スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.2249 

レリック武器を鍛え上げるほどの真性マゾヒストたちをも戦慄させた「メイジャンの試練」のウェポンスキルノック。開発のヒトたちもさすがにやりすぎたと思ったのか、2010/09/09のVer.UPにおいて難易度の緩和調整が加えられたみたいです。というわけで早速ル・ルデの庭へGO。メイジャンモーグリさんが語る新たなマンダウ強化の試練とは……?

■メイジャンの試練:No.2249
・ドラゴン類モンスターに対してマーシーストロークで2000回トドメをさす。
→試練達成によって得られる追加性能:D値+3、攻+10

何も変化してねえええ、もう嫌だあああ! ……とドぎつい企画を押し付けられて内心ではちょっとオイシイと思っているのにとりあえず悲鳴をあげる芸人そのままのリアクションで大騒ぎしてみましたが、前回までは二段階の試練を達成 (1500回トドメ+2000回トドメ=3500回トドメ) する必要があったところを、今回は一段階の試練を達成(2000回トドメのみ)するだけで済むようになっていますからウェポンスキルノックの回数は実質半分近くまで減少。まあ問題の本質は「回数」にあるのではなく、延々とウェポンスキルでトドメをさし続けるという「作業感」にあると思うのですが、方向性はともかく緩和調整が施されたことには間違いない。

とにもかくにも討伐対象のモンスターを選別。ロールプレイングゲームの代名詞的存在のドラゴンですが、我々のヴァナ・ディールでは棲息数が極端に少ないこともあり、現実的に討伐対象になり得るのはプークのみ (やや強引に付け加えるならばワイバーンも)。 そんな具合なのでドラゴン類モンスターの討伐を指定されたヒトすべてがプークを狙うと言っても過言ではなく、奪り合いオンライン勃発の予感にはじめる前からもう胃が痛くなりそうなのですが、とにもかくにも多数のプークが棲息するワジャーム樹林へ。そして実際に試練を進めたところ、さすがにエモノを独占とまではいかないものの、混み合っているときにはプーク討伐の試練を受けているヒトとパーティを組んでトドメを譲ってもらうようにすれば、かなり気を使うことになりながらもドーにかコーにか試練の進行は可能。

そんなおり「同じナンバリングの試練を受けたヒト同士でパーティを組めばトドメのカウントが共有される」という「そんなウマイ話があるの?」的なウワサを耳にしたふぁっしょんさん。しかしながら、いかに数が多いと言ってもマンダウだってレリック武器。ましてや同じナンバリングの試練を進めているヒトと巡り会う可能性なんて相当限定されるわけで、そうそう都合良くマンダウ強化の同じ試練を進行しているヒトなんているはずネーヨみたいな感じにサーチをかけてみたら、なんと都合良くイターッ。すぐさまパーティを組んで確認してみると間違いなくトドメのカウントが共有されている。キャッホーッ!

効率的に試練を進められるようになった点ももちろん嬉しいのですが、他のヒトと力を合わせて同じ試練に挑戦できる「ひとりじゃねーよ……」的状況に実は何よりも感動的だったりして、例えるならばはじめて知ったヒトのあたたかさに目覚めたデビルマン状態です。デッビィィィィィル!!

■マンダウ【短剣】LV85~赤シ吟
 D46 隔176 攻撃+30 追加効果:毒 マーシーストローク

コメント

先生!マンダウが完成しました!
いま ビーストノックがんばってます
  • [2010/09/16 18:50]
  • URL |
  • フェンリル鯖の駆け出しです
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

■フェンリル鯖の駆け出しさん
おめでとうございます。わたしは現在 No.2249の半分あたりなのですが、同じ試練を受けているヒトと巡り会えたのは日記に書いた一度きり。まったく難易度緩和になっていなくて泣きそうです。早く追いついてアスラ鯖に引っ越してきて!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。