スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラヴォイドスタンピーダー 



課金型拡張バトルエリア「禁断の地アビセア」の連続クエストにおいて討伐を示唆される三匹のノートリアスモンスター。最後の一匹は巨大なウ(自主規制)コにしか見えないサンドウォームのグラヴォイドです。脂の乗ったコカトリスの皮瑞々しいマンティコアのたてがみ滲んだナットの翅湿ったサンドウォームの殻をエサに、この「伝承の大蚯蚓」を誘き出してアタック!

アビセア-エリア最強(最凶)のノートリアスモンスターと名高いグラヴォイドですが、強さの秘密は二種類のモードチェンジにあります。具体的に説明すると、魔法詠唱時には魔法ダメージを二倍にして吸収するモードになり、特殊攻撃体制時には物理ダメージを二倍にして吸収するモードになるので、この特性を理解して戦闘を進める必要があります。……と口で説明するのは簡単でも、いざ戦闘になるとなかなか上手くゆかず、ダメージを与えたりダメージを吸収されたりのシーソーゲームになりがち。そーこーしている間にも範囲内のPCから2500HP吸収の「ゴージ」とか戦闘中に吸収した全HP分のダメージをPC数で頭割りの「ディスゴージ」とか凶悪な特殊攻撃でガンガン攻め立ててくるので手に負えない。

こんな具合にさんざん脅されていたおかげでビビリまくりの開戦でしたが、実際にぶつかってみた感想は確かに組み難い相手だけれど、手も足も出ないくらい圧倒的でもない感じで珍しくネ実係数が逆に働いたパターン。まあ勝利を最優先に考えて赤色の弱点(アートマ取得)は捨てていたし、何よりも「アビセアの死闘」の導入によって二種類のアートマが付与可能になったこともあるので、あんましデカイ口を叩くのもアレなんですけど。グラヴォイド討伐の報酬 (三匹目のノートリアスモンスター討伐の報酬) 「理知の白色ジェイド」はアビセア-エリアの宝箱の錠の知識が上昇する効果。最初の報酬「月のジェイド」以降、地味性能のジェイドばかりでネタ切れ感があったりなかったりなのですが、気にしないことにします。

ちなみにこのグラヴォイドがドロップする「グラヴォイドの殻」は、エンピリアンウェポンのトゥワシュトラの必要素材。そしてその要求数はニャンと50個。一度にドロップする数は01個~02個なので、最短でもグラヴォイドを25匹討伐する必要があるとかエンピリアンウェポンはホント地獄だぜ。フゥハハハーハァー!!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。