スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

初夏の風吹く今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。雀鬼たちの雀鬼たちによる雀鬼たちのための特別企画「ぱんでもにうむ麻雀バトル」の時間です。キリの良い第25回だってのに今回都合によりスパが欠席。いままでだと「ひとり足りないし中止にしよっか;」という切ない状況に陥っているところですが、新メンバーのジェシィさんを迎えて五人体制の我々に隙はなかった。……というわけで、まれい君、コマちゃん、ジェシィさん、それからわたくしふぁっしょんの四人による戦いの火蓋が切って落とされたのであります。ファイッ!



一日に二度も役満が飛び出し、荒れに荒れた全14半荘。おまけにアガったのは両方ともコマちゃんとかもう悪夢としか言いようがありません。最初の役満 (06半荘目の赤い数字) は字一色。テンパイ時点で三元牌二種を含んだ三フーロ、字一色のみならず大三元も有り得る不穏な気配だったのですが、わたくしふぁっしょんが余裕で落としたド危険牌の「北」がバッチリ当たって役満放銃。何が余裕なのかまるで謎です。ちなみに「中」が飛び出していたら大三元+字一色のダブル役満。見ようによっては最悪の事態を回避したと言えなくもないのですが、それにしたってこの放銃は自殺行為に等しいと(我ながら)思います。どうしてそんな真似をしたのかと訊ねられても遺伝子に刻み込まれたデストルドーがざわめきだしたとしか答えようがありません。し、静まれ俺のデストルドーッ! そして二度目の役満 (14半荘目の赤い数字) は国士無双。コチラはまれい君が放銃。一日に二度の役満とか、もういつ死んでもおかしくないくらいの運を使い果たしているはずなのに、とりあえずコマちゃんはまだ生きているみたいです。

そんなこんなでまたしてもご飯を食べ逃していつのまにか午前二時。こんな時間に開いているお店はデニーズくらいしかないのでデニーズへ。ご機嫌のコマちゃんが皆にオゴってくれましたが、あまりのショックに何を食べたのかは忘却の彼方。
スポンサーサイト

運命の天秤 



2010/03/23に追加されたアルタナ-ミッションの後半戦です。物語はズヴァール城を舞台に進行。さすがは悪の親玉の居城、とてもとても強そうなモンスターが百鬼夜行状態で徘徊し、中には見破り能力を有するヤツまでいて危険が危ない。「ザコは喰い止めるからみんなは先へ行け!」という感じに囮役を立てるのが最も安全にして迅速な移動方法らしいので、不肖わたくしふぁっしょんが囮役を買って出たのですが、ザコを喰い止めるどころか囮役が真っ先に死んじゃって蘇生やら何やらでかかった時間を考えると、手間を惜しまずにちゃんと殲滅して進んだ方がよっぽど早かったなんていうのは良くある話。

■闇の牙城
→ゴユの空洞のバトルフィールド。相手は闇の血族(デーモン)のビフロンス伯爵と四匹のオークたち。近頃のバトルフィールドでは珍しくオークにはスリプルが有効なので、グッスリ眠らせて各個撃破のお馴染みの戦術でGO。しかしながら侮れないのがビフロンス伯爵。使用魔法はファイガとバインガ、それからスリプガの三種類のみなのですが、厄介な魔法ばっかり厳選されている点が実にいやらしい。そして最大の脅威がヘルボーンヨープ(空蝉貫通の範囲大ダメージ)。こんなのをマトモに喰らっていたらHPが幾らあっても足りないので、スタンによる未然阻止がポイントになります。なんて偉そうなことを言っておきながらいざ仕掛けてみると、肝心のスタンがダダ漏れ状態でアッサリ敗退。「貴様の実力はだいたいわかった。今度は本気で行くぞ!(言い訳)」の第二ラウンドで何とか勝利。

■黒天、閃電
→ズヴァール城は王の間でファッショナブルズを待ち受けていたのはオドラール氏とアクウィラ氏。冥護四衆の内ふたりを相手にするわけですから過酷な戦いになることは確定的に明らか。でも安心してほしい。我々には心強い味方リリゼットたんがいるのだ! ……というわけで危険な役割はリリゼットたんに押し付け、我々は安全な場所からケアル連打。ノンプレイヤーキャラクターを回復するだけのロールプレイングゲームがあった再びです。オドラール氏はわりと順調に撃破したのですが(リリゼットたんが)、アクウィラ氏に大苦戦。Ver.UP直後のこの時期、FFXIwikiがアクセス過多による閲覧不可だったおかげで普段から攻略情報頼みの我々は右往左往、戦闘不能者続出のテイタラク。ファッショナブルズの他力本願な組織体質が思わぬところで浮き彫りです。

