FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年08月 

われらの時代 

37 名前:既にその名前は使われています 投稿日:2008/02/01(金) 17:36
  力がなかったために大切な友を守れなかったことから、
  光の道に絶望し、闇の道へ足を踏み入れることにした暗黒騎士という
  脳内設定を作っていた。
  わざわざナイトをLV18まで上げて砂丘でパーティを組んで
  挑発をサボってパーティを全滅させた挙げ句
  「くそ。俺にもっと力があればみんなを死なせなかったのに!」とか
  「(力を求めるものよ。闇の力を欲するか?)
  ああ。みんなを守る力を俺にくれ。力無い正義は無力だ!!」
  とかパーティでKY発言を連発して、
  あらかじめLV18まで上げておいた暗黒騎士にジョブチェンジしたりした。
  思い出すだけでも鬱になる。
  あとジョブアビリティ「暗黒」を覚えてからは
  「あの時、俺にこの力があれば……ッッ」とか
  すごく恥ずかしいマクロで「暗黒」を連発してタゲ固定しまくる割には
  LV40でも装備はリザードジャーキンだったり
  パーティの皆にはとても迷惑かけた。

FFXIのサービス開始当初ってこんなふうな「熱い」ロールプレイヤーなヒトが結構多かった気がします。「炎の精霊イフリートよ全てを焼き尽くす灼熱の炎となって我が刃に宿れ。エンファイア!」とか「志なかばにして斃れたこの者の肉体に女神アルタナの慈愛を。レイズ!」とか「存在しえぬ地に時刻む魔剣アスミッド=ガエリウス!!」なんてセリフをマクロに組み込んだりしてね。こういうのってどういうわけか見ているコッチが恥ずかしくなって赤面しちゃったりするんですけど、まあマクロにどんなセリフを組み込もうが個人の自由ってヤツです。

しかしながらデュナミスやリンバス等、アライアンス規模の人数で遊ぶ大型バトルコンテンツが増えるにつれてマクロにセリフを組み込むヒトも次第に少なくなってゆき、昨今ではほとんど見かけなくなった感があります。FFXIの場合システムログもチャットログもログと呼べるモノすべてが一緒くたにひとつのウィンドウに表示される仕様であることから、ログの流れが速くなるとそれなりに支障が生じる面もあって、結局マクロに余計なセリフを組み込んでログを流すよりは削ってしまえという方向に行き着いちゃうみたいです。

かくいうわたしも一昔前は、さすがにロールプレイ系こそなかったものの、アビリティ使用のマクロやウェポンスキル使用のマクロにセリフを組み込んでいたのですが、徐々に邪魔臭く感じるようになって、いつのまにか削除。現在、セリフが組み込まれているマクロって「モンスターの発見報告」程度かなあ。学者なんかは未だにアビリティの効果が浸透していない感じなので、最低限の説明くらいはマクロに組み込んでみようかとも思うのですが、マクロの作成が面倒で結局手つかずのままだったりします。

そんなこんなの紆余曲折を経てヴァナ・ディールでは静かなる戦闘が主流となったわけですが、そういうのって「やっぱしちょっと寂しいカモ……」なんて思ったりもするのです。
スポンサーサイト