スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈折する星くずの上昇と下降 



すでに一部のヒトたちは御存知だと思いますが、立つ鳥あとを濁して(←)ヴァナ・ディールにサヨナラをすることにしました。

リアルワールドはなかなかハードな世界だし、未だにタバコもやめられないくらい意思が弱いふぁっしょんさんですから、あるいは再びまたヴァナ・ディールへ舞い戻ってしまう可能性が無きにしも非ずというあたりが困ったところだったりするのですが、まあそれなりにぼちぼちと頑張ってみるつもりです。

というわけで、わたくしふぁっしょんのクロニクルたるこのブログも本当に本当の最終回。何となくブログというモノに手を出して「三日坊主はカッコ悪いから四日更新を目標にしよう」という非常に低いココロザシから始まったこの日記もアレヨアレヨという間に五年とか。こんなにも長く続けることができたのもひとえに皆様が(なま)あたたかい目で見守ってくれたおかげだと思います。

まだまだ冒険を続けるヒトも、既にやめちゃったヒトも、わたしのフレだったヒトも、全然からまなかったヒトも──ヴァナ・ディールという名の架空の世界で同じ時間を共有した All The Young Dudes にたくさんの「ありがとう」を。

そして、いつかまたどこかで。

2011/03/30 Fashion (Pinkspider)
スポンサーサイト

少女との約束 



そんなこんなで、ヴァナ・ディールの並行世界「禁断の地アビセア」を舞台にしたお話もこれにて完結。エンシェントジェイドやアートマによるプレイヤーの超人的強化、弱点の概念を取り入れた戦闘システム、桁外れの取得経験値、エンピリアン装束に代表される高性能な武器防具等、既存の常識をブチ壊した課金型拡張バトルコンテンツ「禁断の地アビセア」三部作は好評をもって受け入れられたどころか、むしろFFXIのすべてをアビセア一色に塗り替えてしまった感さえあります。

・禁断の地アビセア………………………[2010/07/27]
・ククルカンデファンガー………………[2010/09/01]
・アートマの秘密…………………………[2010/09/03]
・ブリアレオスフェラー…………………[2010/09/17]
・グラヴォイドスタンピーダー…………[2010/10/01]
・アビセアの死闘…………………………[2010/10/12]
・キレインキロインハープーナー………[2010/10/18]
・セドナタスクブレーカー………………[2010/11/04]
・イツパパロツルディクローアー………[2010/11/26]
・カトゥラエの謎…………………………[2010/12/03]
・アビセアの覇者…………………………[2010/12/17]
・レシェフエラディケイター……………[2010/12/20]
・ベンヌデプルーマー……………………[2011/01/11]
・アムピトリーテーシャッカー…………[2011/01/18]
・神のみ座と御使い(1) …………………[2011/02/01]
・神のみ座と御使い(2) …………………[2011/02/03]
・神のみ座と御使い(3) …………………[2011/02/04]
・救世主の条件……………………………[2011/02/16]
・異界の救世主……………………………[2011/03/09]
・Moonage Daydream (1)…………………[2011/03/22]
・Moonage Daydream (2)…………………[2011/03/24]

その一方「アルタナの神兵」以降のFFXIって過去世界や並行世界が舞台に選ばれているおかげでマップやモンスターは既存のマイナーチェンジに留まり、まあソレはソレで「アッチの世界のあのヒトは……!!」みたいな演出も可能になるので一概に悪いとは言えないのですが、FFXIが既に一昔前のゲームという位置付けにある点や続編が絶賛(?)稼動中という点から省エネ設計にならざるを得ないオトナの事情はとりあえずさておき「ジラートの幻影」や「プロマシアの呪縛」、「アトルガンの秘宝」のときのように、未踏の大地を開拓するワクワク感を味わえないというのはやっぱしちょっと寂しいと思ったりもするのであります。まる。

Moonage Daydream (2) 

アビセア-エリアに棲息するノートリアスモンスターたちと同様に、この神竜にも三色の弱点が存在し、赤色の弱点によって「終焉のアートマ」が取得可能、青色の弱点は武器防具類のドロップ確率がアップ、黄色の弱点は各種素材のドロップ確率がアップします。「トリプルアタック+、クイックマジック、オートリレイズ」が付与される「終焉のアートマ」は言わずもがな、黄昏とトワイライトの名を冠する武器防具に関しても「神竜のお宝」として相応しい超高性能な逸品ナノダ。

