月別アーカイブ

 2006年03月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぼえ書き(2006年03月) 



今月の目標達成度。

■メリットポイントの基本カテゴリをカンスト。
 HP/MP上限アップ 8段階 (HP+80)
 ステータスアップ5段階 (DEX+5)
 武器スキルアップ8段階 (短剣スキル+16)
 回避スキルアップ4段階 (回避スキル+8)
 その他効果アップ8段階 (クリ+4・被クリ+4)
 ジョブカテゴリ シーフ 10段階 (TA確率/不意打ち使用間隔)
 ジョブカテゴリ 赤魔道士 5段階 (コンバート使用間隔)

→2月末から3月初めにかけて、ひたすらメリットポイントを稼いだおかげで、強化したいと思っていたカテゴリはすべてカンストしました。我ながらやり過ぎだと反省していまs。現在のところ、さらに3Pほど貯蓄があるのですが、メリポの上限開放(アビ追加)は「アトルガンの秘宝」発売から二ヵ月後という噂なので、しばらくメリポ稼ぎはお休みかな。ENMを続けていれば自然に貯まりますし。

来月の目標。

■暗黒騎士をLV40に。できればナイトもLV40に。
→「アトルガンの秘宝」の発売までに暗黒騎士をサポで使えるようにしたいと考えています。何故40なのかという理由は、以前はLV80開放に備えてサポで使うジョブを40まで上げていたからです。メリポが追加された現在となってはよほどのことがない限りLV80開放が来ることはないでしょうが、37という数字はなんだか区切りが悪いので、40まであげちゃおうかなとw ナイトの方はのんびりまったりLV75まで行きたいと考えていますが、どうなることやら……。
スポンサーサイト

フェローたん ~ その3 

ル・ルデの庭でフェローたんが手を振ってくれたのですが、あまりにも汚い格好だったので、思わず他人の振りをしてしまいました。ごめんなさい。まる。


巨人の貝塚(Parata & Bladmall) 



毎週、固定メンバーで通っている無制限ENM。千骸谷では「猛進転進」を選ぶことがほとんどだったのですが、最近では「巨人の貝塚」も選択肢に入れています。ココは12人制限のBCですが、5、6人でも行けてしまうところがお手軽でいいですね。
この前はアタリのブラオドルヒを引けたので、買い取るべきか激しく迷ったんですけど、借金してまで買うものではないという結論に達して保留。最近ほとんど金策をしていないので、お金ないんですよね。まあ、また少しずつお金を貯めて、次にドロップしたら買い取れるといいな^^ 程度でw

カパヲ様言行録特別増刊号 


サディスティックなソフィー(vs.Stinging Sophie) 

北グスタの山でのんびりナイト(LV10)のレベリングをしてたんですね、ひとりで。そしたら殴りかかった蜂がやたら強くて、よく見たらNMだったんです、NM。フェローたんを呼んでなんとか倒したんですけど、ドロップはハズレで「まあこんなもんかな最初から期待してなかったしそれ以前にNMだって気付かなかったし」みたいな感じでレベリングを再開したんですね、フェローたんと別れて、またひとりで。



10分くらいして、殴りかかった蜂がやたら強くて、よく見たらまたNMだったんですよ、同じヤツ。「げぇっ、関羽!」ってな具合に慌ててもう一回フェローたんを呼んだんですが、HPもMPも雑魚を狩るくらいの余裕しか残してなくて、ボコボコにされてしまったわけなんですね、フェローたんともども。



ナメられっぱなしというのもアレなんで、シーフ(LV75)に着替えて教えてやることにしたんですね、「わたしをあまり甘く見ないほうがいい^^」ってことを(←大人気ない)。ワンパンで倒しきれないあたりにシーフのヨワッちさが垣間見えて嫌なんですけど、ビースティンガーをゲットできました、特に欲しくなかったんですが。



