FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年12月 

我々のコリブリ 



781 名前:既にその名前は使われています 投稿日:2008/10/21(火) 10:13
  みんなで楽しくコリブリでれべリングしてたところに現れた。
  決してコリブリが枯れていたわけではない。
  しかしこいつ、自分たちのすぐ横にコリブリ沸いているのに、
  わざわざ我々のパーティ側にいるコリブリを釣っていく。
  最初は気づいてないのかなーと思ったけど、だんだんと
  わざとやっていることに気がついた。
  嫌がらせをしてライバル減らしたいのかもしれないけど
  コリブリが枯れている状態じゃないんだから、それぞれ
  近くにいるコリブリをやればいいと思う。
  だけどこいつは露骨に我々のコリブリばかりを狙ってもっていく。
  いやらしい。

784 名前:既にその名前は使われています 投稿日:2008/10/21(火) 10:25
  コ コ         コ ← 我々のコリブリ
       こいつ   我々   コ ← 我々のコリブリ
   コ          コ ← 我々のコリブリ

なんてこともなく、ナ竜戦かコ学のレベルシンクパーチィでワジャーム樹林のレイポイント周囲を独占。わたしは久しぶりの学者です。赤魔道士サマも吟遊詩人サマもいないヒマ人どもをテケトーに集めたパーチィでしたが、レッサーコリブリさんを絶滅させる勢いで狩って狩って狩りまくって、チェーンも40とか50とか。メリポならともかく、レベリングでもこんな数字が出るようになったんですねえ。
 
改めて考えてみると、わたしが「アトルガンの秘宝」以降にレベリングを経験したナイトは基本的に三、四人程度の少人数パーチィだったし、踊り子と学者に関してはペットハンター一本槍で九割九部ソロ、さらにタンジャナ島のコリブリ-メリポも未経験なので、ウマイウマイと言われているアトルガン-エリアのコリブリさんをガッツリ狩ったのって実ははじめてと言っても過言じゃなかったりします。いやはや本当にウマイですね。レベルシンクを利用してカンストまでずーっとコリブリをイジメ続けるヒトもいるなんて話を聞いたことがありますが、これだけウマイと確かにそうするだけの価値はありそう。しかしながらウマイってことは当然人気もあるわけで「狩り場が空いていれば」という条件付きにはなりますけど。
 
そんなこんなでシ→赤→黒→白→ナ→踊に続いて七個目(←!)のジョブである学者もLV72に。目前まで迫ったゴールへ向けて一気にラストスパートといきたいところですが、学者がLV75になるとミラテテ様言行録やらカンパニエo.p.s.やらの経験値を注ぎ込むジョブがなくなっちゃうわけで、ソレはソレでなかなか悩ましかったりするのです。いやらしい。
スポンサーサイト