FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年05月 

おぼえ書き(2007年05月) 



わたしとほぼ同時期にレリックを鍛えはじめたマレイ君がアナイアレイター(銃)を完成させました。先日、お披露目を兼ねて「ナイズル島踏査指令」で一緒に遊んだんですけど、嬉しそうにレリック専用WSのカラナックを撃ちまくる姿にそれはもう嫉妬シット嫉妬。羨ましい妬ましい憎らしい。デフレの加速とエクレアアイテムの氾濫で合成は死んだなんて言われている昨今ですが、何だかんだ言っても手に職のあるヒトは強いなあなんて思ったりしますね(マレイ君は革職人)。こんなことならわたしもコツコツ合成をやっとけば良かったと今更ながらに後悔したりもするわけですが、当然アフターカーニバルですし、今からでも合成はじめればいいじゃんと言われてもあまりにもダルすぎます。そんなわけでマレイ君、アナイアレイターの完成おめでとうございます。悔しい。でも羨ましい。ビクビクッ。

というわけでマンダウへの道。ギルを稼ぐ→旧貨幣を買う→お財布スッカラカンというコンボの繰り返しで、泥沼に足を取られたような状態でありながらもどうにかこうにか前進しているという感じです。ご存知ない方に説明しますとレリック武器には「戻し分」というモノがありまして、例えばわたしの目指しているマンダウであれば、第三段階バターディアから最終段階マンダウまで鍛える際に必要とされる手数料一万バインのうち、三千バインは一時預かり金、つまりレリックの完成時に返却されるモノなんです。家を借りる際の「敷金」てなところでしょうか。なので三千バインを借りるアテさえあれば、実質七千バインで必要手数料が揃うわけなんですね。幸運なことにわたしは三千バインを借りるアテがあるので上図ではカッコ内の表記が完成までに必要な「実際の手数料」ということになります。

そんなわけで残りのバインは四千と七枚。これって現在わたしの所持しているあのアイテムを売ったりこのアイテムを売ったりすれば届く額で「あと一押し」と言うところまで差し掛かっている雰囲気ではあるんです。しかしながら、あのアイテムもこのアイテムもそれなりに苦労してゲットした思い入れのあるアイテムなわけでして、なるべくなら手放したくないという気持ちも強いんです。売ると次いつ手に入るかわからないってのもありますし。天使のようなフレのヒトは「もし必要ならお金貸そうか?」なんてことを言ってくれたりもするんですけど、現在でも五百万ギルも借金があるのに、さらにお金を借りたりするとマジで首が回らなくなりそうなので、こちらも丁寧にお断りしている状態だったりします。まあ慌てて手数料を揃えても「証」と「欠片」がない状態では結局マンダウは完成しないので、焦っても仕方ないってのもあるんですよね。逆に「証」と「欠片」がゲットできたりすると魂を売り払ってでも完成させちゃいそうな勢いですけど。

あーあ。空からドバーッとお金が降ってこないかなあ(リヤル、ヴァナ問わず)。
スポンサーサイト