正直に言うと、「げぇっ、関羽!」と「わたしをあまり甘く見ないほうがいい^^」って書きたかっただけなんです、今日のエントリは。

コロロカを抜けて 

ソロでチマチマとレベリングをしていた暗黒騎士が15歳になりました。そろそろPTなお年頃ですね。バストゥークで近接LVをサーチしてみると上手くPTを組めそうだったので、ものすごく久しぶりにリーダーをしてみました。どれくらい久しぶりかというと、黄色文字になっているLSリストのわたしの名前をみて、ふぁふぁwさんが「ふぁしょんがリーダーをしている」とビックリするほど久しぶりなのです。
構成は忍シシ暗(←ふぁっしょん)赤白。前四後二なのでヒーラー陣がきつくなるかもと懸念し、わたしはサポ白で出撃。狩場はコロロカの洞門でミミズを殴ります。序盤はアシッド、ディアを入れてケアルスクワットをしていましたが、前衛陣のLVが上がるにつれて被ダメも減ってきたので、後半は殴りに参加しました。二時間ちょっとのPTでしたが、全員みっつLVUPしたところで終了。楽しく美味しく稼げたと思います。
低LV帯のレベリングは構成に多少難があっても、サポや立ち回りでどうにかなってしまうところが良いところだと思います。赤魔道士や詩人や忍者がいないと狩りに行けない(行っても取得経験値に差が出過ぎてしまう)というのは、MMOのバランスとしては健全とは言えないんではないだろーか、と改めて考えちゃったりなんかもしちゃったりするのでした。



ミラテテ様獲得録とバリスタ勝敗 

最近のミラテテ様獲得録
・777/1062/1386/914(すべて白魔道士のデスペナ保険の為に使用)
最近は礼拝堂のミラテテ様以外取得していません。ナイト、暗黒騎士、召喚、侍のどれかをサポLVまで上げたいなあなんて思ってるんですけど、どれもLV20に達していないので、ミラテテ様を使えないんですよね。どれかのジョブでミラテテ様を使えるようになったら、またクエストや三国プロミボンをコツコツこなしていこうかな、と考えています。

先日のバリスタ。無制限。
■ジャグナー森林 106- 77 ○
■パシュハウ沼  110- 96 ○
ブレンナーの実装以来、我が鯖のバリスタはすっかり過疎ってしまっているようです。かと言って、ブレンナーの方も特別盛り上がっているようには見えないんですよねぇ。ただでさえ少ない対人戦愛好家のヒトたちを無理矢理分け合って共倒れ、という最も悪いパターンにハマってしまっているようです。某紅いパンツを履いたヒト(←まるわかりですね。ごめんなさい;;)なんかが、バリスタ人口を増やそうと呼びかけているみたいですが、そういうのってステキですね。影ながら応援しております。

シーフのお仕事 

トゥー・リアにて。白虎、青龍、玄武を各一戦ずつ。



白虎戦 白虎印章/ゼファー/白虎佩楯/海王の免罪符:両手/御神木
    雷のクリスタル×3
青龍戦 青龍印章/アフェリオット/青龍篭手/神木の免罪符:頭
    海霊の免罪符:両脚/龍の爪/風のクリスタル×3
玄武戦 玄武印章/北極の風/玄武兜/玄武盾/海霊の免罪符:両手
    土のクリスタル×3

トレハン役はわたしひとりだったのですが、なかなかグッドなドロップではないかと自画自賛してみたり。とは言っても、実際にトレハンが利いているのかどうかはわからないんですけどね。こればっかりは未だもって謎のジョブアビリティ、トレジャーハンターの仕組みが解明されない限り何とも。

20060323b.jpg☆★☆ おまけ ☆★☆
PTメンバーの心の声
「シーフさん、たいして役に立ってないのにかすめとらないでください^^;」
「カメムシウザスwww」
「通風氏ね」
「 ( ´ ・ ω ・ ` ) 」

