FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年11月 

ジュノ復興計画 



かつてはヴァナ・ディールの中心だった巨大都市ジュノ。しかしながら冒険者たちの拠点がアトルガン白門へ移ったことにより、現在ではすっかり寂れて閑古鳥が鳴いていたりします。さすがにそうした惨状を見かねたのか、12月上旬に予定されているVer.UPではジュノの復興計画が進められるのだとか。それにしてももともとはジュノの人口過密が原因で、良質な狩り場と各種生産ギルド、さらには主要都市のテレポまで提供してアトルガン白門へ冒険者を誘致したのに、それをまたジュノに呼び戻すというのは「右から左へ移したモノをまた右へ戻す」みたいな話で、何と言うか御苦労なこってす。そんなこんなでFFXI公式サイトのトピックス「各種調整について(2008/11/17)」にて発表されているジュノ復興計画は以下の二点。

・バザー関税の撤廃
・傭兵キャラバンを介したジュノ上層からアトルガン白門へ移動

お買物が便利になりそうなステキな調整だと思うのですが、逆に言うとこの程度の調整ではショッピングセンターのような場所になるだけという気もします。結局のところFFXIというゲームは何をするにもパーチィ必須の「きずなw」強制システムなので各種募集シャウトが聞こえる場所じゃないと冒険者たちは居つかないんですよね。でも「メイズモンガー社営業所」とやらがジュノにオープンして、アサルトやサルベージ等をブッちぎるくらいの人気を博したりするとみんなジュノに集まるようになって「過去の栄光、再び」となる可能性もあるわけですが、ウワサによるとコレって「あの」チョコボ育成を手がけたフジト君の新作らしいので「ホントに期待して大丈夫なの?」なんて不安に駆られたりするのですが……。

ただ収納家具の関係上ホームポイントを所属国から移しがたい現状だと「ジュノ→アトルガン白門」の移動よりも「三国-ジュノ」間における新しい移動手段を追加してくれた方がありがたいのですが、コレをやっちゃうと飛空艇の存在価値がなくなっちゃうからやっぱし無理なのかな。一応「三国→アトルガン白門→ジュノ」という手順を踏めば現在でもさほど時間はかからないものの、アトルガン白門を通過する分だけ面倒ですし、一回の移動でアトルガン白銀貨一枚というコストも積もり積もればバカにならないわけですから(ケチですんません)。三国に傭兵キャラバンを配置したことによって潰れてしまったかに見えた「マウラ-アトルガン白門」間の汽船航路も釣り人たちには需要があるわけですから、飛空艇にも移動手段以外の需要を持たせることができれば解決するとは思うんですけどね。

ネ実には「飛空艇にポップするノートリアスモンスター『デスゲイズ』を導入するべき」なんて意見がありましたけど、こういうのってすごくファイファンっぽくてイイんじゃないでしょーか。
スポンサーサイト