スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大いなる天光の継承者 



オーディンさんと共に召喚の契約が可能になったアレキサンダー。コチラも契約のためにはウデにモノを言わせる展開になるのですが(やっぱし)、その下準備としてまずはアルタナ各国からの承諾書と石墨の取得。承諾書に関してはジュノ及び三国への移動が面倒という点を除けば誰にでもできる簡単なお仕事なので割愛。問題となるのが石墨の方。

この石墨の入手方法は、ゼオルム火山またはハルブーンに棲息しているトロール族から強奪するか、あるいは上記エリアでの採掘、はたまた競売から購入のいずれかになります。言うまでもなく手っ取り早いのは競売購入ですが、Ver.UP直後のこの時期(つまり二ヶ月前の日記をいまごろ書いています^^;)、石墨の相場は絶賛暴騰中。クエスト進行のためにはこの石墨を三個も用意しなければならず、一個ならば懐を痛める程度のレベルで済んでも三個となると懐が致命傷。なので、自力調達をするためにつるはし担いでゼオルム火山へGO。あわよくばクロマ鉄鋼も掘り当ててウヘヘ……みたいな思惑もあったのですが、開始10分程度で採掘ポイント探しにも飽きはじめて、そこらへんを徘徊しているトロール族に殴りかかるキレたナイフのふぁっしょんさん。

最初はハルブーンに棲息している「丁度」のトロールを狙っていたのですが、16分ポップだし、棲息範囲はバラバラだし、肝心の石墨はちっとも落としてくれないしでイライライライラ……。一時間ばかりそんなことをして成果は見事にゼロ。このままではラチがあかないので、ゼオルム火山の「とて強」のトロールに手を出してみたら、アホみたいな勢いで石墨をボロボロ。古びた御守のフォモルと同じようにコチラも強さに比例してドロップ確率が変動するっぽいです。そうして揃えた三個の石墨を「高値で売り払いたい……」という欲望を抑えて、大雷池(だいじなもの)と交換。この大雷池がバトルフィールドのトリガーアイテムになります。ちなみにこのクエストも繰り返しオファーが可能 (二回目以降はクエスト名が『白き神』に変化する) なのですが、その都度三個の石墨と大雷池の交換が必要になります。

オーディン戦と同様、このバトルフィールドに関しても火力第一の特化編成で挑むのが定石。聖なる審判を筆頭にアトルガン-ミッションでもお馴染みの厄介な特殊攻撃を有するアレキサンダーさんですが、そんなモノを使う暇は与えずポンコツにしちゃうのがコツ。ちなみにこのバトルフィールドでは「絶対防御」が非常に有効だったりするのですが、ネ実風に言えば「アレキサンダーと契約していない召喚士はアレキサンダー戦に来るな!」ってところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。