(2010/05/26追記)
このあとFFXIwikiは新アドレスへ移行。現在ではちゃんと閲覧できます。

大いなる天光の継承者 



オーディンさんと共に召喚の契約が可能になったアレキサンダー。コチラも契約のためにはウデにモノを言わせる展開になるのですが(やっぱし)、その下準備としてまずはアルタナ各国からの承諾書と石墨の取得。承諾書に関してはジュノ及び三国への移動が面倒という点を除けば誰にでもできる簡単なお仕事なので割愛。問題となるのが石墨の方。

この石墨の入手方法は、ゼオルム火山またはハルブーンに棲息しているトロール族から強奪するか、あるいは上記エリアでの採掘、はたまた競売から購入のいずれかになります。言うまでもなく手っ取り早いのは競売購入ですが、Ver.UP直後のこの時期(つまり二ヶ月前の日記をいまごろ書いています^^;)、石墨の相場は絶賛暴騰中。クエスト進行のためにはこの石墨を三個も用意しなければならず、一個ならば懐を痛める程度のレベルで済んでも三個となると懐が致命傷。なので、自力調達をするためにつるはし担いでゼオルム火山へGO。あわよくばクロマ鉄鋼も掘り当ててウヘヘ……みたいな思惑もあったのですが、開始10分程度で採掘ポイント探しにも飽きはじめて、そこらへんを徘徊しているトロール族に殴りかかるキレたナイフのふぁっしょんさん。

最初はハルブーンに棲息している「丁度」のトロールを狙っていたのですが、16分ポップだし、棲息範囲はバラバラだし、肝心の石墨はちっとも落としてくれないしでイライライライラ……。一時間ばかりそんなことをして成果は見事にゼロ。このままではラチがあかないので、ゼオルム火山の「とて強」のトロールに手を出してみたら、アホみたいな勢いで石墨をボロボロ。古びた御守のフォモルと同じようにコチラも強さに比例してドロップ確率が変動するっぽいです。そうして揃えた三個の石墨を「高値で売り払いたい……」という欲望を抑えて、大雷池(だいじなもの)と交換。この大雷池がバトルフィールドのトリガーアイテムになります。ちなみにこのクエストも繰り返しオファーが可能 (二回目以降はクエスト名が『白き神』に変化する) なのですが、その都度三個の石墨と大雷池の交換が必要になります。

オーディン戦と同様、このバトルフィールドに関しても火力第一の特化編成で挑むのが定石。聖なる審判を筆頭にアトルガン-ミッションでもお馴染みの厄介な特殊攻撃を有するアレキサンダーさんですが、そんなモノを使う暇は与えずポンコツにしちゃうのがコツ。ちなみにこのバトルフィールドでは「絶対防御」が非常に有効だったりするのですが、ネ実風に言えば「アレキサンダーと契約していない召喚士はアレキサンダー戦に来るな!」ってところです。

大いなる冥闇の継承者 



2010/03/23に追加された「冥途の紋」は、冥界の主オーディンさんと召喚の契約を結ぶクエスト。例によって例のごとく召喚契約にはウデにモノを言わせる、つまりバトルフィールド戦に勝利しなければならないのですが、先立つモノとして古びた御守を手に入れる必要があります。この古びた御守とはアトルガン-エリアに棲息しているフォモルがドロップするエクレア属性アイテム。と言っても、アトルガン皇国の兵士の怨霊(Fallen Imperial の名を冠したフォモル)は対象外。イフラマド王国の兵士の怨霊(Ephramadian Shade)のみがドロップします。