■黄昏の帯 【腰】LV90~モシ獣狩忍青コか踊
 防8 ダブルアタック+2% ヘイスト+7%

■黄昏の光輪【首】LV90~All Jobs
 被ダメージ-5%

■黄昏の羽衣【背】LV90~白黒赤吟召青か学
 防7 HP+25 MP+25 曜日/天候と同属性の魔法:補正アップ

■トワイライトメイル【胴】LV90~戦ナ暗獣侍竜
 防70 STR+15 DEX+15 VIT+15 AGI+15 INT+15 MND+15 CHR+15 命中+25
 リフレシュ コンビネーション:オートリレイズ

■トワイライトヘルム【頭】LV90~戦ナ暗獣侍竜
 防41 STR+10 DEX+10 VIT+10 AGI+10 INT+10 MND+10 CHR+10 攻+25
 リジェネ コンビネーション:オートリレイズ

■トワイライトプリス【胴】LV90~白黒赤暗召学
 頭装備不可 防51 MP+75 魔法攻撃力アップ+15 敵対心-15
 インパクト使用可能

■トワイライトナイフ【短剣】LV90~戦赤シ獣吟狩忍コ踊
 D40 隔190 クワッドアタック+3% 追加効果:HP/MP/TP吸収

■トワイライトサイズ【両手鎌】LV90~暗
 D128 隔513 STR+8 追加効果:デス

黄昏の名を関する三種の防具のドロップ確率はそれなり、逆にトワイライトの名を冠する武器防具は青色の弱点を突かない限りドロップは期待できないレア枠という位置付け。ふぁっしょん的注目アイテムはやっぱし「黄昏の帯」。装備可能ジョブこそ限られるものの、長年に渡って「最高」の座に君臨し続けたスピードベルトはおろかニヌルタサッシュにまで引導を渡すトンデモ性能。こんな防具がハズレ扱いレベルでボロボロ落ちるとかアビセア界はホンマ恐ろしいところやで!

そしてプリッシュたんから渡される最後の報酬「天地のジェイド」は、あの「天神地祇の薬」を大幅割引価格で購入可能になるエンシェントジェイド。コレって一応アビセア界のふぁっしょんさんの形見という設定なのですが、こんなチート性能のエンシェントジェイドを持っていながら男神プロマシアに敗北しちゃうアビセア界のふぁっしょんさんってとてもとてもフガイナイと思います^^;

Moonage Daydream (1) 



艱難辛苦の末にすべてのカトゥラエ族を討伐したふぁっしょんさん。次に示された目的地は空に浮かぶあのお月様。となると宇宙船がアーだとか宇宙服がコーだとかヘルメットがなければ即死だったみたいな話になると思いきや、実際はそんな面倒なことは一切なしに10000クルオとトラバーサー石さえ用意すればクフィム島(F-7)の転送ポイント(Transcendental Radiance) から「アッー!」という間に月世界へワープ。以下、激しくネタバレ。

そしてプリッシュたんが語る驚くべき真実。アビセア界とは、我々冒険者が黄昏の男神プロマシアに敗北したヴァナ・ディールの並行世界──すなわちアビセア界のふぁっしょんさんがプロマシア-ミッションをコンプリートできずゲームオーバーしちゃった結果、虚ろなる闇を取り込んだ男神プロマシアは人々が畏怖する象徴の塊「神竜」へと変貌。真世界の到来=人間絶滅作戦を進行し、アビセア界をこんなふうにメチャクチャにしたのであります。ひぎぃ!

