スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぼえ書き(2005年10月) 

20051031.jpg

HP/MP上限アップ 6段階 (HP+60/使用経験値20万)
ステータスアップ4段階 (DEX+4/使用経験値27万)
武器スキルアップ6段階 (短剣スキル+12/使用経験値15万)
回避スキルアップ3段階 (回避スキル+6/使用経験値6万)
その他効果アップ6段階 (クリ+3・被クリ+3/使用経験値12万)
ジョブカテゴリー5段階 (シーフTA確率/使用経験値15万)

フェローたんのレレル → 60(カンスト)
スポンサーサイト

日曜日だというのに 

仕事だったので、ズヴァでデーモン殴ってました。

じっと見つめ隊 ~ Hame様編 

これが我らが鯖のトッププレイヤーHame様のプロフィールだ!
資産42億ギル&レア素材多数
フルアルマダ・フルヘカトン+1・フルゼニス+1・フルカイザー・フルブラッド・黒赤召獣ナAF2セット・守りの指輪・リディル・フル4神装備・クラーケンクラブ4個・マハトマケープ・アリストチュニック・ヘラルドゲートル2個・シャドウリング・シャドウマント・エクスカリバー・シャイフマンティルなどなど
彫金100裁縫100鍛冶100骨100練金100調理100木工100革100釣100
HNMLSリーダー・裏LSリーダー・空LSリーダー・職人LSリーダー・アルタユLSリーダー・リンバスLSリーダー・パン鯖トッププレイヤーHame様!

のコピペで有名なHame様です。

20051027.jpg

フェローたん ~ その1 

マイフェローのグラフマルト(Grauffemart)さんです。
世間ではミスラや♀の子フェローが大人気のようですが、「姫君と爺や」みたいなのがいいなあと思ってエル爺にしました。
ちょっと油断すると、すぐに初期装備に戻るのはやめてほしいです。

20051024.jpg

土曜日の午後は 

あなたとわたしのプロミヴォン。

20051023.jpg

白魔道士の経験値は、ENMとミラテテ様言行録とマイルドな優しさが成分なのです。

奇跡のフライパン 

はじめはわたしも半信半疑でした。でも、フライパンで盾スキルが上がった途端、職場では出世街道まっしぐら、競馬で万馬券も当たり、さらにステキな恋人までできましt

20051022.jpg

ジュノのモグハウス 

20051020.jpg

ジュノのモグハウスは超高層マンションだったんですねぇ。

ひとつ言いたいことがある 

20051019.jpgジェシカでもジュシカでもない。

ジ シ ュ カ だ !

シロッコククリ(4) 

20051017.jpg

イィィィィィィイヤッハァァァァァァァァァァ !! (壊)

シロッコククリ(3) 

ここ四時間、風がまったく吹きません。
パトラッシュ、ぼくもぅ疲れちゃったよ……

20051016.jpg

シロッコククリ(2) 

はい、シロッコククリ落としませんでしt

20051015.jpg

シロッコククリ(1) 

Kreutzet 9~12時間間隔で抽選開始・天候が風の時のみPOP

シロッコククリを落とす例のアレです。ご覧の通りPOP条件がHNM並に廃人チックなために半ば諦めていたのですが、メンテ終了と仕事の休みがうまく重なったので、張り込み開始。
作戦は赤サポ忍に着替えて、バインド→ポイズン・バイオ、空蝉でバインドのリキャストを稼ぎつつ、またバインド→ポイズン・バイオの「スリップダメージ削り殺し作戦」。

シロッコククリ落としませんでしt

ソロに必死でSSとれませんでしt

赤魔道士の秘密 

強い強いと言われている赤魔道士ですが、その強さの秘密は強化魔法にあるのです。
画面左から、ヘイスト、ブリンク、プロテス、シェル、ストンスキン、リフレシュ、(シグネット)、ファランクス、エン系魔法。がんばる人はさらにアクアベール、スパイク系魔法までかけるみたいですが、ズヴァール城外郭四隅のデーモンはレベル75から楽表示なので、わたしはそこまでしません。
これに敵の弱体魔法なんかを食らったりすると余裕でアイコンが二列になります。

20051013.jpg

Beat It !! 

20051012.jpg

ズヴァール城四隅に行く際の、赤魔道士の殴り装備です。まあだいたいがシーフの装備の流用ですね。暗黒騎士や戦士タイプのデーモンと戦うときは、胴装備をスコハネに着替えたりすることもあります。
まあ、ぶっちゃけジュワあれば力押しできるのでなんでもいいっぽいです。

【お金がありません】 

スピベルを買ってしまったので、お金がありません。ズヴァール城四隅でフェローたんと一緒にデーモンをしばいてこようと思います。
合成スキルも中途半端、転売も気が短くて出来ない、ふぁっしょんさんの金策といえば、これくらいしかないのです。だから魔人の角の相場を下げるのは勘弁してください、マジで。

ついに 

ねんがんのデュエルタバードをてn (なにをするきさまらー


じっと見つめ隊 ~ ヘチキス編  

いろんな意味で限界ギリギリ企画「あなたをじっと見つめ隊」
わたくしふぁっしょんが、ぱんでもにうむ鯖の有名人の素顔を隠し撮りします!

