FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年02月 

神殺しの免罪符(1) 



ウレシハズカシ麒麟戦です。わりと最近にも「新春麒麟祭」がドーノーコーノ的なエントリを書いたので「麒麟の話多杉じゃね?」と言われそうですが、トリガーが余っているんだから仕方ないんです。モグ金庫も激しく圧迫しますし。まあ余談はさておき麒麟戦です。

ところで麒麟をPOPさせるための「???」ポイントがある広場、俗に言われる「麒麟広場」なんですけど、あそこのワープ、いい加減何とかしてくれませんかね。ご存知ない方に説明しますと麒麟広場まではワープ装置を使って移動するわけなんですが、このワープ装置が出来損ないなのか仕様なのか、50%の割合でハズレエリアへと飛ばされるんです。運がよければ一発で麒麟広場まで辿り着けるのですが、運が悪いと延々ワープを繰り返す羽目に。なーんもないガランドウの部屋に辿り着けばアタリ、壷がたくさん浮いている部屋に飛ばされちゃうとハズレっていうわけなんです。なんでわざわざこんなところで面白くもない「プチ○×クイズ (しかも正解はランダム)」 がありますかって話です。まあ余談はさておき麒麟戦です。

ところで「麒麟ってどんな生物なんだろう?」と思ったので、ちょっと調べてみることにします。以下 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。ゆとり世代ならぬネット世代ですんません。コピペ便利杉修正されるねです。

形は鹿に似て大きく背丈は五メートルあり、牛の尾と馬の蹄をもち、雄は頭に角をもつとも言われる。背毛は五色に彩られて毛色は黄色い。頭には肉に包まれた角があり、本来は一本角であることから(ただし二本角で描かれる例もある)西洋のユニコーンと比較されることもある。性質はとても穏やかで優しく、足元の虫や植物を踏むことさえ恐れるほど殺生を嫌う。

麒麟って優しい性格だったんですね。素敵なアイテム落とすからという理由だけで優しい麒麟さんによってたかって殴りかかるヴァナ・ディールは本当にひどい世界です。しかしながら、ヴァナの麒麟は「足元の虫や植物を踏むことさえ恐れるほど殺生を嫌う」わけでもないようで、わりと真剣に我々人間を殺すつもりでストンガとかバンバン撃ってきます。結局ところどっちもどっちなのかもしれません。まあ余談はさておき麒麟戦です。

ところで話が長くなったので、グダグダのまま次回へ続きます。
スポンサーサイト