FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年02月 

第四共和国軍団の未来 



来月のVer.UPではカンパニエ全体を盛り上げる「注目の新要素」が導入されるとのこと。それはそれで結構なことだとは思うんですが、何と言いますか、こう新しいモノを積み上げる前に土台をシッカリと補強してほしいというか「遊びやすくするための調整を最優先でするべきじゃないの?」なんていうお節介を言いたくもなるんですけど、ずーっと昔から散々要望され続けていた「バトルミュージックの再生条件」とか「マクロのサーバーバックアップ」をいまさら得意気に告知するような運営体制ですからねえ。カンパニエが本当に遊びやすくなるまであと五年くらいは必要なのかも……。

■侵攻支援→補給部隊強襲
→グロウベルグからルホッツ銀山(レイヤーエリア)へ侵入して、三匹のクゥダフを殲滅する作戦。このクゥダフは放っておいたらどんどん逃走をはじめるので (逃げ切られちゃうと当然作戦失敗になります) スリプガやグラビデ等で足止めをしつつ戦うことになります。予備知識なしでいきなり逃げられたりすると焦るんでしょうけどね。事前に何が起こるかわかっていればどうということはないです。予備知識のない白紙の状態で戸惑ったり失敗したりということを「楽しさ」と取るか、受領券が無駄になる可能性から「非効率」と取るかはヒトそれぞれですね。

獣人支配地域が皆無のおかげで現行の仕様だと作戦受領が絶望的な「諜報工作」を除外すれば、これで一通り「カンパニエops.」を遊んだことになるのかな。あとは学者の経験値を稼ぎつつヌルい作戦で受領券を消化していこうと思っているんですが、そういう美味しい作戦は当前のように売り切れ状態なわけでして選択肢にあるのは「やめる」のみ。なぜか「物資確保」だけはいつでも受けられる状態なんですけど、迂闊にコレを受けたりすると、タダでさえドロップがシブいといわれているアルタナ-エリアに生息する、誰も狩らないようなマイナーなモンスターの素材を要求されたりするので下手すると作戦をキャンセルする事態に陥る孔明の罠。

仕方がないので「輸送運搬」を選んでも選択肢は「やめる」だけ。そんなまさかと思いながら「生産支援」を選んでも選択肢はやっぱし「やめる」オンリー。やめるやめるやめる。そのうちもうどうでもよくなって「カンパニエops.」自体をやめてしまって、やめるオンライン。
スポンサーサイト