FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年07月 

Black Market Music (2) 



いかに難易度緩和がなされたとはいえ、もともとがアレなエインヘリヤルですからココはひとつ綿密な作戦を立ててのぞみたいところ。しかしながら大多数のヒトがエインヘリヤル未経験なので正直言ってチンのプンのカン。まあこのへんは童貞君とか処女ちゃんがアレについて事前予習したところで「いざ本番!」となると不測の事態に焦りまくりになるのと同じで、実体験の伴わない作戦をどれだけ練ったとしても所詮は机上の空論。何はともあれ試してみないとはじまらないということになって「デュナミス攻略みたいな感じで行ってみよう」というわりと安易な結論に落ち着き、ナ忍戦暗白赤+ナ忍忍侍白赤+戦詩黒黒黒黒のパーチィを編成。今回はヒーラー不足だったことからわたしは白魔道士で参戦です。うぬにケアル~♪

昨今のバトルコンテンツの例に漏れず、このエインヘリヤルもタイムアタック的な要素が非常に強いのですが、イヤらしいことに突入時点からのタイムカウントではなく、煙の出ているランプをトレードした時点からのタイムカウントだったりするのでとにもかくにも急いでランプを複製。さあ一年ぶりにランプを配る作業に戻るんだ。毎回配置されるモンスターが変化する「よそくふのうwな大人数バトル」がエインヘリヤルのウリと言うか困ったところなわけですが、今回の相手はドードーさんが六匹とボスのマンティコアさん。詩人が一枚だからスリプルの利かない相手だったら困るネ、みたいなことを言っているそばからアンデットなドードーさんを引くあたり一年前とまるで進歩がありません。で、とにかく時間が惜しいので戦闘開始。今回の編成はナイトや忍者の盾役が多かったため戦局こそ安定していたものの、その分火力不足は否めず殲滅には若干時間がかかった感じかな。それでも途中フラ~ッとあらわれたトリガーモンスターの赤い鳥はきっちり撃破してテンポラリアイテムの詰まった青い宝箱をゲット。これは予想外に順調です。ボスのマンティコアさんについてはヘイトがかなりアレなようでして、あっちへフラフラこっちへフラフラとタゲが安定せずにわたしを含めて何人かが戦闘不能に陥ったりしましたが、どうにかこうにか撃破して「ジークルーネの間」を完全制圧。

超ド級の難易度のおかげで今まではなかなか目が届かなかったのですが、アッサリ風味な時間制限とさまざまな要素が凝縮された戦闘、それから参加者全員が利益を得られるアンプルのシステム、と改めて見直してみればエインヘリヤルってわりと良く練られたシステムだったりするんですよね。ウリである「免罪符」に関してはオーディンさんのもとまで辿り着かないと期待も薄いようですが、逆に言えば安定してオーディンさんを撃破可能になればかなり「美味しい」バトルコンテンツだと思うので頑張ってみる価値はあるかも。とりあえずアレです、おいらっち早稲田のヒトから「称号何よ?」って訊かれたら「エインヘリヤルエリートです」と答えてチビらせてやりたいと思います。もうらめえ(ビクンビクン)。
スポンサーサイト