……というわけでアビセア界の命運を賭けた最後の戦いは06人制限30分一本勝負のバトルフィールド。相手はもちろん神竜です。このバトルフィールドはアビセア-エリアと同じ位置付け(『アビセア-天象の鎖』)になり、エンシェントジェイドとアートマによるパワーアップが可能。逆に言えば神竜もそれ前提の強さと言いますか、そもそも神竜って過去のファイナルファンタジーシリーズではゲーム終了後のヤリコミ要素におけるボス格だった相手ですから、その凶悪さはビッグバン級。

範囲攻撃扱いの通常攻撃に加えて、後方に対してはスタン、側面に対してはノックバックの追加効果。特殊攻撃使用時および魔法詠唱中は被ダメージ吸収。カタクリスムヴォルテクス、コズミックブレス、ダークマター、アトミックレイ、ジャイヤチャージ、マイティガード、スーパーノヴァ、プロトスター。さらに精霊ガ系魔法に古代魔法、コメット、メテオと並べただけでもヤバイ攻撃が目白押し。

相手が神様なら自分も神様になるしかないってことで「天神地祇の薬」を飲み干すふぁっしょんさん。うい~ヒック。神様対神様の「アルマゲドン」とも呼べる最終決戦の果てに生き残るのは誰だ……!?

次回へつづく

No.2660 



2010/12/07に追加されたマンダウ強化の新たな試練は、デュナミス-ボスディンに出現するハイドラ戦隊(マンダウの場合はQuiebitiel氏)の討伐。それだけでも面倒だってのに、お得意の水増し仕様が適応されてその必要討伐数は五回とか。

■メイジャンの試練:No.2660
・デュナミス-ボスディンに出現するQuiebitielを討伐×5
→試練達成によって得られる追加性能:D値+3、攻+5

苦行としか言いようがなかったウェポンスキルノックから解放されたことは素直に嬉しいのですが、レベル上限が解放され冒険者が強くなった現在でもデュナミス-ボスディンのハイドラ戦隊はひとりでどーにかなる相手ではないし、御存知の方は御存知のようにデュナミスには地球時間72時間の入場制限が存在するおかげでどう足掻いても試練達成までには最低でも15日はかかるし、そもそもわたしが所属していたデュナミス攻略チームは一年以上も前に解散しちゃったしでこれまでとはまた違ったベクトルのマゾ試練。八方塞がりとはまさにこのことです。

さすがに今度ばかりは「ピンクスパイダーもうダメだ!」と半ば諦めかけていたのですが、「捨てる神あれば拾う神あり」とは良く言ったもので、耳を澄ませば何処からともなく聴こえてくるデュナミス攻略のシャウト募集。というわけで野良編成のデュナミス攻略チームに潜り込んで、陰鬱なデュナミスの世界を再び駆け抜けること幾星霜(具体的には一ヶ月くらい)……。過去最難関と言っても過言ではない糞ダルイ試練を乗り越えて、ついにマンダウちゃんの強化完了のお知らせ。

今後もこの調子で試練が続くと仮定すると、LV95の試練が宝剣の欠片、LV99の試練がデュナミスロードの討伐なんて未来が容易に想像できたりするのですが、かつてのハイドラ戦隊と同じようにレリック所有者もまた未来永劫「魂の牢獄」に囚われ続ける運命ってことなのでしょーか。そんなの嫌だぁぁぁぁぁ!

