スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生のコイン(2) 



第03ウォークでチマチマ雑魚アントリオンをしばいていると、制圧目的のパーティに誘われることがあります。制圧の最大の利点は何と言っても「古い小袋」取得のチャンスがある点。この「古い小袋」は各ウォークを制圧した際、報酬として出現する宝箱(Treasure Coffer) に入っており、使用すると03枚~10枚のコインを取り出すことができます。アレキサンドライトにおける「木綿の巾着(亜麻の巾着)」と同じ位置付けのモノと言えばわかりやすいかもしれません。

制圧目的の際に選ばれるウォークはほぼ例外なく「水滴が跳ね返るような微かな音が聞こえる」第02ウォーク (Veridical Conflux #02)。このウォークはスライムとクロットの巣窟になっており、こんなふうなモンスターばかりを相手にしていたら何だか気分までジメジメしちゃいそうですが、コインの取得のみを目的とした場合ウォーク毎に報酬の差は無いことから(無いと思います、たぶん)、数あるウォークの中でも最も難易度が低いと言われているこの第02ウォークが選ばれるのは、当然と言えば当然だし必然と言えば必然。

そんな具合に第02ウォークと第03ウォークを行き来する生活を繰り返すこと約二週間。気が付けば30枚の「誕生のコイン」を揃えてしまったふぁっしょんさん。この期間を長いと取るか短いと取るかはヒトそれぞれですが、目的のお宝を手に入れるまで二年とか三年とかが当たり前だった一昔前を知る (例えばデュナミスにおけるデュエルシャポーのように) 古参冒険者から言わせてもらいますとまあスンナリと言っちゃっても良いんじゃないかと思います。

医者も匙を投げるほどに無茶苦茶だった難易度に関してはレベル上限解放が相対的緩和になってそれなりに遊べるようになったものの、仕様を巡る問題の方は未だに山積み状態。さすがにこのままではマズイと思ったのか、現在この「ウォークオブエコーズ」は大幅な見直しが行われているみたいですが、評価システムをはじめとして「ならではのウリ」になる(はずだった)仕様がことごとくダメ出しされている点を考えると、まったくのベツモノに作り変える以外方法がないように思えたりもするんですけどソコんトコどーなんでしょーか。
スポンサーサイト

誕生のコイン(1) 

ある日のこと。コマちゃんが突然「『ウォークオブエコーズ』へ行こうず!」とか言い出したわけです。しかしながら「ウォークオブエコーズ」と言ったら導入間もない頃に突撃して身も心もズタボロにされたロクでもない場所。そんなヒドイ目に遭ったにも関わらずまた挑戦したいなんて、モノ忘れが激しいのか、ドが付くほどのマゾヒストなのか、ただ単に頭がおかしいだけなのか、理解に苦しむところですが、そんなコマちゃんだから当然友達だって少ない。となると半強制的にわたくしふぁっしょんが拉致られることになるわけです(泣)。

御存知の方は御存知の通り、FFXIのバトルコンテンツにはそれぞれウリとなるお宝が用意されておりまして、デュナミスにはレリック武器防具、エインヘリヤルには各種免罪符(とオーディン製武器防具)、アビセアにはエンピリアン武器防具があるように、この「ウォークオブエコーズ」には栄華、誕生、発展、衰退、滅亡の名を冠する五種類のコインが存在します。このコインは「メイジャンの試練」製の武器の強化に必要となり、例えば「栄華のコイン」だと片手剣、両手斧、片手刀の強化に対応しているというわけ。なので、わたくしふぁっしょんは短剣の強化のために必要になる「誕生のコイン」を、コマちゃんは弓の強化に絡む「衰退のコイン」を求めて赤裸々にDIVEです。