新しい「耳」の後日憚 

このBLOGを見てくれているフレのヒトたちに「新しい『耳』は結局なにを選んだの?」と訊かれたりするんですけど、未だに保留のままでいたりします。
正直、今回は「素破の耳」のようにズバ抜けた性能のものがないので、難しいんですよね。どれを選んでも後悔しないような、やっぱりじっくり選ばないと後悔するような……。
しかしながら、優柔不断もここまで来るとギルガメッシュさんも呆れ顔ですね。

北グスタベルグにて 



ちまちまと暗黒騎士のレベリングをしております。
以前は苦行のように感じた低レベルのソロも、いつぞやの楽~丁度のモンスターに対する経験値取得補正と戦績指輪のおかげで、なかなかスムーズに進むようになりましたね。今日は久々に北グスタベルグの山に登り、鞄がいっぱいになって街へ戻る頃にはLV11になっていました。

じっと見つめ隊 ~ ユリカ様編 

忍戦モ赤白詩以外の混入PTお断り、定型文・挨拶のみのTellは放置、編成・レベル明記等々……。高慢なサチコメだと「晒しスレ」に晒されて一躍有名となり、専用スレまで立ってしまったユリカ様です。
どーせPTを組むならば良編成で美味しく稼げるPTを組みたい、とは誰もが思うことなので、まあ気持ちはわからないでもないですが、それをストレートにサチコメに書いてしまうのはスマートなやり方じゃないですね。編成やレベル差が気になるのならばこちらから尋ねても良いわけですし、希望を出したままリセキしているヒトもいるので挨拶のみのTellで様子を見るリーダーさんもいるようですし。さすがに【パーティ】【いりませんか?】みたいなTellはヤバい気配がプンプンするので、わたしもいない振りをしたりするときはありますけど。
FFXIってひとりぼっちだとまともにレベルを上げることさえ出来ないゲームなのだから、ひとりやふたり不遇ジョブが入って稼ぎが落ちたとしても、狩りを楽しめるような心の余裕をもてると良いんじゃないかなあと思います。マズイマズイという愚痴は誤爆に注意しつつLS会話で言うくらいにしてw


Mannequin Village 



激しく今更ですが、マネキン揃えてみました。
普段使わない装備を適当に着せてみたら、なんかエッチくなりました。

アポリオンCN 



アポリオンCNにて、はじめてのProto-Omega(プロト-オメガ)戦。
ナ忍忍モ竜侍赤赤詩詩白白召黒黒黒黒の17人で突入。
モードチェンジ(四足歩行状態と二足歩行状態)で耐性が変化します。四足歩行状態では、物理攻撃がほぼ無効になり、精霊魔法のみがダメージ。二速歩行状態では、物理攻撃のみがダメージとなり、精霊魔法がほぼ無効。四足、二足、四足、二足、最終二足とHP残量でモードが入れ替わり、最後の二足歩行状態では物理無効、精霊有効となるそうです。
わたしが参加した黒魔道士の視点で言えば、スタンをリキャストごとに上手く回すこと、ポッドイジェクションで召喚されるスフィアロイドを精霊魔法で早めに処理すること、終盤は出し惜しみせずに一気に削ること、それから二足歩行状態になっても絶対に「クララが~」とは言わないこと。このあたりに気をつければ、まあ負けない相手だと思います。わたしは精霊魔法をぶっ飛ばしすぎて、死んじゃいましたけど(照)。

そんなこんなで戦闘時間は20分弱でめでたく勝利。ドロップは心臓、尾、前肢でした。心臓って結構レアらしいけどどうなんでしょうねぇ。運が良かったのかな。
ちなみにわたしの希望は後肢だったんですが、ドロップしませんでした(泣)。

20060318b.jpg

20060318c.jpg☆★☆ おまけ ☆★☆
モンモンキャノンのテリエさん。
めっちゃこっち見てます。
ものすごい見てます。
がー見てます。
よそ見していないで、真面目にモンモンキャノンを撃ちましょう。

