スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

White Noise 



2009年04月09日に「ハートオブソラス」と「ハートオブミゼリ」のモードチェンジ型アビリティが追加され、生まれ変わったと言っても過言ではないくらいに変化を遂げた白魔道士。しかしながら、頭の出来が残念なことになっているふぁっしょんさんは未だにこのふたつのアビリティの効果を理解していないどころか存在自体を忘れて従来サイズのままケアルしていた、なんてこともしょっちゅうだったりするのですが、本日の日記ではそんなわたしが無謀にも白魔道士のメリポ強化について語りたいと思います。

・女神の印使用間隔……………(0/5)□□□□□
・ケアル詠唱時間………………(5/5)■■■■■
・属性耐性魔法効果……………(0/5)□□□□□
・バニシュ効果…………………(0/5)□□□□□
・リジェネ効果…………………(5/5)■■■■■

白魔道士のグループ01に関しては「ケアル詠唱時間」「リジェネ効果」「属性耐性魔法効果」の有用性は言わずもがな、一見、臼魔道士的な強化のように見えなくもない「バニシュ効果」も一段階強化毎に特殊防御力ダウン時間+2秒が付与される点を考慮すると実は悪くない選択だったりして、どの項目も非常に魅力的。……なのですが、レベル上限の解放によってサポ学者で「女神降臨の章(魔法の範囲化)」を使用可能になると考えた場合「女神の印使用間隔(と言うより女神の慈悲)」は微妙になっちまった感があるかもしれません。まあ白魔道士の役割と言えばやはり回復だと思うので、何を強化するべきか迷ったときは「ケアル詠唱時間」と「リジェネ効果」を選択しておけば間違いないと思います。というわけで実際に何を強化するべきか迷ったふぁっしょんさんは上記の二項目を選択。

・マーター………………………(1/5)■□□□□
・デヴォーション………………(3/5)■■■□□
・プロテアV ……………………(1/5)■□□□□
・シェルラV ……………………(5/5)■■■■■

白魔道士を育成していないヒトには「マーター」「デヴォーション」が耳慣れない感じだと思うので簡単に説明いたしますと「マーター」はパーティのひとりに自分自身のHPの一部を倍増して分け与えるアビリティ。使用間隔は20分。想像力が貧困なわたしは「MPが枯渇してパーチィ半壊。女神の祝福も使用不可能」みたいな絶体絶命時くらいしか使用場面が思い浮かばなかったりするのですが、ぶっちゃけそこまで追い詰められたら「マーター」があっても全滅までの時間が多少伸びるだけという気も……(汗)。なので、とりあえず使えるように程度の一段階強化。もう一方の「デヴォーション」はパーティのひとりに自身のHPの一部をMPとして分け与えるアビリティ。コチラも使用間隔20分。自己使用可能だったら迷わず五段階強化するところですが、他項目との兼ね合いで三段階強化のリキャスト15分で妥協。

残り二項目「プロテアV」と「シェルラV」は皆様ご存知だと思うので効果の説明は割愛。防御力というステータスがほとんど機能しておらず、物理攻撃は空蝉の術で完全回避が前提となっている現状、プロテアの価値はすっかり下落しちゃった感がありますが、シェルラを強化する以上、対になっていないと見栄えが悪いって理由だけで一段階強化。つまり飾りです。偉いヒトにはそれがわからんのです。

コメント

「偉い人にはそれがわからんのです」を会社でゆってたら上司に白い目でみられますた…【ボスケテ!】

オーロラすげー!

■ぷりんさん
ソコですかさず「気休めかもしれませんが、大佐(上司)なら上手くやれますよ」とフォロー(になっているのか?)です。

■オートマさん
パッと見「オートマすげー!」って見えちゃって、危うく「自演乙」ってレスするところだったぜ……。

リジェネに5振って
クレリクブリオー着て
説明しても結局はケアルで潰されてしまう
それがリジェネ

■Non Name様
かけた保険(リジェネ)を使う機会がなかったとしても「良かった。リジェネが必要なケガ人なんていなかったんだ……」と無駄ではなく幸福だったと考えるのが精神衛生的にもよろしいかと思われます、ハイ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。