第01ウォークから第07ウォークまでのバトルフィールドが存在するこの「ウォークオブエコーズ」ですが、今回我々が選択したのは「虫たちが行軍するような微かな音が聞こえる」第03ウォーク (Veridical Conflux #03)。第03ウォークには19匹のアントリオンが出現(ボス格の巨大アントリオンが03匹と雑魚アントリオンが16匹)し、これらの完全殲滅が制圧条件になります。と言っても二人程度の戦力だと完全殲滅は難しいので、制圧は早々に諦めてボス格の巨大アントリオンはスルー。稀にコインをドロップする雑魚のみを狙い撃ちするスネオ式戦術で戦闘開始。通常よりも広い知覚範囲、殲滅状況(あるいは時間経過)による移動ルートの変化、接触した時点でパーティ(アライアンス)全員にヘイトが発生する等の「ウォークオブエコーズ」ならではのモンスターの挙動を理解していれば過去にコテンパンにされたのがウソみたいなイージーモード。もともとこの第03ウォークは「ソロ専ウォーク」と呼ばれるくらい難易度が低いこともあるのですが、やはりレベル上限解放によって我々冒険者が強くなったことがやはり最大の要因だと思います。

そんなこんなで今回取得した「誕生のコイン」は04枚。「メイジャンの試練」製の武器強化に必要となるコインの枚数は30枚ですから単純に計算して07回から08回の突入で目的のコインが揃う計算になるわけですが、さて……!!

次回へつづく

ラミネール少年の秘密 



大病「ダボイ肺炎」を患う母親に高価な薬を購入するために来る日も来る日も配達の仕事を続けるサンドリア王国のラミネール(Raminel)少年について。

49 名前:既にその名前は使われています 投稿日:2010/06/20(日) 11:02
  競売所から「こんにちは、配達に来ました!」までの時間が
  ヴァナ・ディール時間35分=地球時間01分。
  荷物の受け渡しの時間が競売側でヴァナ時間22分=地球時間50秒。
  往復分と合計して一度の配達に要する時間は
  ヴァナ時間01時間32分=地球時間2分50秒。
  不眠不休で働き続けているのでヴァナ時間一日に約15.6回、
  一ヶ月に約469.5回、一年に5634.7回の配達をしていることになる。
  休暇をとったという描写もないため、
  メンテナンス中にも配達を継続していると仮定すると
  冒険者の時代がはじまってから216年間に約1217113回の配達をしている。
  一度の配達における賃金が冒険者の初期所持金と同額の10ギルと仮定すると
  216年間で約12171130ギルの収入、地球時間にして時給176ギルの収入。
  一度の配達が約264歩、
  エルヴァーンの少年の駆け足の歩幅を40cmと仮定すると配達距離は105.6m
  ヴァナ時間一日に約1647m、一ヶ月に約49.5km、一年に約595km
  冒険者の時代がはじまってからの走破距離は約128520km
  これは地球三周強の距離に相当する。

ちなみにサンドリア王国のクエスト「冒険者の日記」において我々冒険者の手から彼の母親に「咳止めの薬」がもたらされることになるのですが、この薬がイマイチ効かなかったのか、それとも他に欲しいモノがあるのか、はたまた仕事が生き甲斐になってしまったのか、今日も今日とてラミネール少年は配達の仕事を続けるのであります。こんにちは、配達に来ました!

救世主の条件 

アビセア-エリアには、クエスト、エンシェントジェイド、アートマを対象にしたアチーブメント(達成状況)が存在します。我々冒険者の行動記録を管理するヒトが教えてくれるアレ、と言ったらわかりやすいかもしれません。いずれかのエリアのアチーブメントが100%に到達すると「異界の訪問者」という称号が与えられ、以降エリアが増える毎に「異界の協力者」「異界の戦士」「異界の強襲者」……と称号が変化し、全てのアビセア-エリアのアチーブメントを100%にすると「異界の救世主」という称号と「救世の人工アートマ」が取得可能になります(下記参照)。

・コンプリートエリア01箇所「異界の訪問者」
・コンプリートエリア02箇所「異界の協力者」
・コンプリートエリア03箇所「異界の戦士」
・コンプリートエリア04箇所「異界の強襲者」
・コンプリートエリア05箇所「異界の破壊者」
・コンプリートエリア06箇所「異界の勇者」
・コンプリートエリア07箇所「異界の英雄」
・コンプリートエリア08箇所「異界の覇者」
・コンプリートエリア09箇所「異界の救世主」

