スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケット・シーの助手 



まだまだ続くアルタナ-ミッション(過去三国連続クエスト)です。この「まだまだ続く」は「コマーシャルのあともまだまだ続きます!」と同義なので、つまりもうすぐエピローグってことです。

■影
→過去世界サンドリアのお話。アルフォニミル卿の幽霊を追跡して、ザルカバードからボスディン氷河、バタリア丘陵へ。その後はエグセニミルきゅんと一緒に戦うコンフロントバトル。このエグセミニルきゅんが相変わらず強いので戦闘はすべて彼に押し付けて我々はケアル連打で応援。ノンプレイヤーキャラクターを回復するだけのロールプレイングゲームがあった2010夏です。ソロ撃破報告も多く挙がっていますが、シビアなMP管理が求められるらしいのでウデに自信がないヒトはお友達とお誘い合わせの上ふるって挑戦するのが気楽でよろしいかと思います。もちろんウデに自信がないふぁっしょんさんはスパとふたりで挑戦しました。それにしてもこのタイトルってバストゥークのクエスト「潜みし影」と被り気味ダヨ。

■潜みし影
→過去世界バストゥークのお話。三匹のインプを相手に「正直者は誰だ?」のミニゲーム。落ち着いて推理すれば難しい問題ってわけでもないのですが、厄介なのは舞台がズヴァール城内郭という点。三匹のインプのもとへ辿り着くまでには強そうとかとても強そうクラスのモンスターが徘徊するド危険地帯を通過する必要がありまして、ヒント→戦闘→ヒント→戦闘→ヒント→戦闘……みたいな感じに進むものだから、ふぁっしょんさんは事前に聞いたヒントをスッカリ忘れて大ピンチ。どうしようもなくなってアテズッポウで答えたらたまたま正解だった。このクエストのコンプリート報酬である「魔滅の数珠」は次のお話「己の行く先に」で必要になるので、ヘボイ性能だからって捨てちゃ駄目ゼッタイ。

■壊乱、オズトロヤ城
→過去世界ウィンダスのお話。オズトロヤ城に監禁中のミスラたちを救出するためにまずは「僧房牢の鍵」を三個集めます。この鍵のドロップ確率が激悪でまったく落ちないみたいな話を聞かされていたのでビビリながら出かけたのですが、予想外にスンナリとコンプ。僧房牢の周囲にはアクチブなやぐうど族が密集徘徊しているのでドチラかと言うと鍵を使用して僧房牢を開く方が大変でした。クライマックスは現人神ヅェー・シシュたん(と二匹の風のエレメンタル)を討つべくオズトロヤ城の最上階へ。獣人軍将領討伐「不滅の邪神」を六人用にリサイズした感じのバトルフィールドなのですが、ヅェー・シシュたんのヴォーティコンサイスは相変わらずいやらしい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。