FC2ブログ

デュナミス-ブブリムの踏破者 

我がウラソラLSの2006年度最後の活動はデュナミス-ブブリムでした。「何でまたしんうらwなんかに……」という声が聞こえてきそうですけど、べつに「完膚なきまで打ちのめされたいから^^」というマゾっぽい理由からではありません。ないと思います。ないはずです。しかしながらココで問題発生。驚いたことに我々の他にも特異なマゾ集団が存在したらしく、デュナミス-ブブリム占有中。よりによってしんうらwで他団体と被ることになるとは思いませんでしたが、まあしんうらwは最大延長でも二時間だったりするので、侵攻ルートの確認をしつつ外で待つことにします。前回は広くて暗いマップで迷ってしまってみんなバラバラ、絡まれて半壊なんていう事故があったので、実際に表ブブリムを歩きつつしっかりと侵攻ルートの確認。確認するつもりでしたが、わたしが真っ先に迷っていたのは秘密です。表でこれなんだから裏だとどうなのよってのも禁句です。

そんなこんなでいよいよ突入。デュナミス-ブブリムも三回目なので、しんうらw恒例のサポジョブ開放はあっけなく糸冬。無の歌なドラゴン→ボディプレスなドラゴン→ヘビーストンプなドラゴンの順に撃破。各獣人NMはシーフが囮になって引き抜き作戦。黒魔道士オーク、白魔道士クゥダフ、召喚士ヤグードを撃破。間違えて竜騎士オークを倒しちゃったり、始末しておきたかった忍者ヤグードは引き抜きに失敗して諦めたりとか、プチトラブルはあったものの、まずまず順調。制限時間残り20分の段階でボスのドラゴンにとりかかります。こちらの戦力は22名とやや火力不足な感もありましたが、危険な場面はインビンやクマスタン等で乗り切ってボスドラゴンも華麗に撃破。大事なもの「デュナミス-ブブリムの黒水晶」をゲットして、デュナミス-ブブリム踏破でぃーす。前回キックアウトのオトシマエをつけてやることができました。



しんうらwってとにもかくにもボスを倒さないと一時間でキックアウトされちゃう仕様なので、最初の一時間はとにかく忙しいですね。本隊がアレやってるあいだに別働隊がコレやって、さらに別働隊でも囮役と引き抜き役に分かれてアレとコレをしてというふうに、終始指示を飛ばしたり飛ばされたりという感じでした。ボスを倒すと制限時間一時間延長となってナイトメア動物園。カニ→トリ→キリンの順に殲滅していったんですけど、集団でカニを殴る光景はのどかな砂丘時代そのままだし、危険な二時間アビもこないみたいだし、ボス前とはガラリと変わってまったりモードだったりするので眠くなってきちゃいます(実際時間も結構遅かった)。まあ当然スムーズに終わるはずも無く、アクビ半分にやってたらキリンが大量にリンクして大騒ぎというオチはしっかりありましたけど。

キリンを半分くらい殲滅したあたりで占有時間終了。アクセサリもレリックも高額紙幣もゼロだったのはアフンな感じですが、まあ無事に踏破できただけでも良しとしましょう。てなわけで次のしんうらw侵攻目標はバルクルムかクフィムになるんですけど、どちらも一筋縄ではいかない難易度みたいなのでまだまだ油断はできないようです、ハイ。
スポンサーサイト