FC2ブログ

月別アーカイブ

 2009年10月 

光の継承者(4) 



三国(サンドリア・バストゥーク・ウィンダス)ミッションでは、ランクポイントを貯めることによって省略可能なミッションがあります。サンドリア-ミッションの場合「ダボイ調査報告」と「クリスタルの泉」がそれにあたるのですが、特に後者の「クリスタルの泉」は依頼品のクリスタルバスを釣り上げるには下級職人以上の魚釣りスキルを要するうえに、釣り場の水晶泉が交通の便が悪い場所ということもあって、とりあえず面倒くさい。いつものふぁっしょんさんだったらこんな面倒なミッションは省略して然るべきなのですが、そもそもミッションで遊びたいがためにサンドリア王国へ移籍したのにミッションを省略するってのもアレなので、今回ばかりはマジメに取り組むことにします。

と言ってもこのクリスタルバスって競売所で1000ギル程度の値段で投げ売りされているお魚なので、カカッとお金で解決しちゃう予定だったのですが、欲しいときに限って在庫はゼロ。自慢じゃないですけどわたくしふぁっしょん、下級職人程度の魚釣りスキルはあるので、自らクリスタルバスを釣り上げるべく釣竿を担いで水晶泉まで出かけることに。しかしながら魚釣りがミニゲーム仕様に変更されてからというもの、まったくと言ってよいほど魚釣りには手を出していなかったせいで、魚がかかってもまるで釣り上げられない。結局、釣り果ゼロのままサンドリアへ戻る羽目になったのですが、そんなことをしている間にいつのまにかクリスタルバスが競売出品されていたりして、ただ無駄に疲れただけだったって話。

閑話休題。サンドリア-ミッション第六章以降に登場するノートリアスモンスターは、サボテンダー族、スケルトン族、オーク族、クラーケン族、ドール族、ビッグバード族。導入当初こそフルアライアンスの戦力でも苦戦するくらいに強力な相手でしたが、冒険者が強くなった現在ではドイツもコイツも楽勝レベル。弱い相手には滅法強いファッショナブルズですから無双状態でミッション終盤まで駆け抜ける勢い。長年にわたって調教されたマゾ奴隷であることに加えて、基本的に疑り深い性格のふぁっしょんさんとしては、こんなにウマイ具合に話が進むとワナの存在を疑っちゃったりとかするのですが、ワナどころかジュノ大使館赴任後はゲンナマで報酬が支払われるキップの良さで、ランク10昇格までの報酬総額はなんと31万5000ギル。昔のご主人様(←■e)は とてもとても優しかったんだワン。

次回へつづく
スポンサーサイト