異界の救世主 

20110309a.jpg

──────:皆様こんばんは。本日は全アビセア-エリアのクエスト、エンシェントジェイド、アートマをコンプリートして、見事「異界の救世主」の称号を手に入れたふぁっしょんさんにお越し頂きました。ふぁっしょんさん、おめでとうございます。リアルはともかくアビセア界では素晴らしい活躍でした。
ふぁっしょん:それほどでもない。なんちゃって(笑)。
──────:今日び第一声にブロントさんネタとかこの後のインタビューが不安になりますが、とりあえず偉業達成までに最も苦労した点を教えてください。
ふぁっしょん:「型紙」や「五行」の素材等を握る人気モンスターのエンシェントジェイドやアートマがキツかったですね。いつ出かけても先客がいるみたいな状況だったので。わたしは結構人見知りする性格なのですが、「戦利品はいらないのでアートマだけ頂けませんか?」みたいな感じにコミュニケーション力を磨いて交渉も頑張りました。ちなみにコミョニケーション力の力はりょくとは読まず、ぢからと読んでください。ちにてんてんです。
──────:リアルではヒッキーに片足を突っ込みかけているクセして生意気なコメントですね。その他に苦労された点はありますか?
ふぁっしょん:そうですね。シーフ(サポ忍)は2/13の確率でしか赤色の弱点を突くことができない点もなかなか大変でした。わたしの場合、育成ジョブが偏っているおかげで仮にジョブチェンジしたとしても使えない属性ウェポンスキルとかも結構多いんです。
──────:つまりエンシェントジェイドとアートマはほとんど寄生状態で手に入れたというわけですね。何となくそんな予感はしていました。では、クエストについてはどうでしたか?
ふぁっしょん:アビセア-ミザレオの「ミッシングボム」みたいに明らかにコンプリート阻止を目的に作られたっぽい意地悪なクエストも幾つかありましたが、時間さえかければひとりでも何とかなるモノがほとんどだったので、コツコツと進めているうちに何とかなっちゃいましたね(笑)。
──────:何がおかしいのかサッパリですが、友達がいないのに暇だけは持て余しているふぁっしょんさんの状況にガッツリとハマったわけですね。最後に読者のヒトたちに何かメッセージをお願いします。
ふぁっしょん:言葉にすると月並みになっちゃうんですけど、やはり皆様の協力があったからこそ手に入った「異界の救世主」の称号だと思います。まさしくFFXIのテーマでもある「絆」ですね。絆のずは、すにてんてんです。
──────:てんてんは本当どうでもいいです。ありがとうございました。
ふぁっしょん:ありがとうございました。

20110309b.jpg

ジシュヌの光輝 



『マハーバーラタ』は古代インドの宗教的、哲学的、神話的叙事詩。パーンダヴァ王家とカウラヴァ王家に起った同族間戦争を主題とし、様々な伝承やヒンドゥー教の説話、詩などが付け加えられる。サンスクリットで書かれた原本は全18巻、10万詩節、20万行を超えるとされ、これは聖書の四倍の長さに相当する。ジシュヌとはこの『マハーバーラタ』に登場する英雄アルジュナの別名。ガーンデーヴァを所有する弓矢の使い手である。

■ジシュヌの光輝
 属性:光/核熱 ステータス補正値:DEX60%

ガーンデーヴァ(LV85)、またはハリアー+1を装備した時にのみ使用可能になる固有のウェポンスキル。一回~三回攻撃。三発以上の矢弾が残っていれば必ず三回攻撃になるが、一発しか残っていない場合はリサイクルの発動がないかぎり一回攻撃になってしまう。クリティカルヒット確率修正。ガーンデーヴァ装備時には時々二倍撃のアフターマスが発動。遠隔攻撃では初の多段ウェポンスキル。天に向かって光の矢を放ち、三度の落雷を相手の頭上に落とす。全段命中すればサイドワインダーと同等、またはそれ以上のダメージを期待できる。アビセア-エリアでは「灰塵のアートマ」との相性が良く、3000を越えるダメージを叩き出すことも可能。ただし発生するヘイトも相応のため、ヘイトコントロール等の自衛が必要になる。ちなみにエンドレスショットは一発分しか効果を発揮しないので戦績矢等でこのウェポンスキルを撃つと涙を飲むことになるので要注意(『FFXI用語辞典』より)。

コマちゃんのハリアー+2も完成したので、仕方なく(←)紹介。近頃では狩人の出番もめっきり減り、忍者ばかりのコマちゃんが「ハリアーを作る!」とか言い出したときはとうとう本格的に頭がおかしくなったかと思いましたが、エンピリアン装束の作成なんかでも真先に「シルバン(狩人)型紙」を集めたりしているところを見るとナンだカンだ言ってもこのヒトは狩人が一番好きみたいです。

(2010/03/07追記)
例によってジシュヌの光輝のモーションをフィルム形式でマトメ。例の如くサイズの大きい画像なので折りたたみです。
続きを読む

ルドラストーム(3) 



ルドラとはインド神話における風と嵐の神。その名は「咆哮」の意を持つ。赤褐色の肉体に黄金の装身具を纏い、弓矢(あるいはヴァジュラ)を持つという。風水害をもたらす荒ぶる神とされる反面、慈雨をもたらして豊穣と人々の健康、安寧を保障する存在でもある。また『リグ・ヴェーダ』ではアスラとも呼ばれており、アスラ神族が悪魔とされる時代以前の名残を留めている。

