FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年05月 

高雅なる大騎士(2) 



前回からの続きなわけですが、まあぶっちゃけどのジョブのAFクエも二番目まではソロで余裕だと思います。昔と違ってLVキャップ開放だのメリポ導入だので冒険者も強くなりましたしね。つまり今までのは前戯……ミス。前振りであって、本当の戦いはこれからだったりします。本当の戦いはこれからとか言うと、ふぁっしょん先生の次回作にご期待くださいの少年マンガ連載打ち切りのようにも聞こえたりもしますけど、残念ながらこのブログに打ち切りはにぃのでいよいよナイトAFクエ完結編「誓いの剣」に挑みますですよ!

■ガラントサーコート(誓いの剣)
→ズヴァール城外郭の宝箱。ズヴァはわたしの金策場所だったりするので、ココの宝のカギは常時所持状態です(照)。で、この箱開けは「だいじなもの」を取得する魔手クエと同じパターンであることからナイト以外のジョブでオーケーだったりします。シーフでさっくり箱を開けて、帰りに「闇の炎」も撃破。という感じに効率良く回ることができました。後半のダボイについては以下。

残るは「誓いの剣」のオークNM(One-eyed Gwajboj & Three-eyed Prozpuz) 討伐なわけですけど、いかにPCが強くなったとはいえども三つ目のAFクエストはだいたいにおいてそれなりに歯応えがあります。カカッと調べてみたところ、この「誓いの剣」のオークNMは、スリプル耐性、サイレス耐性、一撃が結構痛い、しかもそれを二匹同時に相手にする等々、なかなかの強敵っぽいです。だがしかし。だがしかしなのです。何事にも抜け道はあるものでして二匹のオークNMのうちクエストクリアに必要なアイテム「井戸のオモリ」をドロップするのはOne-eyed Gwajboj(ナイト)の方で、コイツさえ倒せばどうにかなりそうな雰囲気であります。

というわけで、ダボイは(G-9)にあるVillage Wellをタゲって二匹のオークNMをPOPさせたのち、北側の崖を飛び降りて川に着地。ダダーッと走ります。中央島周囲を約半周したあたりで嗅覚追尾なオークを振り切ることが出来るので、タゲを失ってボケーッと呆けているところを改めてOne-eyed Gwajboj(ナイト)のみを釣って安全な場所でタイマンバトル。このOne-eyed Gwajbojさん、ナイトだけあって防御力が高かったりするんですけど、逆に言えばそれだけな相手です。今回わたしはシーフで行ってフェローたんまで呼んだわけですけど、ほとんどダメージを受けずに回復は一切貰わなかったのでソロがイケてるジョブであればわりとすんなり撃破できると思います。

あ、それからですね。「これはぼくが見つけたすーぱーてくにっくwだぞ」みたいな感じに書いていますけど、これって全部ネットから得た情報です。他人の敷いたレールを歩き続けるマニュアル人間のふぁっしょんさんにはこんな戦術は到底思いつきません。しかしながら、いつもはグダグダなこのブログだってたまにはスゴいネタをすっぱ抜くんだぜって感じに見栄を張っちゃおうかなとかいう下心もあったりしたんですけど、やっぱすぐにバレそうなので白状しておくことにします。

その後はまたアッチへコッチへとサンドリア近辺をタライマワシにされてイラっとさせられたものの、ねんがんのガラントサーコートをてにいれたぞ。かっちょいい称号「高雅なる大騎士」とともにナイトのアーティファクトもコンプリート。最近では忍者ならちさんも合流して三人パーチーでレベリングをすることが多いんですけど、狩り場もアトルガンエリアが選択肢に入ってきてサンクション・ボーナスで取得経験値マイウー、不足しがちだった皇国軍戦績も補充できてこれまたマイウーと良いコト尽くめ。さらにはアニバーサリリングを二回も使っちゃう必死っぷりでナイトもLV60に。フルアーティファクトでようやく一人前な感じです。必要経験値から計算するとLV75までの折り返しってLV63くらいだとか以前何処かで聞いた記憶があるのでまだまだこれからと言えばこれからなんですけど、とりあえずは一段落ってところかな。さしあたり次の目標をLV62のランパートあたりに定めて騎士道を進んでいこうかと思っちょります。


スポンサーサイト