スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・侵略者のアルペジオ(1) 



エンピリアン装束の胴部位の取得手段は1500枚の「ドミニオン札」と交換。しかしながら取得したまま(未強化のまま)の状態では俗に言う「ユニクロ」にも劣る残念性能に付き各種素材を用いて強化してゆく流れは例によって例のごとく。

■レイダーベスト【胴】LV89~シ
 防58 命中+4

これまでと同様にエンピリアン装束一段階目(+1)の強化には「型紙」が必要になりますが、今回の胴部位は取得までの手順が複雑化。例えば「レイダー型紙:胴」を握るガーゴイル族ノートリアスモンスターのブランガ(Blanga)の場合だと、ポップトリガーとして「ぼやけた眼」と「氷霧の翼」が必要。「ぼやけた眼」はそのへんの雑魚モンスターがドロップする毎度お馴染みの仕様ですが、もう一方の「氷霧の翼」はインプ族のノートリアスモンスター(Chillwing Hwitti)から強奪しなければなりません。当然ながらと言うか残念ながらと言うか、このインプ族ノートリアスモンスターに挑戦するには別のポップトリガー(『斥候の号笛』)を用意する必要があり……という具合に、他部位の「型紙」と較べて倍以上のテマヒマ。おまけに胴部位にかぎり「型紙」の必要枚数も08枚から10枚に増加していたりして、こういう露骨な水増しは正直やめてポピー。

■RDベスト+1【胴】LV89~シ
 防61 DEX+7 短剣スキル+3 ヘイスト+4%
 コンスピレーター性能アップ

エンピリアン装束の二段階目(+2)の強化素材は、これまた通例通り「五行」の名を冠する素材。必要数も06個から09個にシッカリ水増しされています(怒)。レイダーベストの場合アビセア-アルテパのベンヌ(Bennu) が握る「火行の小片」がソレにあたりますが、この「火行の小片」って召喚士のエンピリアン装束の強化素材でもあるので召喚士LOVEなスパとコンビを組んでアビセア-アルテパへGO。本来ならば白、黒、青の各種魔法、忍術、詩を揃えて黄色の弱点を突き、素材のドロップ確率を上げるのが「五行」狙いのセオリーなのですが、「アビセアの覇者」導入直後の情報が出揃っていない時期だったためかトリガーモンスター(Ouzelum) は常時放置状態だし、ベンヌは(ネ実補正抜きに)回避盾+回復役のコンビで楽勝な相手なので弱点よりも回転率を高める作戦でひたすら連戦。「アッー!」という間にレイダーベストの二段階強化完了のお知らせ。

■RDベスト+2【胴】LV89~シ
 防64 DEX+10 短剣スキル+5 ヘイスト+5%
 コンスピレーター性能アップ
 コンビネーション:トリプルアタック性能アップ

次回へつづく

コメント

絵札やないっ
小片や・・・

ベンヌってそんなに弱かったっけ・・・こないだモ盾に祭り上げられてアッー!という間につつき殺されたんだ(ノ∀`)

■とおりすがりさん
「火行の小片」がシ暗狩コ召、「火行の絵札」がモ白獣竜学ですね。素で間違えてしまいました(涙)。というわけでカカッと修正。

■プレ夫君
シーフ+白魔道士のコンビなら安定して撃破できましたが、実は一度だけ敗北経験がありまして「ドレッドウィンド」をモロに喰らってふたりともテラー、手も足も出ないままツツキ殺されて全滅、のパターンでした。油断大敵ってヤツです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。