強さに比例してドロップ確率が変動するのか、アラパゴ暗礁域に棲息している弱めのフォモルよりもカダーバの浮沼に棲息する強めのフォモルの方がドロップ確率が高いみたい。まあこんな具合に古びた御守に関してはさほど苦労せずに手に入るのですが、問題はこのあと。古びた御守から戦神の御守へと修復してもらう際、一定の確率で修復失敗の判定があり、そうなるとまた古びた御守の取得からやり直しになるんです。……とか書くと、修復失敗の罰ゲームを期待する皆様からの熱い視線をビンビン感じちゃったりするのですが、フラグを回収しきれず一発で戦神の御守に修復成功しちゃうあたり所詮ふぁっしょんさんは三流芸人です。

そんなこんなで戦神の御守を取得したらいよいよハザルム試験場でオーディンさんと力くらべ。「殺られる前に殺れ」が合言葉の火力編成でねじ伏せました。本日のクライマックスになるはずだったバトルフィールドがわずか三行です。

他の召喚契約と同様にこのクエストも繰り返しオファー可能になっており、二回目以降はクエスト名が「冥路の磁針」に変化します。進行の手順に変化はありませんが、オーディンさんがちょっとデレはじめてイベント会話中に選択肢が発生。この選択肢の中から「騎士の解放」を11回選択することにより、次なるクエスト「修羅の道」へと進みます。そしてこの「修羅の道」までコンプリートするとオーディンさんはもはやツン無しのデレデレ状態。マイケル=ジャクソンそっくりなあのヒトを解放してくれるのだとか。ちなみにふぁっしょんさんは「騎士の解放」3/11回で停滞中。いかにわたしが廃人と言えどもさすがにコレはツライ。

ヒロインズコンバット 



ベストタイムを更新するくらいの圧倒的勝利で「ヒーローズコンバット」を制したファッショナブルズ。調子こいて「ヒロインズコンバット」にも挑戦です。というわけで舞刀会の招待状(トリガーアイテム)を手に再び天輪の場へ。次なる対戦相手はサンドリア王国のクリルラ団長、バストゥーク共和国のアヤメっち、ウィンダス連邦のシャントット博士、そしてタブナジア公国のプリッシュたん。

上記四人の中からランダムで選び出された二人が初期配置。一人を撃破した段階で残った二人のどちらかが途中参戦。三人を撃破するとバトルフィールドの勝利条件が満たされます。四人全員と対戦できない仕様は喜ぶべきなのか悲しむべきなのか微妙なところだったりしますが、ナニはともあれLV60制限+サポジョブ無効の15分一本勝負。空中平泳ぎ状態で突撃です。

天輪の場でファッショナブルズを待っていたのは、クルリラ団長(ナイト)とアヤメっち(侍)。防御力が高いナイトは後回しというセオリー通り、グラビデとバインドでクリルラ団長を引き離している間にアヤメっちを集中攻撃。色っぽい声をあげてアヤメっちが倒れた直後にシャントット博士(黒魔道士)が登場。黒魔道士優先撃破条例に則って次はシャントット博士をターゲット。そして最後にクリルラ団長を撃破し、本日もファッショナブルズの完・全・勝・利。今回プリッシュたん(モンク)の登場はありませんでした。

舞刀会の招待状がダブっていたので引き続き第二ラウンド開始。しかしながら対戦相手はまたもやクリルラ団長(ヴぁーん^^)とアヤメっち(ござるw)、シャントット博士(糞タル^^;)の三人が選出され、残念ながらファッショナブルズ対プリッシュたん(父親の再婚相手の娘)の夢の対決は実現せず。ひぎぃ!

→ふぁっしょんの称号「スーパーヒロイン」

20100521b.gif

ヒーローズコンバット 



スペシャルバトルフィールド「ヒーローズコンバット」は、LV60制限+サポジョブ無効の15分一本勝負。対戦相手が現代三国代表のヒーローたち──サンドリア王国のトリオン王子、バストゥーク共和国のフォルカー隊長、そしてウィンダス連邦のアジドマルジドさんってところがスペシャルのスペシャルたるユエン。

デルクフの塔の最上階は天輪の場へ入場する際に、まとめて三人とバトルの「群雄争覇コース」、いずれかふたりとバトルの「竜虎共闘コース」、いずれかひとりとバトルの「一騎当千コース」の三つの選択肢があらわれるので、お好みのコースをセレクト。当然ながら対戦相手の人数が増えるほど難易度は高くなります。強きを助け弱きを挫くが座右の銘のファッショナブルズとしては難易度の低い「一騎当千コース」を選びたいところでしたが、戦餐会の招待状(トリガーアイテム)に余分がなかったことから「せっかくだから俺はまとめて三人とバトルを選ぶぜ!」というわけで「群雄争覇コース」を選択。ナモモ詩赤白の六人で突撃です。

