FC2ブログ

月別アーカイブ

 2006年10月 

アシュタリフ号威力偵察(2) 



フレなヒトたちのログイン状況の関係上、六人中三人のメンバーが入れ替わる形になりました。わたしを含む三人が昨日からの経験者、三人が初挑戦です。青魔道士の某エルヴァーン君が「手伝おうか?」という感じに甘い誘惑を投げかけてくれたりもしたのですが(青魔道士がいるとこのBFはかなり楽になるらしい)、お手伝いを頼むのは最後の手段として、やっぱり未クリアなヒトたちと一緒にやりたいという思いから丁重にお断りして頑張るのです。頑張る場所を間違えてないですかという声にはもう見ざる言わざる聞かざる。

■五戦目:ナ/赤、侍/忍、モ/忍、黒/白、黒/白、赤/暗
→ボスのHPを残三割くらいまで減らしたもののスリプガで阿鼻叫喚。リレイズして立て直したが、最終セットの雑魚と交戦中に時間切れ。

■六戦目:ナ/赤、侍/忍、モ/忍、黒/白、黒/白、赤/暗
→ボスのHPは残一ミリほどで仕留め損ねたものの、雑魚を完全殲滅でクリア。

前日の連敗ではナイトがサポ白にしてディアガをしたり、サポ戦で挑発をしたりと大量出現のモンスターのタゲ集めに非常に苦労したのですが、今回はモンスターを赤ネームにしない絡まれ釣りをお願いしました。タゲ取りのアビを考えないで済むことからサポ赤を選べるようになって被ダメ軽減、ケアル補助を受けてもがっちりタゲを維持、黒のガ系精霊魔法の詠唱時間をしっかり確保、とコレに関しては良いこと尽くめでしたネ。

新手POPに巻き込まれると 壊滅のトリガーになるのはイヤと言うほどわかっていたので、二階船尾で戦うことを徹底。釣り役以外は階段降りちゃダメ近づくのもダメ絶対ダメもうとにかくダメったらダメと目クジラを立てつつ、五戦目はインプへのサイレスを焦ったわたしが階段に近づきすぎてパリジェンヌホレジェンヌシボンヌという有様。どう見ても足手纏いでした本当にしゅみましぇん。

そんなこんなで恥ずかしながら六戦目でようやくクリアできたこの「アシュタリフ号威力偵察」ですが、二階船尾で戦うことを徹底するだけでもSS級だった難易度がずいぶんやわらぐと思います。クリアこそしたものの、ボスのゲッコーさんを討ち漏らしてしまったことが心残りだったりするので、そのうちまたリベンジたいなあと思っています。もちろん連続クエストの次章「宮廷絵師護衛指令」も頑張りますヨ! 頑張る場所を間違えてないですかとか言われてもガンダムがザクマシンガンを跳ね返すくらい利きません利きませんよ!!

(2006/10/27追記)
eLeMen-FFXIより「アシュタリフ号威力偵察」の攻略を抜粋。
続きを読む
スポンサーサイト