FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年03月 

追想のポリフォニー 



踊り子に興味のないヒトから「ヤグードグルーって何なの。死ぬの?」と言われるだろうことを予想して、アイテムの説明を引用しますと「ヤグードが調合した魚の膠。粒子が細かく楽器の修理に向くとされる」というモノ。このヤグードグルーが踊り子アーティファクト取得クエスト第二話「追想のポリフォニー」において必要となるんです。で、このヤグードグルーを持っているのがアルタナ-エリアに生息する吟遊詩人のヤグードさん。ExRareの競売取引不可につき、札束をチラつかせてオトナ買いとかは無理なので詩人ヤグを直接シバくことになるわけですが、Ver.UP間もないこの時期、LV50以上の踊り子全員がヤグードグルーを狙ってると言っても過言ではない状況。当然詩人タイプのヤグはすごい勢いで狩り尽くされて絶滅危機種。リポップ待ちに火花を散らす奪り合いオンラインが絶賛展開中というわけ。

とにもかくにもアテにならないトレハンをアテにしてシーフにジョブチェンジ。西サルタバルタは奪り合いオンラインの激戦区だとか聞いたので、カルゴナルゴ城砦まで出かけてみることに。不幸なことにと言うか予想通りにと言うか、ライバルがいます。おまけに相手はふたり組でこっちはソロ。友達の数ですでに勝敗が決している感もあったりするんですけど、二対一ならまだマシな方かなと思って張り込み開始。あとから来たくせに奪り合い上等とか完全に頭が湧いちゃっている行動にも思えますが、Ver.UPに免じて許してください。そんなこんなでヤグードさんを二匹シバいたところで目的のブツがポロリ。一発では落ちずに、かといって不幸自慢もできない二匹目でのドロップというあたりが非常に中途半端ですが、これがぼくのトレハンのちからだ!

三たびジュノ上層へダッシュして、もう面倒だからとりあえずジュノ上層をホームポイントにして、ライラ団長から連続クエストの第二話「追想のポリフォニー」をオファーして、再び過去へ舞い戻ってジャグナー森林へ向かいます。お話としては楽器が壊れて困っている吟遊詩人さんがいて、ヤグードグルーがあれば直せるかもとか言われて、そこではじめて「ヤグードグルーを取りにいこう!」という流れなわけですが、ネット時代の申し子ふぁっしょんさんはもうすでにヤグードグルーを準備していたりするので「偶然だなあソレなぜか持ってるよ特に必要ってわけじゃなかったんだけどたったいま奪り合いオンラインを乗り越えて取ってきたばっかり本当にすごい偶然だなあ」とトボけつつトレード。恐ろしい子!!

■ダンサータイツ
 防28 HP+10 CHR+3 命中+3 敵対心-1 LV58~踊

そんでもってバビューンとデジョンして、またまたジュノ上層でライラ団長に報告して、第二話「追想のポリフォニー」も無事完了。第三話の「復活のステージ」をオファーするにはやはりヴァナ時間〇時を待つ必要があるので、そのあいだカザムへ行って新しい忍術「物見の術」を買いましたっと(c)ちるちゃん。

→ふぁっしょんの称号「星くずのダンサー」
スポンサーサイト