スリプルは完全耐性を有していると頭から決め込んで試すことさえしなかったので断言はできませんが、たぶん眠らないと思います。グラビデ、バインドを駆使して三人を引き離し、最も厄介な黒魔道士を真っ先に墜として最も防御力が高いナイトは後回しという対多戦闘のセオリー通り、アジドマルジドさん→フォルカー隊長→トリオン王子の順に各個撃破。トリオン王子とフォルカー隊長が仲良く連携攻撃を仕掛けてくるのが見どころと言うか注意点なので、ターゲットにされているヒトは満タンに近いHPを維持しておくのが良いかと思われまする。

そんなこんなで犠牲者もオチもないまま、まとめて三人を撃破。念入りに用意した薬品類もダダ余りだったので、ちょっと拍子抜けみたいな感もあったりなかったりするのですが、スペシャルバトルフィールドに敗北したりするとスペシャルに凹むことになりそうですから、このぬるま湯っぽい難易度は有りと言えば有り。

→ふぁっしょんの称号「スーパーヒーロー」

20100520b.gif

Sugar Fix 



サービス終了近しのウワサが絶えないヴァナ・ディールも、しぶとく生誕八周年を迎えて「冒険者さんありがとうキャンペーン」です。今年のキャンペーンでは恒例のアニバーサリリングとモグタブレットのハッピーパワー完全開放に加え、オサレなディナージャケット、さらにはモグのへそくりまでもらえちゃう大盤振る舞いでキャッホー(歓喜)! それにしても八周年ですか……ハァ(溜息)。そんなこんなで今年もわたくしふぁっしょんの秘密の情報を大公開。お前の秘密の情報なんて興味ネーヨと言われようが大公開ったら大公開。

20100517b.gif

チャット回数の減少に関しては半放置状態でノートリアスモンスターの張り込みを続けた結果であり、お喋りしてくれる友達がいないとかではありません。そのわりに NPCに話しかけた回数がそれなりだったりするのは矛盾しているように見えるのですが、いままで食べたパンの枚数を忘れるように自分にとって都合の悪い事実もサッサと忘れることにします。パーティ参加回数のほとんどが二アカで占められていることは内緒。アライアンス参加回数の減少はデュナミス攻略が終了してからはエインヘリヤルくらいしかアライアンスに参加する機会がなくなっちゃったからだと思います。クドイようですが友達がいないというわけではない断じてない。まあこんな感じにどの数字も前年増加率を下まわるフガイナイ(?)結果となったのですが、情熱低下による失速と言うよりは、いままでが異常なほどのめりこんでいたというだけで、ようやくヴァナ・ディールと適度な距離を保って遊べるようになったのだとポジティブにシンキングすることにしましょう。それにしてもアレです、敵を倒した回数のうち1500回がメイジャンの試練No.992によって占められているのだと考えると、その数字の異常さが良くわかります^^;

レベルキャップ解放後はこのアニバーサリリングとクポフリートリング、アライドリングを残らず投入して、俺はロケットスタートをかけるぞジョジョーッ!!

20100517c.jpg☆★☆ おまけ ☆★☆
一方コチラは今年の練武祭「至宝の行方と見習い武士のつぶやき」の記念アイテム「尚武龍神兜」と「尚武龍神太刀飾」です。おもだか(沢瀉)のミスラに通り魔されまくってヒドイ目に遭った。

兵どもが夢の跡 

20100514a.jpg

獣人軍将領討伐完了報告。気まぐれでクゥダフ兵団将領ディ・ゾー氏に手を出したのがキッカケではじまったこの作戦ですが、ナンだカンだですべての獣人軍将領を撃破して完・全・制・覇。終わってみればアッーという間だったとかそんなことは全然なくてフツーに長かったw

■ベドー:クゥダフ兵団
・ド・ヌの御言(1) ………………[2010/02/15]
・ド・ヌの御言(2) ………………[2010/02/16]
・ド・ヌの御言(3) ………………[2010/02/18]
・ド・ヌの御言(4) ………………[2010/02/19]
・不撓の酋帥………………………[2010/02/22]

