FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年12月 

ピンクスパイダー 



新しいミッションやクエストがアーでもないとか、踊り子や学者がコーでもないとか、カルバリンが三分経っても発射しないとか、あれだけ大騒ぎしたくせに「モブリンメイズモンガー」は延期かよとか、2008/12/09のVer.UPに関して語るべきことはイロイロとあったりするわけですが、ソレよりもナニよりもふぁっしょんさんにとって一番の重大事項はコレ。

・以下のアイテムの売却時の価格が変更されました。
 黒インク/ブガードの皮/上質なブガードの皮/オークピアッサー/
 ヤグードフリーザー/シェルバスター/リーチの唾液/鳥の血/獣の血

オークピアッサー、ヤグードフリーザー、シェルバスターは、ズヴァール城外郭のチョイと強めのデーモンさんから戦利品として得られる武器なのですが、御存知の方は御存知の通り、これらの武器って「店売り」価格がなかなか高額に設定されていたんです。ソレが今回のVer.UPによって価格変更となったのですが、残念ながらと言うか当然ながらと言うか、価格の引き上げ(↑)ではなく、引き下げ(↓)という流れ。で、実際どの程度「店売り」価格が引き下げられたのかと言うと……。

・オークピアッサー  8370ギル → 270ギル
・ヤグードフリーザー 5192ギル → 134ギル
・シェルバスター   3920ギル →  98ギル

価格は名声によって若干変動しますが、概ねこんなところ。Ver.UP情報を見た段階では「悪くても半額程度の引き下げだろう」と踏んでいたのですが、結果はご覧の通りそんな生易しいモノではなく、完膚なきまで叩き潰されたって感じ。わたくしふぁっしょん、迂闊にも相手がドSの■eだってことを失念しておりました。

そうは言ってもシステムからギルを引き出す「店売り」はインフレを助長する要因となってヴァナ経済にあまりよろしくない影響を与えることも確かなので、見方によっては「来るべきモノが来た」とも言えるわけですが、ヒマさえあればズヴァ城にヒキコモってマンダウを完成させたわたしにとっては、お金稼ぎの手段が減ったという意味でも、お気に入りだった遊び場がなくなったという意味でも、ダメージは計り知れないわけで、ピンクスパイダーもうダメだ!
スポンサーサイト