スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たぎる獣、空なる死者、覇者たる竜 



2010/12/07のVer.UPにてレベル上限が85から90へ引き上げられたので、ナニはともあれ限界突破クエスト「真・人体強化の術!」です。例によってクエストオファーはル・ルデの庭のノマドモーグリさんから。今回の限界突破の条件は、10個の魔人印章と5Pのメリットポイント。ドチラもアビセア-エリアで遊んでいれば溢れる類のモノなので「我々のご主人様(■e) がこんなに優しいわけがない」なんて具合に罠の存在を勘繰っちゃったりするのですが、やはりこのままでは終わらず、むしろココからはじまり。

……と言っても、タライ回しと紙一重のお使いを要求されたりとか糞が付くほどに低確率ドロップのアイテムを要求されたりみたいないつものオチではなく、予想外にもジャンケン対決。ノマドモーグリさん曰く、

・たぎる獣のオーラは、空なる死者のオーラに強く、覇者たる竜のオーラに弱い
・空なる死者のオーラは、覇者たる竜のオーラに強く、たぎる獣のオーラに弱い
・覇者たる竜のオーラは、たぎる獣のオーラに強く、空なる死者のオーラに弱い

つまり、たぎる獣のオーラがグーならば、空なる死者のオーラはチョキ、覇者たる竜のオーラはパーにあたるというわけ。このジャンケン対決は五本先取制。賢明な廃人諸兄ならばおぼえておいでだと思いますが、「アトルガンの秘宝」の中尉昇進試験の際にもこれと同じようなジャンケン対決(BCG演習) があり、このときは相手の出目がパターン化していたことから攻略サイト等をカンニングすれば簡単に勝利できちゃう仕様でした。しかしながら今回の出目は完全なランダム。なので運悪く相手に五本先取されると当然敗北になるのですが、魔人印章とメリットポイントの追加消費をせず再戦可能なので、ジャンケンが弱いふぁっしょんさんのようなヒトも安心の親切設計。

五本先取制がやや冗長な点を除けば (終盤は選択肢を選ぶのも面倒になって『悪運のグー』で押し通した) あんなネタやこんなネタが散りばめられてなかなか楽しいジャンケン対決でした。それにしても「限界突破クエスト」と言い「メイジャンの試練」と言い、新しい収納方式の「モグサック(とモグの預り帳)」と言い、新しく導入されるモノがことごとくモーグリ押しなのはイイ加減どーにかなりませんか。

☆★☆ おまけ ☆★☆
宇宙の帝王デーゲンハルト。

20101210b.gif

コメント

LV90か・・・麒麟がおなつよになっちゃうわけ?

■プレ夫君
玄武のソロ討伐が話題になった頃は「ククク。玄武は四神の中でも最弱……」的な雰囲気もまだありましたが、青龍、朱雀と続いて、ついに白虎までもソロで殺られちゃいましたからねえ。そろそろ麒麟さんも危ない気がします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。