FC2ブログ

月別アーカイブ

 2006年12月 

その後のアシュタリフ号 

レベリングやメリポはヘヴィだしアサルトだとちょっとライト過ぎるし、みたいなときには「アシュタリフ号」へ行くことにしています。あらかじめクエさえ受けておけば出発から終了まで一時間くらいで終わる気軽さが良いですね。



■アシュタリフ号威力偵察
あれだけ散々負けたにもかかわらず、お手伝いでぼちぼちやっています。難易度も死亡確率も高いBC戦なのでお手伝いさんに敬遠されがち、なんていう話も聞きますけど、慣れれば安定して勝てるのでわたしはそれほど嫌いじゃないです。いまだと敵の出現数の詳細な情報も出ているので楽ですしね。御方包丁が欲しいのでボスのゲッコーさんもきっちり倒すようにしてるんですが、「鑑定の結果ハッシュダガーでした」とか出るとさすがに殺意が沸きます。

■宮廷絵師護衛指令
忍モ召白赤赤(←ふぁっしょん)でお手伝い。初挑戦時はボス急襲部隊を担当したのですが、今回は宮廷絵師ファルーヤさんの護衛部隊に回りました。白赤コンビで護衛したんですけど普通にキツかったですw わたしが死にそうになってぶっでぃ君が女神の祝福。今度はタゲとったぶっでぃ君が死にそうになったのでわたしが連続魔ケアルなんていう二時間アビのオンパレード。一方、ボス急襲部隊の方は余裕のヨッちゃんだったっぽいです。無事クリア。火力十分な構成だったのでボス三人+護衛三人に分けた方が楽だったのかな。ファルーヤさんノーダメが条件の宝箱三つの完全勝利はどういう作戦にすればいいのかまったくわかりません。

■アシュタリフ号船長暗殺指令
だいたいシーフで参加しています。初挑戦では失敗してしまった船長への不意打ち も(背後から攻撃を当てれば不意打ちじゃなくても良いらしいです)、確実に決めることができるようになって宝箱三つ安定。にしても未だに船長の早足or鈍足の条件がわからないんですけど、これって何なんでしょうね。早足モードだと、船長と猿のバブリー君を抱える羽目になってわりとテンヤワンヤになります。バルバロッサゼレハはウワサ通りのドロップ率という感じですかね。初戦に一個のポロリ以降はまったく見てません。まあわたしはホマム脚を持っているので、どっちかと言うとバルバロッサムフルの方が欲しかったんですが、無事ゲットすることができてバルバロッサムフフです。ついでにケル皮でも出てくれればバルバロッサウヒヒと含み笑いがとまらないわけですが、こっちは未だにドロップ無し。

・バルバロッサゼレハ …… 1/4(←初戦に一度出たきり)
・バルバロッサムフル …… 2/4(←船長襲撃失敗1回、???ボックス1回)

2006/10/24に「クエストのオファー条件の変更」修正が入った際はネ実やあちこちのFFXIブログで「■e 氏ね!」という具合にお祭り騒ぎになってましたけど、冷静に考えると戦利品の関係からもクエストオファーに一日一回の縛りはやっぱり必要だったと思います。それにしても縛りがないとどのような結果になるかなんて普通に考えればわかることだと思うんですけど、やっぱり実装前にテストとかしてないんでしょうかねえ。ここ最近実装されたコンテンツってどう考えても練りこみ不足の未完成なモノが多い気がするので、もうちょっとマトモな状態でユーザのもとへ届けるようにしてほしいと思います。βテストじゃないんだから。
スポンサーサイト