■ラヴォール村:オーク帝国軍
・皇帝の系譜(1) …………………[2010/03/15]
・皇帝の系譜(2) …………………[2010/03/16]
・皇帝の系譜(3) …………………[2010/03/17]
・皇帝の系譜(4) …………………[2010/03/23]
・不敗の大帝………………………[2010/03/26]

■オズトロヤ城:ヤグード教団軍
・ハバロの詩(1) …………………[2010/05/06]
・ハバロの詩(2) …………………[2010/05/07]
・ハバロの詩(3) …………………[2010/05/10]
・ハバロの詩(4) …………………[2010/05/11]
・不滅の邪神………………………[2010/05/12]

各バトルフィールドの総合戦績は、不撓の酋帥が02戦01勝01敗、不敗の大帝が03戦全勝、不滅の邪神が03戦02勝01敗。一般的に「アタリ」と言われている頭部位防具に関しては、ジャ・ゴ・バルバトが〇個、ジャナッドヘルムが一個、ハバロヘッドギアが一個というドロップでした。各所に挙がっている戦利品報告を見るとアタリを引く確率は三割程度なんて言われているのですが、少ない試行数ながらおおむねそんな感じの数字に収束したようデス。

20100514b.jpg☆★☆ おまけ ☆★☆
やぐうど教団軍の初代現人神レー・ハバロさんの名を冠したハバロヘッドギアは、わたくしふぁっしょんがゲット。ピコピコって感じの耳が可愛いデス。

不滅の邪神 



■不滅の邪神:Tzee Xicu the Manifest

すべての獣人軍将領を撃破し、オズトロヤ城の最深部へ進撃するファッショナブルズ。その戦力はナナ詩赤白召+黒黒黒黒赤白+黒黒の14名。基本的に友達がいないコマちゃんがこれだけの人数を集めたと思うと胸が熱くなるな。

フルアライアンス対応型のバトルフィールド「不滅の邪神」にて我々を待ち受けているのは現人神ヅェー・シシュたん(Tzee Xicu the Manifest)と、四匹のエアエレメンタル(Tzee Xicu's Elemental)。 いずれも睡眠に対して完全耐性を有していることから、多対多戦闘におけるセオリーとも言えるスリプガからの各個撃破戦術は通用しません。引き続きセオリー通りに考えると、このような相手と戦う場合にはそれぞれの距離を引き離して各個撃破に持ち込むマラソン戦術が上策になるのですが、ヅェー・シシュたんとエアエレメンタルはヘイトが連動しているらしく、どうにも上手く引き離すことができない。アレを試して全滅、コレを試して全滅なんてことを繰り返しているうちに、結局タイムオーバーのキックアウト。緊急反省会の結果、ナイトがターゲットを保持しているあいだに黒魔道士のガ系精霊魔法でエアエレメンタルを焼き払う作戦に切り替えて再挑戦。いかに黄金の鉄の塊のナイトといえども五匹のモンスターからの集中砲火に耐え続けるのは困難ですから秘密兵器として召喚獣アレキサンダーの「絶対防御」を使用。この作戦が見事ハマってエアエレメンタルを瞬間殲滅。エアエレメンタルさえ殲滅しちまえばアストラルフロウに怯える必要もなくなるので、いかにして素早く護衛をやっつけるかがこの「不滅の邪神」攻略のカギになると言えそう。

・プレスター【両手棍】LV71~All Jobs
 D58 隔366 潜在能力:ウェポンスキルの命中/ダメージアップ
 追加効果:風ダメージ
 ※潜在能力発動条件:炸裂属性のウェポンスキル使用時

・ハバロヘッドギア【頭】LV71~All Jobs
 防21 INT+2 MND+2 CHR+2 魔法命中率+2 魔法攻撃力アップ+2

・コシチェイクラッコ【両足】LV71~召
 防14 被物理ダメージ:相手に呪い効果 召喚獣:攻撃力アップ 防御力アップ

・ブリリアントピアス【耳】LV69~All Jobs
 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

