スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.1819 



もはや「拷問」と言っても差支えない第三の試練を終えてル・ルデの庭へ帰還したふぁっしょんさん。プラントイド類モンスターの血に塗れたマンダウを叩きつけるようにしてメイジャンモーグリさんにトレード。こんなにも苦労して得られた強化は相変わらずのD値+1(苦笑)。 さらに恐ろしいことにマンダウ強化の試練にはまだ続きがありまして、その内容を怖いもの見たさでチラッ。

■メイジャンの試練:No.1818
・バード類モンスターに対してマーシーストロークで2000回トドメをさす。
→試練達成によって得られる追加性能:D値+1、攻+5

1500匹でも死ぬ思いをしたのに今度は2000匹とか、むしろ悪い方向へパワーアップしている始末。唯一の救いは短剣(突属性)との相性が良いバード類モンスター指定という点ですが、真っ先に思い浮かぶ我々のコリブリはレベリングでも大人気ですから奪り合いオンラインに巻き込まれるのは確定的に明らか。その次くらいに一般的なトゥー・リアの死鳥を試してみても、LV75視点で「ちょうど良い」とか「同じくらいの強さ」の相手なので乱獲するには微妙に強かったりで、実は手頃なエモノがなかなかいない。有名な穴場(矛盾した表現)として怨念洞のコウモリという手もあることにはあるのですが、コチラはコチラでアポカリプスのヒトとか天の村雲のヒトが定住状態(どちらも第四の試練にバード類モンスター指定)。

メインテーマが「絆」のFFXIで遊んでいるはずなのに、ヒトがいない場所を求めて北へ南へ。ヴァナ・ディールでもヒキコモ生活を余儀なくされたふぁっしょんさんが辿り着いたエモノはメリファト山地(過去)のコカトリス時々トライマライ水路のコウモリ。そんなこんなで一週間をかけて第四の試練も完了。ものすごくサラリと書いていますが、土曜日と日曜日をまるまる潰したのは言うまでもなく、二日分の有給休暇も消費しています。基本的にわたしはたいして熱くもない熱湯風呂に飛び込んで「熱い死ぬ助けて!」と大騒ぎする三流芸人みたいなところがあったりするのですが、この第四の試練は掛け値なしにキツかった。

■マンダウ【短剣】LV80~赤シ吟
 D43 隔176 攻+25 マーシーストローク 追加効果:毒

隕石を破壊できるくらい強化されたスファライあたりと比較した場合、見劣りする感が否めない微々たる強化とはいえ、未強化のマンダウと D値+4と攻+5の差があるわけですから、チリも積もれば何とやらです。ちなみにLV75-LV79のレベルシンク下に置かれるとマーシーストロークが使用不可になる上に性能も大幅に劣化。良くも悪くも装備可能LV80のまったく新しい武器に生まれ変わる感じですネ。

コメント

ミシックが今回の追加メイジャンはかなり強化された感じですなぁ
D値に加えアフターマスの効果時間延長、性能アップとなんかずるぃ
うちのマンダウはまだまだ三段階ですが(笑
予想されている9月のBAには間に合うのか不安
そういえば追加で80になって同名だけど別な武器になったレリックですが75のマンダウと80のマンダウとか出来るんですかねー

まだメイジャン2段目が終わってなくて
涙目なんですが
あと900とかでもしんどいのに
2000体x2が控えられてるとかなきそう

■Non Name様&だいにちさん
わたしは一日分のノルマを決めてマンダウの強化を進めていたのですが、考えたらソレってまるっきり仕事だっていう。次の試練は別の方向性でお願いしたいところですけど、そうすると今度は「稀にポップするハイレベルノートリアスモンスターが稀に落とす素材をン百個」みたいなオチになりそうだからコワイ。ブラオドルヒとシロッコククリの二刀流が「ブラシロ」と呼ばれているように、マンダウ(LV80)とマンダウ(LV75)の二刀流が可能だったらやっぱし「マンマン」って呼ばれることになるのでしょーか。妄想力が旺盛なわたしは卑猥な語感にドキドキです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。