FC2ブログ

闇のお仕事なんでも引き受けます 

昨日今日と我がぱんでもにうむ鯖の「鯖スレ」では獣神印章99BCの代理戦闘を売り出しているヒトの話題でモチキリのようです。わたしは実際自分の目でそのヒトのサチコメを確認したわけではないので信憑性に関してはアレなんですが、どうやらこんな感じの条件みたいです。戦利金五割を報酬条件に獣神印章99BCの代理戦闘を承ります(黒帯アイテムがドロップした場合は印章提供者にロット権利有り)。

戦利金というのがいまいち良くわからないんですけど、おそらく戦利品を売却したお金ってことでしょうね。例によって例の如く鯖スレではこの獣神印章99BCの代理戦闘について「コレってわりと好条件かも」の賛成派や、「報酬五割はボッタクリ杉だろう」の否定派、「獣神印章30BCを三回まわした方が利益率良くね?」の効率派、果ては「報酬五割じゃなくてコレコレこんな条件なら……」の願望派といったヒトたちのあいだでアーデモネーコーデモネーと意見が交わされて、最近にしては珍しくひとつの話題でスレが伸びていたりするのです。で、毎度毎度余計なことに首を突っ込むヤジウマなふぁっしょんさんの今回の立ち位置はと言いますと、消極的賛成派。つまり「依頼をする気はないものの、条件に関してはそれほど悪くないんじゃないかな」というあたりだったりします。あ、それとですね、わたしはこの代理戦闘サチコメのヒトとは面識がないので「本人降臨乙」でも「従者必死杉」でもありませんです、一応。

こういう話の行き着くところって「報酬の価格設定が高いか安いか」という個人的価値観に依存する場所なので、みんなが納得するような結論は出なかったりするんですけど、過去に何度か獣神印章99BCを主催した経験がある身から言わせてもらいますと、最も面倒な仕事である事前セッティング(ヒト集めや日時指定)を一切引き受けてもらって報酬五割ならまあ妥当なところかな、という感じなんですね。ただ鯖スレの方でも出ていた疑問なんですが、報酬五割というのはどうやって計算するのかな。実際に戦利品を売却した金額から計算するのか、それとも競売やバザー等の相場から計算するのか。実際の売却額から計算の場合だと報酬を支払うまで一定期間が必要となるわけでして、トラブルの原因になりやすい感じはあります。もう一方の競売やバザーの相場から金額を計算する場合だと、例えば「真龍BC」の代理戦闘を依頼したとすると当然スピベルが落ちる可能性もあるわけですよね。しかしながら、現在のスピベルって取り引き自体がほとんど行われておらず、相場なんて有って無いようなモノ。そのへんの扱いがどうなるのかというのが激しく気になるところなわけですけど、まあヒトサマの商売に首を突っ込み過ぎるのもアレなのでこのへんにしておこうと思いますw

以前、海蛇の岩窟にいたソロの忍者さんが「ン万ギルでジュワタコ討伐のお手伝い致します」というサチコメを出していたのを見て「なんか賞金稼ぎっぽくてカッコイイぜ!」と地味に感動したんですけど、こういう遊び方はヴァナ・ディールでは褒められないどころか、下手をすると叩かれる危険があったりします。モノゴトをお金で解決するのはヨロシクナイという意見が大勢である上、FFXIの場合はコレをリヤル飯の種にしているギルセラーの存在が悪いイメージを植えつけているというのも理由にありそうです。だがしかし。だがしかしですよ、もしFFXIが対人戦(PK)可能とかのワイルドな仕様だったら、

 Fashion (Lv75 THF/NIN)
 不意打ち、だまし討ち、ぬすむ、
 かすめとる、ピッキング等々。
 闇のお仕事なんでも引き受けます。

というような殺し屋稼業ができちゃったりなんかしちゃったりしてスゲー面白そうかも、てな具合に妄想が止まらなかったりするんですけど、よくよく考えてみるとヴァナがそんな殺伐とした世界だったら「ふぁっしょんってヤツが目ざわりだから消してくれ。金ならいくらでも出す」と凄腕の殺し屋を雇うヒトたちが続出。自分が狙われる立場に追い込まれてふぁっしょん涙目。になる可能性の方がずっと高いので、やっぱり平和でヌルいヴァナ・ディールが一番のようです。
スポンサーサイト