暗き業宿りし者 

百人斬りが面倒くさくて、恥ずかしながら今までずっと暗黒騎士にジョブチェンジができない状態でした。ナイトも狩人も獣使いも吟遊詩人も竜騎士も忍者も召喚士も侍も、EXジョブは全部取得しているんですが、暗黒騎士だけとにかく面倒くさくて取得していませんでした。FFXIを初めたばかりの頃、わたしはメインジョブに暗黒騎士を選ぶつもりだったのに、世の中って本当にわからないですね。
しかしながら最近、赤魔道士や白魔道士のサポに暗黒騎士は必要だなあと痛感するようになって、ずっとほったらかしにしていた百人斬りを達成しました。そんなわけで、めでたく暗黒騎士にジョブチェンジできるようになったのですが、LV37まで上げないといけないわけで、実はこれからが本番なんですよね。気が重いでう。


詳細:招かざる影たち(大軍団激突編) 



例によって例の如くジュノでボケ~ッとしていたら、「アライアンスでマメットBCしませんか?」とお誘いを受けたので、目の前に骨を投げられた犬のように飛びついてみました。そういう面白い企画って大好きです。
構成は、忍忍忍忍シシシ白白黒黒赤赤召の14名。わたしはシーフで参加したのですが、有名なヒトが多かったので緊張しました(汗)。

14名でBCへ突入した場合、マメットは7体。
BC突入時は中央三番のマメットのみが出現している状態ですが、相手の視覚範囲内に入ると一気に増殖するという具合です。
配置は左図参照。マクドナルドみたいっすね。

作戦は前衛と後衛がコンビを組み、二人で一体を各個撃破するというもの。わたしは黒魔道士さんと組んで、二番のマメットと戦う役目でした。リーダーの忍者さんが中央三番マメットを絡まれ釣りして後方へダッシュ。その間に他前衛は自分のターゲットのマメットを引き抜く。「最初が肝心です。各自ターゲットを確認して、間違えたりしないように」と言われていたのですが、わたしは殴りかかろうとして武器を抜いている間にマメットを後方へ流しました。挑発のないサポ忍シーフは遠隔で釣らないとダメです、ハイ。
1on1の状態に持ち込めればあとはそれほど難しくないです。恐怖の片手剣モードもシーフならヒョイヒョイと避けますので。間違えて魔法連発の杖モードでリキッド固定をしたりとわたしの方は散々でしたが、終わってみれば死者ゼロで無事撃破。クリアタイムは、5分51秒でした。

さてさて、大人数でクリアすればするほど、アサルトブレストやベヒーモスの毛皮をもらえる確率が高くなるという噂のこのBCですが、今回の報酬は……。
マネキンフィートでした。(ノ∀`)


ヒュム♀F2ったって他にいくらでもいるでしょうに 

787:既にその名前は使われています:2006/03/13(月) 13:54:42.06 ID:GNQu/hKp
   ID:YuO94aBJは樽

789:既にその名前は使われています:2006/03/13(月) 13:55:25.41 ID:YuO94aBJ
   >>787
   良く分かったな
   俺はヒュム♀F2だ

795:既にその名前は使われています:2006/03/13(月) 14:20:17.46 ID:L4Zx0e/p
   >>789
   Fashionか
 
ちょwwwおまwwwどうしてそんな結論に?wwwwww

カパヲ様ってどんなヒト? 



こんなヒトでう。

She Was Born On November 7 In Shiva. 

2002年11月7日(Win版FFXIの発売日)、彼女はシヴァ鯖に生まれました。名前はふぁっしょん。由来は以前のエントリにも記したので割愛。暗黒騎士に憧れていた彼女は、はじめの職業に戦士を選びました。



御存知の方は御存知だと思いますが、シヴァ鯖は2002年5月16日(PS2版FFXI発売日)から存在する初期鯖であり、11月の時点ですでに高レベルなプレイヤーのヒトたちがたくさんいました。バストゥークではWin版発売日にやってくる新規プレイヤーを見込んだLS勧誘が盛んに行われ、ゲームをはじめて一時間後には四つくらいのLSを貰ってしまうほどでした。
わからないことはLSで質問すればすぐに誰かがやさしく教えてくれて、バルクルム砂丘では「呪われたサレコウベありますよ~いりませんか~?」というシャウトが数十分ごとに流れ、三国の各テレポ岩付近では新米冒険者をジュノへ安全に送るための警護隊が編成されたりしていました。お金さえ払えば欲しいものは競売で手に入り、レベリングは効率的でシステマティックな戦闘であり、誰もがすでに自分のするべきことがわかっていて何処となく忙しそうな世界でした。