・ディバーターリング【指】Lv71~All Jobs
 MP+15 召喚獣:敵対心+2

現人神ヅェー・シシュたんがオーラを身に纏っている間は近付いただけでもヘヴィ効果をなすりつけられる他、対物理攻撃耐性まで発動するらしく、まさにスーパーサイヤ人状態。そして必殺技とも呼べるヴォーティコスサンズは範囲ダメージこそそれほどでもありませんが、静寂効果+ノックバックに加えて、何よりも武器防具全解除でスッポンポンにされるところがあらゆる意味でいやらしい。

20100512b.gif

ハバロの詩(4) 



■ハバロの詩第七の徳:Asterion(モンク)
 オズトロヤ城[S]2F(I-8)に出現

アステリオン(またはアステリオスとも)とは、ギリシア神話に登場する牛頭人身の怪物ミノタウロスの本名。キャスバル=レム=ダイクンよりもシャア=アズナブルの方が有名なのと同じように、あとから付けられた名前が一般的になったパターンです。ご存知の通りヴァナ・ディールのミノタウロスはプロマシア-ミッションに登場しますが、出典通りこの二匹のモンスターが同一人物(怪物)ならばフォミュナ水道のミノタウロスは20年後のアステリオンさんなのかもしれません。スペシャルアビリティ「百烈拳」を除けば大きな特徴もなく、そこらへんをウロウロしている雑魚タウルスに毛が生えた程度の相手。ファッショナブルズ最少撃破構成はナナ赤白黒。両脚防具のベディヴィアホーズはHP50%~26%の際に潜在能力が発動。攻撃力のボーナスが+25ということは確認されていますが 命中に関しては不明。潜在発動条件の段階ですでに残念すぎるアイテムなので、未来永劫検証されないままという可能性もありえそう。トリガーアイテムは竹の茶籠。

・アラストール【両手斧】LV69~戦暗
 D88 隔504 HP+10 MP+10 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

・ベディヴィアホーズ【両脚】LV69~戦モ赤シナ暗獣吟侍忍竜青コ踊
 防29 潜在能力:命中+ 攻+

■ハバロの詩第八の徳:Suu Xicu the Cantabile(吟遊詩人)
 オズトロヤ城[S]1F(I-8)に出現

オズトロヤ城最後の獣人軍将領はスゥー・シシュさん。やぐうど教団軍最高指導者ヅェー・シシュたんと同じ名前なのが気になりますが、現在のところふたりの関係は明らかにされていないようです。吟遊詩人ということでひたすらピッポロしますが、歌う曲と言えば魔物達のララバイばかり。ソレ以外にヒット曲がない一発屋のアイドル歌手みたいな獣人軍将領です。毒状態を維持しておかない手も足も出ない状態になっちゃうので服毒必須。もうひとつの特徴としてHP50%時とHP25%時に二匹ずつ、合計四匹のやぐうどを召喚。吟遊詩人が仲間を召喚なんて、カニに切断連携と同じくらい聞いたことがないのですが、設定的にはアイドルのピンチに親衛隊が駆けつけたってところでしょーか。スゥー・シシュちゃんはウ(自主規制)コなんかしないよ! アイドルを撃破しても親衛隊は消滅しないので、集中攻撃でサッサと片付けちゃうのが上策。ファッショナブルズ最少撃破構成はナナ赤白黒。トリガーアイテムは竹の蛇籠。

・シルクトーン【短剣】LV69~シ獣吟
 D28 隔195 CHR+4 歌唱スキル+2
 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

・フェイルノート【弓術】LV69~戦赤シナ暗獣狩侍忍
 D72 隔582 飛命+10 モクシャ+5 敵対心-5

ハバロの詩(3) 



■ハバロの詩第五の徳:Vee Ladu the Titterer(忍者)
 オズトロヤ城[S]1F(H-9)に出現

空蝉の術は空蝉の術でも実体を伴う分身を召喚する「真・空蝉の術」を使いこなす忍者のヴェー・ラドゥ氏。分身の数は最初こそ一匹のみですが、本体のHPが一定量減る毎に増えてゆき HP75%からは二匹、HP50%からは三匹、HP25%以下になると四匹の分身が出現。分身はHPが少ない(250程度)点を除けば ヴェー・ラドゥ氏と同等の能力を有している上に時間経過による消滅もないので、ガ系精霊魔法等の範囲攻撃で分身を殲滅しつつ戦闘を進めることになります。忍者と言うからには当然「微塵隠れ」もありまして、イタチの最後っ屁よろしく死の間際に使用します。発動時には必ず四匹の分身を召喚し、本体から400ダメージ+分身一匹につき100ダメージ=合計800のダメージを喰らうことになるので、撃破直前にはHP801以上をキープしておくこと(特にタルタル)。薬研藤四郎はヤゲントウシロウと読み、ウリと思われる忍術ダメージアップは属性杖(NQ)と同程度だとか……ウーム。ファッショナブルズの最少撃破構成はナナ赤白黒。トリガーアイテムは竹の鳥籠。

