FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年03月 

Livin'On The Edge 



2007/03/08のVer.UPにおいてヴァナ・ディールに最も大きな変化をもたらしたのはミッションでもアサルトでもなく、一部のレアアイテムの入手方法変更だった気がします。未だ入手経路が判明してないレアアイテムも幾つかあるようですが、基本的には条件が緩和されて入手しやすくなった感じでしょうか。その中でもシーフなわたしとって一番影響があったのは「盗賊のナイフ」です。聞くところによりますとウガレピ寺院や怨念洞、ソ・ジャに生息するシーフタイプのトンベリが「怪し火のランタン」というトリガーアイテムをドロップするようになり、そのトリガーをトレードすることによってNMが出現。「超が付くほど低確率だった以前のドロップは何だったの?」ってくらいにあっけなく盗賊のナイフドロップするようになったらしく競売への出品が溢れ、その値段は右肩下がりどころかキリモミ墜落といった感じに暴落しているのは皆様ご存知の通りだと思います。

わたしは今回のVer.UP以前に盗賊のナイフを取得していた「涙目wwwww」側の人間だったりします。と言ってもわたしの場合は二年か三年くらい前にわりとすんなりドロップしてくれたので (それでもウガレピ寺院に張り込んで20匹くらいNMをシバキました)、 つい最近ゲットしたわけでもなければ大枚を叩いて購入したわけでもなく、泣くほどガッカリとまではいかない感じです。FFXIは既存レアアイテムを過剰保護する傾向にあるなんて言われていますけど、それでも実際はじわじわと入手難度の緩和はされており、わたしの場合だとクジャクやスコハネといった前例 を(どちらも印章BCの戦利品に追加されて暴落)見てきたこともあるせいかもしれません。五年も続けてればいろんなことがあります。もちろんいままで盗賊のナイフを持ってなかったシーフなヒトたちへ素直に「おめでとう」と言うだけの心の余裕だって持ち合わせていますよ。おめでとう。しかし良く聞け。トリガー産のナイフは盗賊のナイフじゃない。養殖のナイフだ。ウワァァァァァン!

と冗談(←?)はこのくらいにして、盗賊のナイフの「トレジャーハンター+1」って検証が難しいようで未だ効果がハッキリしてなかったりするんですが、長年使っているわたしから言わせてもらいますと、「ドロップ確率の低いアイテムがボロボロ落ちてきて金運は急上昇。仕事も上手くいくようになりステキな恋人もできて何もかも盗賊のナイフのおかげです^^v」てな感じにものすごい効果は残念ながらありません。あくまで「リアルラック>越えられない壁>トレジャーハンター」という図式だったりします。でもドロップの渋い北方デュナミスへ侵攻する際や、滅多にお目にかかれないNMと戦うとき等、ワラにもすがる思いなココ一番にこれほど安心できるお守りが他にないこともまた事実です。そう考えると、シーフたちが当前のように盗賊のナイフを持つようになってドロップに希望が生まれた今回のVer.UPはヴァナ・ディール全体にとっては良い修正だったのかもしれませんね。

現在わたしはマンダウを鍛えているわけですが、お世辞にも資金が潤沢と言えない状況だったりします。完成直前の最後の一押しにどうしてもお金が足りなくなった場合は盗賊のナイフを売りに出すことも考えていましたが、レアリティの失われた盗賊のナイフはいまでは二束三文で叩き売られ、この先も価値が上がることはないでしょう。結局わたしはヴァナ・ディールを去るその瞬間まで盗賊のナイフを持ち続けることになりそうです。まあ何と言うか、数奇な運命を辿った盗賊のナイフと一蓮托生っていうのも、それはそれで悪くないような気がするのです。
スポンサーサイト