スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンヌデプルーマー 



アビセア連続クエストの討伐対象モンスターも残すところあと二匹。というわけで本日のターゲットは、アビセア-アルテパの「砂漠舞う風獣」ことビッグバード族ノートリアスモンスターのベンヌ(Bennu)です。 誘き出すためのエサになる立派なロックの尾羽根(だいじなもの)は、トリガーモンスター(Ouzelum)の撃破か 金色の宝箱(Sturdy Pyxis)からの取得になります。

荒ぶる鷹ならぬ荒ぶる鷲ベンヌの最大の特徴は「ドレッドウィンド」。そのへんのビッグバードが使用する「ドレッドウィンド」とは異なり、1000前後の大ダメージに加えてテラー効果を誘発する特別版。逆に言えばこの「ドレッドウィンド」対策さえシッカリしておけばネギを背負ったカモみたいなモノ。赤、青、黄、すべての弱点を突いて本日もファッショナブルズの完・全・勝・利。このベンヌの魂の結晶である「荒鷲のアートマ」は「耐風+(大)、ヘイスト(中)、スナップショット効果アップ(小)」と何ともコメントに困る感じの性能。一方、物質的戦利品は「火行の小片」「火行の絵札」「スノーサシェ」「オナーバウンド」と非常に魅力的。このうち「火行の小片」はシーフのエンピリアン装束(胴)の二段階目強化(+2)に必要となる素材なので、その後ふぁっしょんさんはベンヌと果てしない戦いを繰り広げることになるのだった。

その他「スノーサシェ」は属性に対応したステータスアップと時々被属性ダメージ吸収がウリの投擲アクセサリ。解析上では火氷風土雷水光闇の全八種類が存在しているのですが、闇属性の「シャドウサシェ」のみ取得手段が現在も判別していない状態。属性サシェと同時期に導入された属性ベルトのうち「シャドウベルト」だけ複数の取得手段が存在していることから「シャドウサシェ」と間違えて設定されているのではないかなんて言われていますが……。口を滑らせたら大惨事になりそうな名前の「オナーバウンド」は真っ赤な刀身も「エンライト効果アップ」の性能もステキなナイト専用片手剣。しかしながら、ふぁっしょんさんのナイトは装備可能レベルに満たず(現在88)「メイジャンの試練」も短剣以外まったく手付かずなのでもうしばらくはジュワユースを振り回してガマンの子。

そしてアビセア連続クエスト第八の報酬は「福運の白色ジェイド」。このジェイドは「アビセア-エリアの赤い宝箱に対する運が上昇する」効果があります。しかしながらご存知の方はご存知の通り、アビセア-エリアで赤い宝箱を開ける機会ってかなり限られているので、無くても構わないなんて言ったら怒られちゃいそうですが、ぶっちゃけ無くても構わない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。