FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年05月 

アルザビ・ディナーショー 



最近ヴァナ・ディールで「ブログ読んでます。がんばってください^^」的なお言葉を頂くことが多いです。もちろんそういうのは嬉しいし、ありがたいことなわけですけど、それが時期的に「晒しスレ」に晒された直後だったりすると「キミ、実は晒しスレ辿ってこのブログ見たのとちゃうん? そんなふうに虫も殺さないような顔してメチャメチャ晒しスレ読んでるのとちゃぁうん!?」という感じに急に関西弁になって疑ってしまうふぁっしょんさんは心の汚れた大人です。でも、こんなことを書くともう二度と応援Tellとかもらえなくなっちゃいそうなので、いまのは無しでお願いします。聞かなかったことにしてください!

でもって、そういう感じの応援を頂いたとき、わたしの返事はだいたいの場合ごく普通に「ありがとうございます」とか「これからもよろしくお願いします」という言葉だったりするんですね。すると相手のヒトは「もっとはじけたヒトかと思っていたらわりと普通のヒトですね」とガッカリするみたいなんです。まあ何と言うか自分でももっと気の利いた面白い返答ができれば良いなとは思うんですけど、こう見えてもわたしは結構人見知りな性格なのでなかなか難しいんです。

そもそもブログで他人を笑わせるようなエントリを書くのと、ヴァナで面白い掛け合いチャットをするのって、必要とされる能力が違うと思うんです。リアクションの才能っていうのかな、そういうのがないとチャットで相手を笑わせるのは難しい気がします。で、わたしはと言いますとリアクションに関しては自信をもって断言できるくらいに才能がありません。普段のLS会話でもオチがなくてグダグダになりがちですし。「じゃあ他にどんな才能があるの?」と訊かれると結局どんな才能もなくてやっぱしグダグダのままなんですけど><

あ、それからですね。あんまし売れてない芸人が場末のディナーショーに呼ばれるみたいな感じでBCとかアサルトとかに呼ばれることがたまーにあるんです。いつもブログ楽しく読ませてもらってるんですけど、良かったらBCご一緒してくれませんかっていうふうに誘われたりして。たとえそれが社交辞令であっても体の良い人数合わせであっても基本的にヒマなふぁっしょんさんはそういう機会があれば喜んでご一緒させて頂くんですけど、そうすると当然「仲良し五人組+ふぁっしょん」という感じの人物相関図なるんですね。で、たいして面白いことも言えないわたしはやっぱり借りてきたミスラ(ネコ)みたいに静かになって「もっとはじけたヒトかと思ったらゼータダブルゼータ」って言われる羽目に陥るんです。

そんなこんなで結局このエントリもオチをつけることができず、サポ割れしているシ/詩 に着替えてアルザビで歌っているSSを撮ったりとかしてると、通行人のヒトたちに「あのヒトは何してるんだろ^^;」みたいな感じに見つめられて恥ずかしい思いをするわけです。
スポンサーサイト