気になる「救世の人工アートマ」の性能は「すべてのステータス+(大)、すべてのステータス変化耐性+(大)、時々被ダメージ吸収」というモノ。取得までの労力に見合った性能なのかと問われると正直ビミョーなところだと思いますし、そもそもクエストにしてもエンシェントジェイドにしてもアートマにしてもすべてを揃える必要はないと言うかむしろ無くても困らないモノの方が多いくらいですから、このアチーブメントはドチラかと言うと「コレクター向け要素」な感が強く、わたくしふぁっしょんも「へー。そんなモノがあるんだ」程度にしか気にかけていなかったのですが、そこは廃人の性(サガ)。気が付けば「禁断の地アビセア」と「アビセアの死闘」エリアのアチーブメントが100%まで到達し「異界の勇者」なんて呼ばれていたので、もしかするともしかするかもみたいな流れで「救世の人工アートマ」の存在を意識するようになった次第。

と言っても「アビセアの覇者」エリアに関しては、アビセア-アルテパのアチーブメントだけはそれなりに進行してはいるものの、他の二箇所──アビセア-ウルガランとアビセア-グロウベルグに関してはまったくの手付かずと言っても過言ではない状態。ふぁっしょんさんがアビセア界の救世主として認められるにはもう少し時間が必要になりそうですが、これまでと同様にぼちぼちペースで頑張っていこうかなとか思っていたりします。ぼちぼち。

Easy Jesus 

20110214.jpg

天神地祇とは……天津神と国津神。天津神は天上(高天原)の神々、国津神は地上に現れた神々の総称。天津神を天神(てんじん)、国津神を地祇(ちぎ)とし、すべての神々を指して「天神地祇(てんじんちぎ)」と呼ぶ。

服用した者は神に近付くと言われる幻の神薬「天神地祇の薬」は、地球時間03分間だけHP9999/MP9999、全ステータス999、リジェネ、リフレシュ、リゲイン等の超絶強化を得られる究極のテンポラリアイテム。当然ながら(または残念ながら)こんなゴイスーなお薬がそうそう簡単に手に入るはずもなく 200万クルオという大金、と言うか大クルオの支払いが条件。この額がいかに法外かを説明するには、はじめてクルオという概念が登場した「禁断の地アビセア」から半年間でふぁっしょんさんが貯めたクルオは 120万クルオだったと言えばわかりやすいかと思います。

しかしながらアビセア連続クエストのコンプリート報酬「天地のジェイド」を所持している場合に限り、大幅な割引が適応。20万クルオというリーズナブルなお値段で「天神地祇の薬」が取得可能に。そのおかげで昨今では「天神地祇の薬」の服用を前提とした戦術が採られることもしばしば。かく言うわたしも、すでにアビセア連続クエストはコンプリート済なので(日記にはまだ書いていませんが)「天神地祇の薬」の使用機会も増えていたりするのですが、いかに元値の1/10と言っても20万クルオだって相当な大金、と言うか大クルオ。失敗が許されない一発勝負に賭けるとなるとその緊張感はビッグバン級。

中でもカトゥラエ族の女王ラーニー戦のときなんかは「天神地祇の薬」を服用した途端に頭の中が真っ白になって、攻撃のタイミングをことごとく外してダメージを吸収されまくった挙句、トドメを刺すことが出来ないまま薬の効果時間が切れたりとか、もう一個の薬を注ぎ込んで強引に押し切ったまでは良かったもののお目当てのエポナリングが落ちなかったりとか、後日三度目の正直とばかりに突撃したときは「抗アムネジア薬」の併用を完全に失念してアムネジア状態、手も足もウェポンスキルも出せずまたしてもタイムアップとか、もーさんざん。

