FC2ブログ

第01回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

去る2008/01/12(土)に東京都は国分寺にて「第01回ぱんでもにうむ麻雀バトル」が行われました。こう書くと「なんで突然思いついたように麻雀なのはどういう深い謎なの?」と仰る方もいらっしゃると思いますが、だって突然思いついたんだから仕方ないんです。この日会場(雀荘)に集まったのは、コマちゃん、スパ、ふぁふぁさん、ふぁっしょんの四人の雀鬼。「積み込みこそ芸術」とはかの房州さんの言葉ですが、今回は全自動雀卓なのでイカサマはなし(なかったはず。たぶん)。というわけで「喰うか喰われるか負ければ地獄」の麻雀バトルの結果は以下。



序盤に連続ハコテンを喰らってパンチドランカー状態だったコマちゃんが、それで悪い運をすべて祓い落としたかのように猛反撃。ななななんと七半荘目には「十三不塔(シーサンプトウ)」を炸裂させるサプライズまで飛び出します。この「十三不塔」はローカル役とされていてあまり一般的ではなかったりするんですが、我々のあいだでは役満扱いなんです。てゆーか「十三不塔」をアガったのは確かにスゴいんですけど、配牌を一目見て「アレ、これもしかして十三不塔じゃね?」と考えるシブとさがコマちゃんの恐ろしいところです。フツーだったら「十三不塔」なんて役はすっかり忘れて「この糞みたいな配牌は何なの?」とか文句を言いつつ、泣く泣く手を作り始めると思うんですけど。

そんなこんなで終わってみればコマちゃんの一人勝ち。と言っても七半荘終了時点まではトントン、最後の半荘で勝負が決まったという感じなのでなかなか熱い戦いで良かったんじゃないかなと思います。ふぁふぁさん&ふぁっしょんは二位や三位の中途半端な順位を行ったり来たりで決定打に欠け、スパはツキがないのかウデがないのか苦しい流れをどうにかこうにか凌いでいたものの最後の最後で我慢できずにイッちゃったようです。

コマ、スパ、ふぁっしょんの三人はずいぶん長いこと一緒に麻雀を打っているので相手の手の内は互いに理解しているようなところがあったりするんですけど、ふぁふぁさんは今回はじめての対戦だったんですね。ヴァナではボケ役なふぁふぁさんだからどーせ麻雀でもボケボケなんだろうとタカをくくっていたら、なかなかどうして老獪な打ち回しで手強い相手でした。やはり年齢の功というやつk……なにをするやめろーきさまらー。とにもかくにも参加者のみなさまお疲れ様でした。次回の「第02回ぱんでもにうむ麻雀バトル」でまたお会いましょう。サヨナラサヨナラサヨナラ。
スポンサーサイト