FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年01月 

悪意のタウロス 

タブナジアのクエスト「失われた料理」はソロで気軽に出来て報酬にはミラテテ様言行録がゲットできちゃう美味しいクエストだったりします。しかもコンクエ跨ぎで再オファーが可能なので、毎週礼拝堂へ通っているなんていうヒトも多いのではないでしょうか。かくいうわたしもそのひとりで毎週ミラテテ様をもらってはセコセコとナイトのレベラゲにいそしんでいたりします。

しかしながら何時だったかのVer.UPで (ハッキリしないと気持ち悪いのでググってみたところ2005/12/13のVer.UPでした) 礼拝堂奥の四つ角にとてとてな強さのタウロスが一匹ずつ配置されてやや危険度がUPしました。Ver.UP直後は「料理書のソロ潰しか?」なんて感じにちょっとした騒ぎになりましたが、実際はタウロスが後ろを向いているあいだにササッと進めば通り抜けができることから、手間はかかるにしろ今まで通りソロ可能な仕様だということで、何となくそのままタウロスがいるのが当前になっちゃった感じがあります。

でも、これってよくよく考えてみるとVer.UPと呼ぶのもおこがましいすごく不毛な修正だった気がします。なるべくソロではミラテテ様を取ってほしくない、またはソロで取るのにも若干のリスクを負うようにしたい、という思惑があったんだろうと思いますけど、その対処としてとてとてのタウロスをボンッと配置するだけってのはあまりにもお粗末な気がします。結果としてタウロスが危険だからPTを組んで礼拝堂へ行くようになったかと問われると、全然そんなことはなくて結局ほとんどのヒトがソロで行ってタウロスの向きが変わるのを(背中を向けるのを)、ただただボケーッと待ってる始末。ひどいときにはタウロス前に四、五人のヒトが方向転換を待っているなんてこともあります。これって相当異様な光景ですよ。

ソロではなくPT必須のクエストへ持っていきたいのならば、PTを組んでクエストをクリアしたら何らかのメリットがあるような仕様を考えたりとか、もう少しやり方があるだろうと思うんですけど、どうなんですかね。もっと言えばただでさえ何をするにも時間がかかるゲームなんだから、ひとつやふたつくらい甘すぎる難易度のクエストを残しといてもバチは当たらないと思うんですけど、何でまた無駄な時間がかかるような仕様にしますかって話です。

そして、どうしてふぁっしょんさんは今更メクジラを立ててこんなことを書いてるのかっていうと、今日考え事をしながらボケーッと料理書取りをしてたらタウロスに突っ込んだからですなんて言えにゃいよ絶対~♪


スポンサーサイト