スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

ことのほか厳しい寒さが続く今日この頃、皆さまは如何お過ごしでしょうか。毎度お馴染みの「ぱんでもにうむ麻雀バトル」です。この「毎度お馴染み」とは「何の変哲もない」や「いつもどーり」と同義でもあり、ぼちぼちネタとして成立しなくなりつつある雰囲気が漂っていたりもするわけですが、とりあえず本日はわたくしふぁっしょんが「役満」に纏わる思い出を語ってのりきりたいと思います。



こう見えてもこのブログはFFXIのブログなので、読者諸兄の中には「そもそも役満ってなに?」なんてヒトもいらっしゃるかもしれません。なので簡単に説明しますと、役満とは「滅多に出現しない高得点の麻雀の役」を指します。FFXIで例えると獣人印章バトルフィールド「南海の魔神」でクラーケンクラブがドロップするようなモノだと考えて頂ければ当たらずとも遠からずってところだと思います。FFXIにおけるクラーケンクラブのドロップ確率は1%とか言われていますが、麻雀における役満の出現確率はどのくらいかなのかと言うと、以下の某ネット麻雀の一ヶ月分の統計を参照。

・国士無双(13面)…………0.04240(0.00056)
・四暗刻(単騎)……………0.04381(0.00528)
・大三元……………………0.03783
・小四喜……………………0.01078
・大四喜……………………0.00070
・緑一色……………………0.00183
・清老頭……………………0.00134
・四槓子……………………0.00014
・九蓮宝燈…………………0.00092
・天和………………………0.00014
・地和………………………0.00113

この「ぱんでもにうむ麻雀バトル」でも何度か出現している国士無双、四暗刻、大三元は役満の中でも比較的容易と言われているだけあってそれなりの確率。しかしながら国士無双は13面、四暗刻は単騎になると途端に確率は低くなりまして、この麻雀バトルでも未だに出現していません。わたしは「地和」をアガったというのがささやかな自慢だったりするのですが、世の中には「地和+大三元」だの「地和+国士無双」だのをアガったヒトもいるのだとか。羨ましいと言えば羨ましいんですけど、実際にそんな幸運を手にしたら、その後は一気に悪いことばかり押し寄せてきそうで夜もオチオチ眠れないと思います(小市民)。

ちなみに九蓮宝燈という役は「完成させたら運を使い果たして命を落とす」という伝説があるくらいに滅多にお目にかかれない役満。……なのですが、わたしの友達のオカモト君(仮名ではなく実名)は九蓮宝燈を完成させたにも関わらず、しぶとく生きていたりするので伝説なんて所詮そんな程度なのかもしれません。

コメント

2010年は初となる温泉麻雀なるものも開催され、いろいろありましたが、ここで気になる年間トータル。
全164半荘
まれい:1位46回、2位41回、3位43回、4位32回
すぱ:1位33回、2位33回、3位36回、4位43回
こまち:1位38回、2位42回、3位38回、4位42回
ふぁっしょん:1位40回、2位38回、3位42回、4位41回
じぇしー:1位8回、2位12回、3位5回、4位7回
開催別、全11回開催
まれい:1位6回、スパ1位0回、こまち1位2回、ふぁっしょん1位2回、じぇしー1位1回
トータル点数
まれい:+669、すぱ:-698、こまち:-28、ふぁっしょん:-30、じぇしー:+87

ひどい参加率だ・・

■まれい君&ジェシィさん
最近麻雀で勝った記憶がねーなーと思っていたら、やっぱし勝っていなかったっていう(まあ負けているってほど負けているわけでもないのですが)。てゆーか、点棒のやり取りがスパ→まれい間でほぼ完結していて、コマちゃんとふぁっしょんさんは座っていただけ状態。そしてジェシィさんはどう見ても勝ち逃げ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。