FC2ブログ

月別アーカイブ

 2010年05月 

大いなる冥闇の継承者 



2010/03/23に追加された「冥途の紋」は、冥界の主オーディンさんと召喚の契約を結ぶクエスト。例によって例のごとく召喚契約にはウデにモノを言わせる、つまりバトルフィールド戦に勝利しなければならないのですが、先立つモノとして古びた御守を手に入れる必要があります。この古びた御守とはアトルガン-エリアに棲息しているフォモルがドロップするエクレア属性アイテム。と言っても、アトルガン皇国の兵士の怨霊(Fallen Imperial の名を冠したフォモル)は対象外。イフラマド王国の兵士の怨霊(Ephramadian Shade)のみがドロップします。

強さに比例してドロップ確率が変動するのか、アラパゴ暗礁域に棲息している弱めのフォモルよりもカダーバの浮沼に棲息する強めのフォモルの方がドロップ確率が高いみたい。まあこんな具合に古びた御守に関してはさほど苦労せずに手に入るのですが、問題はこのあと。古びた御守から戦神の御守へと修復してもらう際、一定の確率で修復失敗の判定があり、そうなるとまた古びた御守の取得からやり直しになるんです。……とか書くと、修復失敗の罰ゲームを期待する皆様からの熱い視線をビンビン感じちゃったりするのですが、フラグを回収しきれず一発で戦神の御守に修復成功しちゃうあたり所詮ふぁっしょんさんは三流芸人です。

そんなこんなで戦神の御守を取得したらいよいよハザルム試験場でオーディンさんと力くらべ。「殺られる前に殺れ」が合言葉の火力編成でねじ伏せました。本日のクライマックスになるはずだったバトルフィールドがわずか三行です。

他の召喚契約と同様にこのクエストも繰り返しオファー可能になっており、二回目以降はクエスト名が「冥路の磁針」に変化します。進行の手順に変化はありませんが、オーディンさんがちょっとデレはじめてイベント会話中に選択肢が発生。この選択肢の中から「騎士の解放」を11回選択することにより、次なるクエスト「修羅の道」へと進みます。そしてこの「修羅の道」までコンプリートするとオーディンさんはもはやツン無しのデレデレ状態。マイケル=ジャクソンそっくりなあのヒトを解放してくれるのだとか。ちなみにふぁっしょんさんは「騎士の解放」3/11回で停滞中。いかにわたしが廃人と言えどもさすがにコレはツライ。
スポンサーサイト