※オンラインゲームのキャラクターに対して「肖像権」というモノが認められるのかどうか勉強不足でイマイチわからないのですが、誹謗中傷等を目的とした企画ではないので「おーこの人すごい装備だなー」とか「あーこの人知ってるー」みたいな感じで楽しく見てもらえれば嬉しいです。

というわけで「あなたをじっと見つめ隊」の第一回目はヘチキス(Hocchikkisu)さんです。まあフレだと気楽に覗けるのでまずはこのあたりからw 何というか「僕はタルタルだから、こういうのを被るとカワイイヨ!」的アピールをビシビシ感じるパンプキンヘッドが非常にムカつきます(怒)

20051007.jpg

ほらね。 

20051006a.jpg

すごくどうでもいいことですが、アットワ地溝の崖のとこに鳥が飛んでました。

20051006b.jpg

ほらね。

シーフのお仕事 

シーフというジョブは、「不意打ち」を狙いながら常にモンスターのお尻に張り付いているので、真面目に仕事をしていたりすると、だいたいが間抜けな感じのSSしかとれません。
というわけで、朱雀さんのお尻。

20051005.jpg

悪魔城の四つの部屋 

20051002.jpg

ズヴァール城外郭の四つの部屋(通称四隅)は、経験値・印章・金策が同時に出来るとてもとても良質な狩場だと思うのですが、「とごも人がいっぱいで、狩れないよ!」みたいな目にあったことは一度もありません。
定員4人(4PT)なわけだから、もっと混んでもおかしくないと思うのですが、みんなもっとおいしい場所を知ってるんですかねぇ。
まあ空いてる分にはまったく文句はないんですけど。

FFXI BLOG LINKS 



わたしがよくお邪魔するブログ、コンメトやリンクを頂いた方のブログ、それからお友達のブログのリストです。ブログテンプレートの改竄によるアカウントハック等、なかなか物騒な世の中でありますから、ご利用に関してはセキュリティ対策を充分に行った上でお願いいたします。
続きを読む

屈折する星くずの上昇と下降 



・TLW$TW………………………………………………………[2005/10/01]
・世界に在りて君は何を想うのか?………………………[2006/03/01]
・アポリオンラベジャー……………………………………[2006/03/18]
・デュナミス-ザルカバードの踏破者……………………[2006/08/07]
・テメナスリバレーター……………………………………[2006/09/18]
・電光石火の証………………………………………………[2007/07/04]
・宝剣の欠片…………………………………………………[2007/07/24]
・宝剣マンダウ………………………………………………[2007/07/26]
・NEW KILLER $TAR …………………………………………[2007/09/14]
・永遠の傭兵…………………………………………………[2007/09/29]
・山猫大尉昇進………………………………………………[2007/10/03]
・ウィルムアストニシャー…………………………………[2008/02/19]
・エインヘリヤルエリート…………………………………[2009/03/10]
・神の頌歌に返せる者………………………………………[2009/04/21]
・モグハウス・キーパー……………………………………[2009/07/28]
・シャントット帝国反乱分子………………………………[2009/12/01]
・Pink Cloud Assembly ……………………………………[2010/04/09]
・禁断の地アビセア…………………………………………[2010/07/27]
・アビセアの死闘……………………………………………[2010/10/12]
・アビセアの覇者……………………………………………[2010/12/17]
・アルタナの神兵……………………………………………[2011/01/25]
・異界の救世主………………………………………………[2011/03/09]
・神竜を葬りし者……………………………………………[2011/03/25]

わたしの友達にコマチエンジェルさんというネコがいるのですが、このヒトは野良でパーチィを組んだりすると「おー、ビーズ好きなんですか~?」みたいな感じで話題を振られることが多いそうです。

わたしの「ふぁっしょん」という名前はデヴィッド・ボウイさんのわりと有名な曲から拝借したものなのですが、今まで一度も「おー、デヴィッド・ボウイ好きなんですか~?」的な話題を振られたことはありません。基本的に世の中ってそういうモノです。ちなみにこのブログのタイトルも、デヴィッド・ボウイさんの「世界を売った男」をモジって「TLW$TW(The Lady Who $old The World)」としました。

というわけで、わたしはデヴィッド・ボウイさんの大ファンだったりするのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。