スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の唄 



ボロカ(Boroka)とは……フィリピン伝承の魔女。女の顔と四本の馬の足、鷹の翼を持ち、人間の子供を好んで食べるという(『FFXI用語辞典』より)。

リヴェーヌ岩塊群サイトの「リヴェーヌワート」と「招かざる影たち」、大礼拝堂の「失われた料理」を巡る「ミラテテ様言行録」取得ツアー。手間と見返りが釣り合わなくなったという理由から長らく中断していたのですが、プロマシア-エリアのレベル制限撤廃によって手間の方が大幅に軽減されたこともあり、ボチボチ再開していたりします(『護衛の報酬』と『迷子のチョコボ』は面倒なのでパス)。これによって一週間に三個の「ミラテテ様言行録」を獲得。だいたい3000程度の経験値を稼ぐことができます(かなりブレますが)。ウマイと言うべきかマズイというべきかなかなか微妙な数字なのですが、レベリングに出かけるほどではないけども一応育成しておきたいジョブに注ぎ込むにはまあ許容範囲の数字といったところ。

そんなこんなでリヴェーヌ岩塊群サイトまで出かけるついでにボロカ(Boroka)さんの縄張りに立ち寄ったりしてみたのですが、残念ながらボロカさんは不在。ヒマに任せて翌週も縄張りを訪れてみてもボロカさんは、やっぱし不在。次の週も、そのまた次の週もボロカさんは不在のまま。あまりにもお目にかかれないので「お前らいまどきボロカさんに粘着しよるんか!」と(自分のことは棚に上げて)半ギレ状態でいたのですが、先日ようやくボロカさんとご対面。他にヒトが来るとマズイので慌てて戦闘開始。こんな時代遅れのノートリアスモンスターに必死になってしまう自分自分に疑問を感じないこともありません。

このボロカさんは見かけによらず吟遊詩人。ピッポロ歌いながら、ノックバック+ヘイトリセットの大ダメージ攻撃「フーフボレー」を多発するのが特徴。レベル的にはコチラが勝っているとはいえ、腐ってもボロカさんは称号持ちのノートリアスモンスターですから正直かなりビビりながらの挑戦でしたが、レベル補正の効果は偉大だったようでボロカさんの攻撃はミス、ミス、ミスの連発。特に危ない場面もなくボロカさんを撃破。ドチラかと言うと戦利品よりも討伐称号の「ボロカベリーガラー」が目当てでしたが、こんなときにかぎってフルドロップ。ふぁっしょんのトレハンがこんなにスゴイわけがない。

20101208b.gif

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。