■ルドラストーム
 属性:闇/湾曲 ステータス補正値:DEX60%

トゥワシュトラ(LV85)、またはダカをメインウェポンに装備した時のみ使用可能になる固有のウェポンスキル。三倍撃。追加効果ヘヴィ。またトゥワシュトラ装備時には時々二倍撃のアフターマスが発動する。公式トピックス(2010/08/30)において発表された映像では二度斬りつけて竜巻を発生させるエフェクトから「イオリアンエッジ」と同様の属性ウェポンスキルではないかとの憶測が流れたが、実際の物理ウェポンスキル。シーフによる不意打ち併用時、あるいはCAカザク+2を持つ踊り子がS.フラリッシュを併用した際には短剣のウェポンスキルとは思えないほどの高いダメージを叩き出すだろう(『FFXI用語辞典』より)。

そんなこんなでダカ+2が完成。ルドラストームのお披露目です。稀に良く「ルドラストームとマーシーストロークを較べたらドッチの方が強いの?」みたいな質問を受けるのですが、アテにならないふぁっしょんさんの体感(笑)で答えると「ルドラストームの方がちょっぴり強いかな」という感じ。と言ってもわたしの場合、比較対象が強化途中のマンダウ(LV85)なので、マーシーストロークのダメージアップが付与されると言われる最終強化まで完了したマンダウ(LV90)であれば、逆転の可能性は十分に有り得そう。

問題はルドラストームにしてもマーシーストロークにしても不意打ち、だまし討ちと併用してこそ威力を発揮するという点。2010/12/07のVer.UPによりトレハン効果も不意打ち、だまし討ちに大きく依存するようになったために「シーフさん、不意打ち(だまし討ち)はトレハン効果上昇だけに使ってください^^;」みたいな風潮もあったりなかったりして、不意打ち、だまし討ちとウェポンスキルの併用にリスクが生まれたうえに、冒険の舞台がアビセア-エリアばかりな昨今だとクリティカル確率修正のウェポンスキルがズバ抜けていることもあって、ナンだカンだでエヴィサレーション一択になっちゃうっていう。でっていう。

(2010/03/04追記)
ルドラストームのモーションをフィルム形式でマトメ。サイズの大きい画像なので折りたたみです。
続きを読む

ルドラストーム(2) 

引き続きダカへの試練。No.08の試練以降は 同じノートリアスモンスター討伐でも第二段階アビセアンが対象。つまり変色ジェイドを握りしめて立ったり座ったりのお仕事です。

■メイジャンの試練:No.08
・サンドリア方面に出現する第二段階アビセアンのYacumamaを討伐×6
→カルティカ:D33 隔201 攻+7 LV75~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.09
・ザルカバード方面に出現する第二段階アビセアンのFeuerunkeを討伐×6
→カルティカ:D33+5 隔201 攻+7 LV75~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.1092
・テレポイント-エリアに出現する第二段階アビセアンのTammuzを討伐×8
→カルティカ:D33+6 隔201 攻+7 LV75~シ吟踊

これまでの討伐対象はレベル的に見ると練習相手にもならないようなノートリアスモンスターばかりだったので、戦闘そのものよりもお目にかかるまでが最大の難関と言っても過言ではなかったのですが、今回の第二段階アビセアンはいずれも強敵ぞろい。しかも各エリアには二種類のアビセアンが存在していることから「狙っていない方のアビセアンが出現した;」なんてこともしばしば。さらに首尾良く対象のアビセアンを討伐しても今度は変色ジェイドが着色しちゃう可能性も孕んでいるおかげでいままでとはまた違った面倒があります。おまけに必要討伐数は六回だの八回だのと悪ノリ状態で水増し。こういうのって同じことの繰り返しになって作業感がハンパないんですけど、どーにかなりませんか。ムリですか。

■メイジャンの試練:No.1094
・アイテム:誕生のコイン×30枚
→ダカ:D42 隔201 LV80~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.1887
・アイテム:魔人印章×20個
→ダカ+1:D45 隔201 ルドラストーム LV85~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.2284
・アイテム:魔王印章×50個
→ダカ+2:D47 隔201 ルドラストーム LV90~シ吟踊