役満をテンパイしただけで煙草を持つ手が震えちゃうチキンハートのふぁっしょんさんですから、こういうプレッシャーはきついんですって。マジで。

Never Let Me Down 



全てのカトゥラエを討伐したご褒美(『神のみ座と御使い』のコンプリート報酬)としてヨアヒムさんから渡される「審判のジェイド」は、アビセア界のノートリアスモンスターの弱点を教えてくれる便利なジェイド。この「審判のジェイド」が一体どのように弱点を教えてくれるのかという具体例は以下の通り。

■赤色の弱点の場合
→属性ウェポンスキル(弱点候補以外のモノでも可)を使用した際に「モンスターの弱点は(属性種)のウェポンスキルのようだ!」と表示。

■青色の弱点の場合
→物理ウェポンスキル(弱点候補以外のモノでも可)を使用した際に「モンスターの弱点は(武器種)のウェポンスキルのようだ!」と表示。

■黄色の弱点の場合
→魔法(弱点候補以外のモノでも可)を使用した際に「モンスターの弱点は(属性種)の魔法のようだ!」と表示。

ご覧の通りズバリ正解を教えてくれるわけではなく、あくまでヒントまでといった感じ。さらに絶対確実の100%表示じゃない点もタマにキズですが、それでも弱点を探す手間が大幅に削減されることに間違いはなく、とてもとても有用なジェイドと言えます。こんなお宝を隠していたなんてヨアヒム抜け目ないよヨアヒム。

しかしながらわたくしふぁっしょんの「審判のジェイド」は、中のヒトがぐうたらのナマケモノみたいでウンともスンとも言わないこともしばしば。ワンちゃんとかニャンちゃんが飼い主に似ると言われるように「審判のジェイド」も持ち主に似るなんてことがあるのでしょーか。誰がナマケモノやねん。

石印を集めろ! 

2010/12/07のVer.UPにおいて、攻撃力特化型キーラと命中特化型キーラを強化するための新しい試練が追加されたので「面倒くせーんだよぉ」と愚痴りながらも早速挑戦です。今回追加された試練はいままでのように「指定されたモンスターを指定数撃破する」というモノではなく「各武器に対応した属性の『石印』を15個集めてくる」ことが条件。例えば命中特化型キーラ(雷属性)ならば15個の「雷の石印」が必要になり、攻撃力特化型キーラ(火属性)ならば15個の「炎の石印」が必要になるという具合。

となると問題は「石印」の入手手段なのですが、LV50以上のモンスターならば種族を問わず、天候、曜日に対応した属性の「石印」をドロップ。例えば雷曜日にLV50以上のモンスターを撃破すれば「雷の石印」を落とす(可能性がある)という仕組みになっています。ちなみに雷曜日の水天候時の場合だとドロップは「水の石印」になるので曜日より天候が優先されるみたい。しかしながら「石印」のドロップ確率は「糞」が付くほど低確率に設定されており、該当曜日に一日中 (つまり地球時間で01時間) 狩り続けても、たったの01個しかドロップしないなんてこともザラ。というわけで相変わらずのマゾ試練が待ち受けているのかと思いきや、意外なことにこの「石印」は競売所での取引が可能なので、お金さえ惜しまなければ過去最高に楽ティンな試練だったってオチ。

新規導入アイテムの例に漏れず、この「石印」も当初は10万ギルだの20万ギルだのといった高値で取引されていましたが、いくら低確率ドロップと言ってもフルアラ級の戦力で数えきれないほどのモンスターを殲滅するアビセア式レベリングに参加すればそれなりに鞄の中には入ってくるし、そーこーしているうちにカカッと試練を達成したハイジンのヒトが不要になった「石印」を売り払ったりして、競売出品数はウナギノボリ。その次に待っているのは暴落の流れで、目をサラのようにして底値を見極めながらキーラ強化完了のお知らせです。ちなみにこの「石印」に風のクリスタルをあてると同属性の宝石を削り出され、ハイクオリティ(HQ)が発生した場合はLV86の属性ピアスやLV90の属性リングの材料となる「精霊石」に変化するのだとか。へー。ほー。