それからしばらくして彼女はWin版の発売日と同時に生まれた新規鯖があるという話を聞きました。シヴァ鯖に不満を感じていたわけではないのですが、生まれたばかりの未成熟な世界で、自分と同じように右も左も不確かな新米プレイヤーと一緒に冒険するというのはとてもとても魅力的に感じられました。しかしながらその頃の彼女はエスカレータ式にサポートジョブも取得し、ジョノデビューを果たし、戦士のLVも20を超えていました。鯖移転サービスもなかったので、新規鯖ではじめるとすればまた振り出しに戻るわけです。
結構長いこと迷いましたが、結局彼女は新規鯖でやり直すことを決めました。シヴァ鯖にいたのは二、三週間くらいの短い間でしたが、フレンドになってくれたヒトたちもいました。でも、自分の思ったことをうまく説明できそうもないし、止められたりすると決意が鈍っちゃいそうだったので、結局何も言わずにシヴァ鯖を去ることにしました。

そのようにして、ふぁっしょんは現在のぱんでもにうむ鯖に流れ着いたというわけなのです(流れ着かないほうが良かったという声も聞こえてきそうですがw)。その頃のぱんでもにうむ鯖は本当に出来たばかりの田舎鯖という感じでした。競売の品目も少なく、LSをつけているヒトも半分くらいで、サポートジョブを取得していない新米冒険者たちが連日連夜グールの取り合いをしていました。
ときどき、彼女は考えます。もし自分があのままシヴァ鯖で冒険を続けていたらどうなっていただろうかと。大きな両手剣を振り回しながら暗黒騎士としてがんばっていたのだろうか。それとも他の職業に魅力を感じて(例えばシーフとか)早々にジョブチェンジをしていたのだろうか。もしかすると、ヴァナ・ディールという世界自体に飽きてしまって、まともな社会人としての生活に戻っていたかもしれませんが、それはちょっと想像つかないあたりが辛いところですねw

ルフェーゼ野にて 

よねちょ君に誘われて、ルフェーゼ野でメリポPTしてきました。構成は、忍シシ(←ふぁっしょん)狩赤白。
混んでいることがあまりない狩場なので、デュナミスが終わったあとなんかに経験値保険を稼ぐためにLSで来たりはしてたのですが、ちゃんとした六人構成でのメリポPTははじめて。
addが激しく、途中事故死なんかもありましたけど、中盤~後半はまあ安定してたかな。
獲物のビックバードは睡眠耐性があり、大羊のラムはいやらしいWS満載と、決して易しい狩場ではありませんが、景色は綺麗だし戦利品もおいしいので、知り合い同士でワイワイやるには良い場所だと思います。ワイワイしすぎると蝉剥がれてるの忘れて思いっきり殴られたりしますけど。

20060312b.jpg

(2006/03/13追記)
POPしたラムに気付いたしぅしぅさんが、「ラムだっちゃ!」と破壊力抜群のギャグを飛ばしたことは内緒にしておいた方が良さそうなので内緒にしておきました。

忘却のラストラムパンプス 



ラストラムパンプスをゲットしました。二ヶ月くらい前ですけど。
ず~っと書こう書こうと思っていて書くのをすっかり忘れてました。
トリガーアイテムを集めるのが面倒臭くて、一度フリーロット狙いの野良シャウトにノッたのですが、これが「主催者優先四戦+フリーロット四戦=計八戦」というなかなか凄まじいもので、午後九時~翌日の午前三時までかかり、持ち前のロット運の悪さで結局ゲットできず、長い長いまわり道の末に「こりゃ真面目にトリガー集めてLSに頼んだ方がいいぞ」という結論に達し、お手伝いしてもらいました。
特に新しく実装されたNMというわけではないので、戦術等は他の攻略サイトを参照してもらうことにして割愛(情報源として一番肝心なところをズバッと割愛するところが、このBLOGの無内容さを物語っていますね)。

