FC2ブログ

じっと見つめ隊 ~ クサナさん編 

先日、悲願のイージスを完成させた大騎士クサナさんです。わたしとクサナさんはもう三年以上の付き合いになるんですが、このヒトが腹を立てているところや愚痴を言っている姿を未だに見たことがありません。とてもとても物静かで温厚なヒトだと思います(わたしとはまるっきり正反対ですね、考えてみると)。

エクスカリバーにイージス、おまけにシャドウマント。もう俳人も俳人、それこそ松尾芭蕉並の超ド級俳人であることには間違いないわけですけど、ヴァナでスゴいアイテムを持ってるヒトってのは良くも悪くも「アグレッシブさ」があったりするじゃないですか、自分の目標のため他人を引っ張ってゆくみたいな感じの。しかしながら、このクサナさんってそういうのが一切無いんですね。何だかいつのまにかみんなが「よし。ココはひとつクサナさんのために頑張るか」という雰囲気になるんです。こう書くと「クレクレ無しでこんなにアイテムが揃うはずねーよ」と思うヒトもいるかもしれませんが、真実と書いてマジなんです。コレが。

でもですね、よくよく考えてみると「このヒトのために」みたいな雰囲気になるにはやっぱしそれ相応の理由がちゃんとあるわけでして、クサナさんって常日頃から困っているヒトがいれば率先してお手伝いをしてあげていたりするんですね。要塞の門開け等のちょっとしたお手伝いはもちろんのこと、薬品類でお金がかかるようなミッションでもイヤな顔ひとつせず自腹でアレコレ準備して、それはもう全力でお手伝いしてくれるんです。実際わたしがプロマシア-ミッションをコンプリートできたのはクサナさんの手助けがあったからと言っても過言ではないのです。

たかがゲームされどゲームなFFXIで「人徳」なんて言葉を使うと笑われちゃいそうですけど、このヒトの場合はやっぱり人徳の成せるワザなんだろうなあと思ったりします。というわけでクサナさん、おめでとうございます!



(2007/07/11追記)
クサナさん関係の過去エントリはコチラ。
聖剣の欠片 (vs.Animated Longsword)
聖剣誕生前夜(vs.Animated Longsword)
ナイツ・オブ・ラウンド
スポンサーサイト