■メイジャンの試練:No.2288
・「炎の石印」を15個集める。
→キーラ+2:D43 隔190 STR+9 攻+20 LV90~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.2292
・「雷の石印」を15個集める。
→キーラ+2:D43 隔190 DEX+9 命中+15 LV90~シ吟踊

神のみ座と御使い(3) 



「アビセアの覇者」エリアに登場するカトゥラエに挑戦するには複数の「だいじなもの」が必要になり、それだけでも手間がかかるってのに取得までの手順もとてもとてもややこしいときている。具体的にどうややこしいのか、女王ラーニーを例に挙げて説明するとこんな感じ。

 砂まみれの破片→タブリーラ水銀┐
                ├→折れた鉄巨人の角─┐
 燃えさかるうで────────┘          ├→ラーニー出現!
 潰れたチャリオットの核───────────────┘

しかもタブリーラ水銀や折れた鉄巨人の角を握っているノートリアスモンスターはエンピリアン装束の型紙も落とすおかげでソッチ目的のヒトたちが連戦していたりするし、そうなるとポップポイント自体が奪い合いだし、おまけにトリガーは100%ドロップじゃないので落ちなかったらやり直しだしでギスギスがマッハ。ラーニーよりもラージャーよりも最大の敵は同業者(プレイヤー)だったってオチ。

■ラーニー(Rani)
→アビセア-アルテパに出現するカトゥラエ族の女王。潰れたチャリオットの核折れた鉄巨人の角が誘き出すためのエサになります。アビセア最強のノートリアスモンスターと名高いこのラーニー。しかしながら、いざ戦ってみるとそこまで無茶苦茶ってわけでもなく拍子抜けしたりするのですが、実は後半戦(HP50%未満) からが本当の地獄のはじまり。範囲魅了(シポイ化)の「インスロール」と究極精霊魔法の「メテオ」を使用するようになり、それだけでも厄介だってのに鉄壁のダメージカットと超絶効果のリジェネまで加わるものだから手に負えない。あまりの凶悪さに「天神地祇の薬」を使用する戦術が一般的になるアリサマ。王たるラージャーが霞んじゃうほどに圧倒的な強さの持ち主だったりするのですが、カトゥラエの世界でもやっぱし女は強かったってことなのでしょーか。

■ラージャー(Raja)
→アビセア-グロウベルグに出現するカトゥラエ族の王。誘き出すエサは、歪んだチャリオットの装甲千切れた鉄巨人の鎖。女王ラーニーのケタ外れの強さに影が薄れがちなのですが、腐ってもカトゥラエ族の王、そんじょそこらのモンスターとは別格。最大の特徴は範囲ダメージ+サポートジョブ無効化の特殊攻撃「ロイヤルデクリー」。シーフなんてサポジョブを無効にされたら手も足もでないミミズ状態です。決して弱くはないけれど「天神地祇の薬」を使用するのも勿体ないくらいの中途半端な強さのラージャーの場合、一から十まで正攻法で乗り切る必要があるので、そういう意味ではラーニーよりキツイと言えるかもしれません。エポナリングやヘカテーピアスに匹敵するキラ星のごときお宝を持ち合わせていない点も「天神地祇の薬」の使用を躊躇させる要因。

神のみ座と御使い(2) 



そんなこんなで本日は「禁断の地アビセア」および「アビセアの死闘」に登場するカトゥラエたちについて。先日の日記にも書いた通り、わたしは何時間待ち続けても一向に姿を現さないことがザラだったLV85上限時代に全て撃破していたりするのですが、もちろんペットボトルは使っていません。使ってないんだったら!