・薬研藤四郎【片手刀】LV69~忍
 D34 隔222 忍術ダメージアップ
 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

・ハーピーシールド【盾】LV69~白黒赤召青学
 防13 魔法攻撃力アップ+3 魔法命中率+3 カンパニエ:魔法攻撃力アップ+12

■ハバロの詩第六の徳:Maa Illmu the Bestower(白魔道士)
 オズトロヤ城[S]2F(I-8)に出現

詠唱間隔ほぼゼロの状態で、これでもかとばかりに自己ケアルを連発する白魔道士のマー・イルム氏。もちろん女神の祝福だって使用するのでハンパな火力で挑むと延々戦闘を続ける羽目に陥ります。一時間以上に渡って戦闘を続けたにも関わらず削りきれないままエスケプで逃走した思い出が輝き出したな。プロテスやシェル等の自己強化魔法を優先的にかけ直すアルゴリズムを利用できないこともないのですが、ケアルの使用をほんの数秒間遅らせる程度の効果しかなく、あまり実用的とは言えない感じ。意外にもサイレスが通りますが、静寂状態になったらなったで百烈拳並の間隔の通常攻撃に加えて、物理ダメージ+バインド+ノックバックの「白羽取り」を高頻度で使用してくるようになるので、実質パワーアップ状態。とはいえ削ききれないとどうしようもありませんから、多少の犠牲は覚悟の上でサイレスを入れて押し切る方向性で強引にGO(韻)。ファッショナブルズの最少撃破構成はナナ赤白黒。トリガーアイテムは竹の炭籠。

・クルアダン【両手剣】LV69~ナ暗
 D83 隔480 STR+3
 カンパニエ:クリティカルヒット+15% クリティカルヒットダメージアップ

・クリアーパス【片手棍】LV69~白ナ学
 D27 隔288 命中+5 魔法命中率+5
 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

ハバロの詩(2) 



■ハバロの詩第三の徳:Loo Kutto the Pensive(侍)
 オズトロヤ城[S]2F(H-8)に出現

侍のルー・クット氏。強力なリゲインによって通常攻撃を上回る頻度でやぐうど族お馴染みの特殊攻撃を濫発。草払いでスタン中のところに羽根竜巻でスッポンポンにされ、仕上げは闇の呪詛(空蝉の術貫通+闇属性攻撃)で大ダメージみたいな流れになると手も足も出ないままHPはレッドゾーン。毒だの麻痺だの病気だのといった厄介な状態異常はなく、直線的な攻撃ばかりと言えば直線的な攻撃ばかりなのですが、それだけに大暴れされると手が付けられない強さがありまして、獣人軍将領は数いれどこのルー・クット氏がおそらく最強(最凶)なのではなかろーかと個人的には思っていたりします。ベドーやラヴォール村と比較するとオズトロヤ城の獣人軍将領は手強い相手ばかりということもあり、もはや少人数攻略でも何でもない人数で恐縮ですが、ファッショナブルズ最小撃破構成はナナ赤白黒。トリガーアイテムは竹の虫籠。戦利品の百足丸に関しては基本性能がウンヌン以前にオズトロヤ城の獣人軍将領産の武器防具はコンビネーションのプロパティがヒドすぎると思う。

・百足丸【両手刀】LV69~侍忍
 D74 隔420 モクシャ+2
 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

