FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年02月 

最後の楽園(2) 



あ、ちなみにですね、「これはぼくが発見したまるひじょうほうwだぞ」みたいに書いてますけど、このタンジャナ島の「ミカン狩り」は例によって例の如くネットからパクってきた情報です。苦労に苦労を重ねた末の大発見ってことにしようかとも考えたんですが、バレたときに叩かれるのが怖いので白状します。それにしてもこういうウラワザを考え出すヒトって本当にスゴいですよね。「そんなにまでしてパーチィを組みたくなかったのかな。もしかして究極のヒッキーなのかも^^;」とか邪推しちゃいます。お前と一緒にするなって言われそうですが。

で、この「最後の楽園」で鼻をホジホジしながら簡単にレベラッポできたのかって問われると実はそうでもなくて、ご存知の方はご存知の通りタンジャナ島のマムはメリポパーチィなヒトにも大人気のモンスターなんですね。ですからコアタイムにはまず間違いなくヒトがいるんです。「ソロよりもパーチィの方が偉いなんていう法律は何処にもない!」とケンカを売るのもそれはそれで有りなのかもしれませんが、粗悪なガラス細工のように壊れやすいハートの持ち主であるふぁっしょんさんがそんな大それたことを言えるはずもなく、コアタイムは「カンパニエバトル」で経験値を稼ぎ、メリポパーチィのハケそうな深夜〇時あたりからモソモソとミカン狩り開始するというミッドナイトストーカーそのままな生活を続けていたわけですが、こんなことをしていると当然寝不足になるわけで、かなり辛かった。

踊り子を育てはじめた頃はダンスをしているだけで「おおおおお!」という感じに感動したものですが、モーションの硬直にだんだんイライラするようになり、そのうちダンスのエフェクトをカットできないか試行錯誤を重ねてみたりなんてことをしているうちに「ハッ!」と我に返って、考えてみたらダンスしない踊り子なんてその存在意義を否定されているに等しいわけでして、他人のぬくもりに触れることなく(←パーチィでのレベリング経験はココまでわずか四回)、睡魔に抵抗しながらひとりぼっちでミカン狩りばっかりしていたりすると相当やヴぁい精神状態に陥るということの良い照明になっている気がしないでもありません。どうしてわたしのパソ子さんは「証明」を「照明」に変換しますかって話です。
 
それから、ぱんでもにうむ鯖在住の方であればご存知だと思うのですが、Uchino鯖ではわりと最近アルザビの魔笛が奪われちゃったんですね。実はあれってちょうどわたしがミカン狩りをはじめたばかりの頃のことで、いきなりサンクションの恩恵が受けられなくなるあたり、相変わらずふぁっしょんさんはツキに見放されているようです。てゆーか追加ダィスク「アルタナの神兵」発売直後のビシージ過疎化も乗り切ってずーーーーーっと連続防衛が続いていたのにこのタイミングで陥落するなんてマジありえない。おかしいだろ。とりあえずこれからは、真面目にコツコツとビシージに参加しているラソド君(←追加ダィスク未購入)のことを「カンパニエバトルウマー。ビシージマズーwww」とか言ってイジメたりするのはやめようと思いました。
スポンサーサイト