と、いうわけでラストラムパンプスってこんな装備です。なかなかオサレでしょ? シアーとグラ一緒ですけどw 性能もさることながら、白魔道士と黒魔道士の足装備がコレひとつで事足りるところが、金庫のキツいふぁっしょんさんとしては何より嬉しかったり。


Like A Rolling Stone 



基本カテゴリ及びシーフ関連のメリットポイントが終わりました。
最も多量の経験値を必要とするステータスですが、シーフ以外のジョブに恩恵が低いDEXに5段階振ってるあたり激しく取り返しがつきませんw ヴァナ・ディールという世界で安定した楽しい生活を望むならば、赤魔道士や黒魔道士といった「優遇ジョブ」を強化する方が賢い選択だと思います。ですが、シーフのようなジョブに思いっきりお金と時間をかける酔狂な選択をする人間がひとりくらいいても良いのではないかなと、自己弁護的に考えております。
と、言うわけで、メリポおぼえ書き。一体どれだけの経験値を稼いだのかという計算は自分の為にもやめておくことにします。

 HP/MP上限アップ 8段階 (HP+80)
 ステータスアップ5段階 (DEX+5)
 武器スキルアップ8段階 (短剣スキル+16)
 回避スキルアップ4段階 (回避スキル+8)
 その他効果アップ8段階 (クリ+4・被クリ+4)
 ジョブ(シーフ) 10段階(TA確率/不意打ち使用間隔)

三月の月間目標を早くも達成しちゃったわけですが、「アトルガンの秘宝」が出るまでは、もう少しメリットポイントを貯めつつ、溢れそうになった分は赤魔道士のカテゴリである「コンバート使用間隔」に振って行こうと考えています。

ふぁっしょんのプルゴノルゴ島探訪記 

プルゴノルゴ島はヴァナ・ディール有数のとてもとてもキレイな観光名所なのですが、いかんせん交通の便が悪いため、「ミッションで無理矢理行かされてから全然行ってないYO!」というヒトも結構多いのではないでしょうか。
まあわたしもそのクチだったわけですけど、先日LSで「臼ホーバー」なんて呼ばれているレヴランドメイルを取りに久しぶりに訪れてみたので、本日のエントリは突然思いつき企画「ふぁっしょんのプルゴノルゴ島探訪記」です。



ビビキー湾夕照桟橋発の早朝便マナクリッパーにのって、ゆら~りゆらりとヴァナ時間で三時間ほど。寝不足気味の目に朝陽がとても眩しいのです。

プルゴノルゴ島に着いたのはヴァナ時間で朝の九時。マナクリッパーは30分ほど停泊したのち、また夕照桟橋へ向けて出航してしまいます。次の便がやって来るのはヴァナ時間で12時間後なので、ホームシックならぬモグハウスシックになっちゃっても、なかなか帰れないのです(デジョンありますけど)。

島の中央部ではオポオポとか黒マンドラとかがテケテケテケという具合に走り回っています。レベリングを目的とした残忍な冒険者たちが来ることもないので、彼らにとってこの島は楽園なのです(暇潰しにスリプガして、サンダガIIIを二、三発ぶちこんじゃいましたけど)。

エメラルドグリーンの海がキレイですね~。プルゴノルゴ島名物「潮干狩り」をしてみましたが、HQ水着を預けっ放しだった上に速攻バケツに穴が開いたので、半ギレ状態で二度とやらないことを誓いました。どうせ作るのならもっと面白いミニゲームを作って欲しいです(怒)。

と、冗談はこのくらいにして、とかく効率重視なヴァナ・ディールを横目に無人島でまったりするのもステキな時間の過ごし方ではないでしょうか。でも、行きたいときに限って船が半日待ちだったりするのがちょっとねぇ。まあ交通の便が良すぎてヒトで溢れ返るよりは、今のままの方が良いのかもしれませんね。