・スカーミッシリング【指】LV69~All Jobs
 HP+1% カンパニエ:HP+4%

■ハバロの詩第四の徳:Fleshgnasher(シーフ)
 オズトロヤ城[S]2F(I-8)に出現

獣人軍将領と言うからにはこのフレッシュナッシャーさんの下にも部下が存在しているはずで、見た目ハエそのまんまのフレッシュナッシャーさんが「閣下」なんて呼ばれているところを想像すると非常にシュールです。攻撃間隔が超高速かつ一発のダメージも侮れないくらいに重く、高頻度でトリプルアタックを繰り出してくることからドカッ、バキッ、グシャアッ(クリティカルヒット)みたいなことになるとアッーという間に戦闘フノンヌに。ハエだと思ってナメてかかると病院で栄養食を食べる羽目になると言うか実際に我々は全滅しました(涙)。自身にかけられた状態異常をなすりつけるエメティックディスチャージがあるので弱体魔法の使用は極力控えたいところですが、盾役が空蝉の張り替えに苦労しているようならなすりつけ覚悟で使用しちゃうのも手と言えば手。ファッショナブルズの最少撃破構成はナナ赤白黒。トリガーアイテムは竹の花籠。

・バジリスク【射撃】LV69~狩コ
 D39 隔582 飛攻+8 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

・カラヤーケープ【背】LV69~白黒赤吟召青か学
 防6 MP+10 魔法攻撃力アップ+1 カンパニエ:魔法攻撃力アップ+6

ハバロの詩(1) 



■ハバロの詩第一の徳:Dee Zelko the Esoteric(黒魔道士)
 オズトロヤ城[S]3F(H-9)に出現

獣人軍将領討伐作戦の最後の舞台はオズトロヤ城。ハバロの詩第一の徳を司るのはやぐうど族のデー・ゼルコ氏、使用する精霊魔法はすべてエアロ系(風属性)という風の黒魔道士です。HPの残量に応じて使用魔法のランクとファストキャスト効果がアップする特性を有しているので、終盤は古代魔法や高位ガ系精霊魔法等のヤバイ魔法を濫発状態。なので長期戦はダメ絶対。はじめちょろちょろ、中ぱっぱ、最後は一気にねじ伏せるだけの高い火力がほしいところであります。このデー・ゼルコ氏を見ていると、今は昔のFFXIのサービス開始当初、自称「氷の黒魔道士」のヒトがブリザド以外の魔法を一切使用せず、リーダーから「核熱連携中なのでファイアにしてください^^;」と怒られていたのが懐かしく思い出されます。こんなふうに熱心なロールプレイヤーも現在ではすっかり見かけなくなりましたが、彼らは一体ドコへ行ってしまったのでしょーか。ファッショナブルズ最少撃破構成はナナ赤白黒。トリガーアイテムは竹の草籠。

・グランジャー【片手棍】LV69~黒赤召青
 D34 隔310 攻+5 魔法攻撃力アップ+5
 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

・グレナディアベルト【腰】LV69~戦赤シナ暗獣吟狩侍忍竜青コ踊
 防4 攻+3 STR+3 DEX+3 AGI+3 カンパニエ:STR+8 DEX+8 AGI+8

■ハバロの詩第二の徳:Marquis Forneus(暗黒騎士)
 オズトロヤ城[S]2F(G-8)に出現

ソロモン王によって封印された72柱の悪魔のひとり。29の軍団を率いる序列30番の侯爵。堕天使のひとりであり、元は座天使という地位にあった。……と大物っぽい雰囲気を漂わせているフォルネウス侯爵。通常攻撃の追加効果に強化 (食事やアビリティ、魔法、歌等) 吸収があるので被弾が増えれば増えるほどフォルネウス侯爵はパワーアップする仕組み。と言ってもディスペルやフィナーレで対応可能なので手間さえ惜しまなければ脅威というほどでもなかったりします。HPの残量に応じて物理攻撃主体から魔法攻撃主体にモードチェンジしますが、空蝉の術で回避可能な単体対象魔法ばかりということもあって、むしろ終盤に近付くほど楽になるという珍しいパターン。獣人軍将領の中では下から数えた方が早いくらいにヌルイ相手ということもあって赤い羽根帽子のヒトによるソロ撃破報告も多々ありましたっと。ファッショナブルズ最少撃破構成はナナ赤白。トリガーアイテムは竹の薬籠。

・フォシューズ【両手鎌】LV69~戦暗獣
 D87 隔480 被物理ダメージ-5%
 コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+

・シャークストラップ【グリップ】LV69~All Jobs
 HP+10 敵対心+3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。