No.1092をもちましてエンピリアンウェポンとの共通試練は終了。No.1094から先はダカ独自の試練となります。先述の通り「誕生のコイン」の取得方法は「ウォークオブエコーズ」から。その次の「魔人印章」と「魔王印章」は意識せずともいつのまにか鞄の中に貯まっている類のアイテムなので No.1094の成否がダカ完成までの指針になると言っても過言ではなさそう。そんなこんなで幾多の試練を乗り越えた結果、野菜の皮を剥く程度の能力だったピーラーはダカ+2へ進化。究極奥義ルドラストームのお披露目であります。ユニヴァァァァァス!

次回へつづく

ルドラストーム(1) 

栄華、誕生、発展、衰退、滅亡の名を冠する五種類のコインによって強化する武器は俗に「劣化エンピリアンウェポン」なんて呼ばれており、専用ウェポンスキルは使用可能にはなるものの、性能に関してはあくまで「エンピリアンウェポンに次ぐ二番手」という位置に定められています。一昔前のハングリーなふぁっしょんさんだったら最強のエンピリアンウェポンを目指したかもしれませんが、メイン武器にマンダウちゃんがある以上サブ武器にエンピリアンウェポンを持っても100%の性能を引き出せそうもないし、期せずして「誕生のコイン」が揃っちゃったこともあるし、だいたいもうゲームばかりしていられるような年齢でもないし。

……と、一通り言い訳を並べてエンピリアンウェポンへの道からは早々にドロップアウト。昔の偉いヒトの人生哲学「No.1よりもNo.2」に倣って「誕生のコイン」で強化する二番手のダカを目指すことにします。そんなこんなでメイジャンモーグリさんから野菜の皮を剥く程度の能力のピーラーを受け取り、新たな試練に挑むことになったわけですが、あまりのフクザツさに頭がクラクラするような「メイジャンの試練」の派生表を、頭をクラクラさせながら確かめると、実は序盤から中盤までの試練内容ってエンピリアンウェポンとまるっきり一緒だったりします。あくまで二番手なのに労力だけは同じとか何だかスゲー損している気分なんだが?

■メイジャンの試練:No.02
・内ホルトト遺跡に出現するNocuous Weaponを討伐×3
→レネゲード:D27 隔201 LV75~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.03
・ロランベリー耕地に出現するBlack Triple Starsを討伐×3
→レネゲード:D27 隔201 攻+3 LV75~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.04
・ビビキー湾に出現するSerraを討伐×3
→レネゲード:D27 隔201 攻+5 LV75~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.05
・ムバルポロス旧市街に出現するBugbear Strongmanを討伐×4
→カルティカ:D33 隔201 LV75~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.06
・バタリア丘陵[S]に出現するLa Velueを討伐×4
→カルティカ:D33 隔201 攻+3 LV75~シ吟踊

■メイジャンの試練:No.07
・ガルレージュ要塞に出現するHoVering Hotpotを討伐×4
→カルティカ:D33 隔201 攻+5 LV75~シ吟踊

討伐対象のノートリアスモンスターは全て抽選型ポップ。つまり悪い方向にハマると「何時間も待ちぼうけ」なんてことも普通に有り得る上に、No.05とNo.07の試練はモンスターのリポップが遅いダンジョン-エリアが舞台なので張り込みに要する時間も倍増。このあたりでつまずくと数時間どころか一日単位で時間が無駄になることもザラにあったりして、さすがエンピリアンウェポンと共通の試練だけあってマゾっぷりも群を抜いています。逆に言うと良い方向にハマれば非常にスムーズに進行するのですが、基本的に運に見放されがちなふぁっしょんさんですからそんな期待はもちろんできニャイ。

改めて振り返ると、よくもまあこれだけの数のノートリアスモンスターを撃破したものだと他人事みたいに呆れたりするのですが、恐ろしいことに試練ははじまったばかり。「コマーシャルのあともまだまだ続きます!」とは別の意味で、すなわちホントのホントにまだまだ試練は続くのだった。

次回へつづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。