悪魔城四隅における戦利品取得検証 ~ その3 

ズヴァール城外郭の四隅部屋における戦利品取得rep。
LV75赤魔道士/シーフ。時間は140分。フェロー呼び出し有。

闇のクリスタル×22
オークピアッサー×2
ヤグートフリーザ×4
シェルバスター×6
契約書『氷の精霊』×1
アーリマンの涙×4
アーリマンの翼×1
アーリマンのレンズ×1
魔人の角×1
獣神印章×7
獣人印章×2

最近、お金稼ぎをしていないので、所持金が徐々に減っていたりします(泣)。

チェーン最高記録 

ネ実やジョブ戦術板、有名廃人さんのBLOG等では100、200チェーンがデフォのようですが、わたしのチェーン最高記録はいまのところコレです。龍王ランペールの墓で、構成はモモモ赤詩白(←ふぁっしょん)。野良PTだったのですが、赤さんと詩人さんがとても上手な方でした。(*'-')b


山猫からのクエスト 

空いた時間を見繕って「山猫」のクエストを少しずつ進めています。
このクエストは各国のアッチコッチに散らばっている20人のNPCに話しかけるだけのものですが、この手順を、三国+ジュノで繰り返さなければなりません(つまり合計四ヵ国、80人のNPCに話しかける)。次期追加ディスクの舞台となるアトルガン皇国の情報が少しずつ聞けてなかなか興味深いのですが、とにかく面倒臭いので、少しずつやっていくのが一番だと思いますです、ハイ。



最近のバリスタ。すべて無制限。
■ジャグナー森林  91- 7 ○
■ジャグナー森林 106- 77 ○

(2006/03/06追記)
山猫クエのNPCリストを折りたたんでおきます。
続きを読む

カパヲ様言行録第四巻 



そういえば、先日の「世界に在りて君は何を想うのか?」BCの際に、カパヲ様からブラオドルヒを借りて初めて使ってみたのですが、この短剣やっぱり強いですね。 BCをご一緒した某白樽さんが、カパヲのブラオドルヒ=カパヲドルヒと名付けたのですが、なかなかステキなネーミングセンスですw

じっと見つめ隊 ~ アナ様編 

もー(ノ_/) w
という顔文字が「晒しスレ」のスレタイにまでなった、アナ様ことAnastasiaさん。このヒトもとっても有名なヒトですね。
バリスタで仕切るのがウザい、という理由で晒されちゃったのですが、確かにこのヒト良く喋ります。それからわりと見当外れな突撃指示を出してひとりで死んでいたりもします。
しかしながら、バリスタ厨のわたしとしては「こういうヒトも必要なんじゃないかなあ」と思ったりします。わたしなんかは黙々とバリスタしてるんですけど、全員がダマーってるバリスタってやっぱりコワイですし、賑やかな方が楽しいと思うんですよね、勝敗以前に。「それじゃ、お前が喋れ!」と言われそうですが、ムードメーカーはアナ様にお任せして、わたしはやっぱり黙々とバリスタしてようと思いますw


ひなまつり 

ヴァナ・ディールの「ひなまつり」とは静かなお祭りのようですw バストゥークのベリゲン広場にはだ~れもいませんでした。まあ寂しいといえば寂しいんですけど、期間限定のレアアイテムを求めて半狂乱なシャウトを垂れ流すイベントよりはずっと良いと思いますね、ハイ。



SSは変身ヒシモチでタルタルに変身したふぁっしょんさんです。

コルセアナイフ 



ズヴァール城でぶらぶら遊んでいたら、アロケン公爵が放置されてました。
形見のナイフはしばらく寝かせて、新ジョブ「コルセア」実装直前に高値で売り抜けるつもりでいます。ええ、売り抜けますとも。

世界に在りて君は何を想うのか?(vs.ジラートの幻影) 



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。