スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・火曜日の試練 



2010/09/09追加分の「メイジャンの試練」はすべて一段階のみで派生は無し。名称も大きな変化はなく「+1」だの「改」だのが付く程度に留まるのですが、性能面に関しては相変わらず順調に伸び、もはや「メイジャンの試練」製の武器以外は武器に非ずと言わんばかりの勢い。現在わたしが所持している「メイジャンの試練」製武器は攻撃力特化型キーラと命中特化型キーラだけなので、火曜日と雷曜日の試練を達成すれば導入分の試練は全て完了、晴れて自由の身となるのですが、終わってしまったら終わってしまったで何だかモノ足りなく感じてしまうのが、マゾのマゾたる由縁。ましてや曜日または天候の試練はご覧の通りヌルヌルってくらいヌルイ難易度に調整されたこともあって「新しい試練にも手を出してみようカナ」なんてことを企みはじめて「メイジャンの試練」スパイラル。

■メイジャンの試練:No.1891
・火天候時または火曜日に300匹のバード類を撃破する。
→キーラ+1:D41 隔190 STR+8 攻+18 LV85~シ吟踊

ワジャーム樹林のワレコリ(我々のコリブリ)がメッカらしいで、火曜日前日の夜にオルドゥームリングでバビューン。わたしと同じように火曜日の試練を受けたヒトたちが続々と集まりはじめてアッーという間にフルアライアンスの満員御礼。日付変更と同時に、鳥・即・斬。国際自然保護連合に絶滅危惧種に認定されるくらいの勢いでワレコリを殲滅して150匹/ヴァナ一日のペース。頻繁にリポップ待ちが発生してこの数ですから、さすがワレコリいやらしい。天候によるボーナスは一切ありませんでしたが、ヴァナ二日間で試練達成。ただですね、散々ワレコリを殲滅しておいてこんなことを言うのもアレですが、バード類の討伐等エモノの選択肢が比較的豊富な試練の場合はレベリング対象のエモノは避けるべきではないだろーか、と思ったりもします。新米からちょっと抜け出した程度の冒険者がワレコリを相手にレベリングをしているワジャーム樹林ならではの風景が消えてしまうのはやっぱし寂しいので。

(2010/10/07追記)
火曜日の試練の過去の日記はコチラ。
・火曜日の試練(1) ………………………[2010/08/18]
・火曜日の試練(2) ………………………[2010/08/20]
・火曜日の試練(3) ………………………[2010/08/23]
・火曜日の試練(4) ………………………[2010/08/25]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。