすると27回も続けていれば惰性でのりきるスキルだけは一人前。つまり本日も惰性でファイッ!



イキナリですが、皆様は麻雀用語がワイセツだと感じたことはありませんか。まず満貫とか跳満とか三倍満とか役満とか、徹底的に「まん」という響きで押してくる点がワイセツ。ダブル役満とかトリプル役満に至ってはまるで風俗店のスペシャルコースの名前です。おまけに「まん」だけでは飽き足らず、清一色(チンイツ)とか清老頭(チンロウトウ)とか「ちん」までも用意されている周到さ。そもそも麻雀牌そのものが問題だらけで、牌が女性の胸を指す「ぱい」なのは言わずもがな、何処までも「まん」で引っ張る萬子(マンズ)、図柄が女性器みたいな筒子(ピンズ)、逆に男性器っぽい索子(ソウズ)、もはや確信犯としか思えない字牌(ツーパイ)。全てがセクシャルハラスメントです。ただパイパンという言葉に限っては皆様が真先に想像するエッチなアレの方が実は後付け。三元牌の正式名称──紅中(ホンチュン)に緑發(リューハ)、白板(パイパン)が本来の意味だったりします。

そんなこんなで(どんなだよ!?)全12半荘。近頃絶好調のまれい君がまたしても一位を獲得してV3達成。終盤に激しい追い上げを見せたふぁっしょんさんですが、序盤から中盤にかけての不調が足を引っ張って結局二位どまり。三位と四位は目糞鼻糞レベルの争いでスパとコマちゃん。ちなみにコマちゃんは華麗すぎるくらい華麗にビリのV3を達成です。すでにコーナーとして成立しなくなっている今宵の晩ゴハンは例によって例のごとくカレーライスだ文句あっか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。