FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年09月 

人生七十古来稀なり 



というわけでフェローたんが70歳(LV70)の誕生日を迎えました。狩場は基本的にと言うか九割九部ズヴァール城外郭。経験値効率を追及するならもっとレベルの高いモンスターを相手にする必要があるのですが、お金稼ぎのついでに少しでも経験値が入ればそれでいいやと妥協して、わりとノンビリ育てた感じです。

ちょっと頭がイカれているふぁっしょんさんはフェローシップの導入当初「姫君と爺や」みたいな関係に憧れてエルヴァーン男性のフェイスタイプ8A、いわゆるエル爺をマイフェローとして選んだのですが、2008/06/11のVer.UPにおいてフェローに関する調整が加えられて、その中には「フェローの口調、フェイスタイプ、身体のサイズが新しく追加。より個性的なフェローたんをアナタの相棒に!」なんて項目もありまして、つまり「ツンツンした教官口調の背が低いミスラ」みたいにかなりアレなフェローも選択可能になったってことなんです。こうなると当然ジジイよりミスラの教官に罵られてみたいという浮気心が芽生えたりするわけで「老い先短い爺やと手を切って新しいフェローたんに変更するべきなのかもしれない」と真剣に悩んだりもしたのですが、フェローを変更した場合いままで稼いだ経験値はすべてリセット、初期レベルの30から再スタートという酷な仕様であることから、さすがにソレはあまりにもダル杉なので結局爺やと一蓮托生する羽目に。ミスラとニャンニャンしたかった(涙)。

レベルに関する報告が一切なくなり、フェローポイントの「ミラテテ様言行録」も選択不可能になることから、どうやらフェローたんのレベルは70で打ち止めっぽいです。まあそれなりに苦労してココまで育成したので、今後はフェローたんをアレやコレやと有効活用して遊びたいなあと考えたりしているのですが、具体的にどのように有効活用するのかと問われるとまるで思いつかず、結局お金稼ぎのついでにズヴァール城で呼び出す程度が関の山なのだった。
スポンサーサイト