■イラタム(Iratham)
→ヴァナ・ディール時間21時にアビセア-タロンギに出現。オーラのようなバリアのようなモヤモヤを身に纏っているときには魔法攻撃力が大幅にアップ、桁外れの威力のガ系精霊魔法を喰らって「アッー!」という間に蒸発なんてことも有り得る恐ろしい相手なので「禁断の地アビセア」エリアのモンスターと言えどもアナドルナカレ。ちなみに時間ポップ型カトゥラエの共通点として、満月およびその前後の日には常時出現(撃破後約15分でリポップ)になるようです。

■ヤーネイ(Yaanei)
→ヴァナ・ディール時間15時にアビセア-アットワに出現。出現条件に様々な憶測が流れたレアポップ時代「各エリアの召喚獣型モンスターとの抽選ポップ」という説はわりと信じるヒトが多く、戦力の半数はパラダモ山頂で待機、別の半数はイフリート型召喚獣(Tejas) をひたすら撃破なんてことをしていました。そーこーしているうちに出現間隔短縮調整が入って今日に至るわけですが、当時の出現条件って一体どんなモノだったのか気になると言えば気になります。

■クタレイ(Kutharei)
→ヴァナ・ディール時間09時にアビセア-ミザレオに出現。レイダーブーメランを入手するべく張り込んでいた頃のクセが未だに抜けず、アビセア-ミザレオに突入後は真っ先に天華崎を偵察しちゃうふぁっしょんさんガイル。当時はひたすら苦戦して「カトゥラエとはこうも凶悪な相手なのか……。ゴクリ」と戦慄したモノですが、瀕死ダメージ+ディスペル+ヘイトリセットの「バナレットチャージ」対策がシッカリと出来れば実はカトゥラエ族の中でも最もオトナシイ子。

■シポイ(Sippoy)
→ヴァナ・ディール時間の03時にアビセア-ブンカールに出現。赤色の弱点を突くべくサイクロンをブッ放したら周囲のファンガー族に加え、たまたま通りかかったラムウ型召喚獣のおっさん(Fulmotondro) まで巻き込んで大混乱。てんやわんやの騒ぎの中、ふぁっしょんさんが誤って救援要請。……という具合に、本来とは別の意味で大苦戦したカトゥラエ。コマちゃんがアスピドケロン戦で救援要請を出した話を聞いて大爆笑した罰が今頃になってあたったみたひ。

次回へつづく

神のみ座と御使い(1) 



アビセア界の人々を苦しめてきた九匹の悪名高きモンスターを撃破したあと、連続クエストは「神のみ座と御使い」へと進行。ふぁっしょんさんに与えられた次なる使命は、全てのカトゥラエ──歩兵のシポイ、馬のクタレイ、象のヤーネイ、戦車のイラタム、女王のラーニー、王のラージャーの討伐。ちなみにこの「神のみ座と御使い」はクエストオファー以前に撃破したカトゥラエもちゃんとカウントされる親切設計なので、先走っちゃったヒトも安心です。

しかしながらカトゥラエ族と言えばツエーとかヨエーとか以前に、四半日のあいだ待ち続けても姿を現さないなんてこともザラにあるノートリアスモンスター。過去の日記を紐解くと「もしもカトゥラエ族が撃破必須みたいな流れになると、お目にかかりたくても滅多に目にかかることができない相手だけに困ったことになりそうです」みたいなことを書いていたりするのですが、不吉な予言は良く当たるという迷信そのままの結果になってワロタ。と言うかワロエナイ。

だいたい張り込みにペットボトルが必要になるくらいにレアポップなモンスターを課金型拡張バトルコンテンツの討伐対象に組み込むこと自体が無茶苦茶な話で (と言いながらも、わたしはレアポップ時代にシポイ、クタレイ、ヤーネイ、イラタムの四匹を撃破済だったりします) 「お金返して!」と文句が出て然るべきだと思うのですが、ドSの■eもさすがにヤリスギと反省したのか2010年12月のノートリアスモンスター出現間隔短縮調整によってカトゥラエ族にお目にかかる機会も激増。

このようにしてヴァナ・ディールの冒険者一億人(もいない)総ボトラー化の危機はとりあえず回避されたのだった。

次回へつづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。