スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみ座と御使い(1) 



アビセア界の人々を苦しめてきた九匹の悪名高きモンスターを撃破したあと、連続クエストは「神のみ座と御使い」へと進行。ふぁっしょんさんに与えられた次なる使命は、全てのカトゥラエ──歩兵のシポイ、馬のクタレイ、象のヤーネイ、戦車のイラタム、女王のラーニー、王のラージャーの討伐。ちなみにこの「神のみ座と御使い」はクエストオファー以前に撃破したカトゥラエもちゃんとカウントされる親切設計なので、先走っちゃったヒトも安心です。

しかしながらカトゥラエ族と言えばツエーとかヨエーとか以前に、四半日のあいだ待ち続けても姿を現さないなんてこともザラにあるノートリアスモンスター。過去の日記を紐解くと「もしもカトゥラエ族が撃破必須みたいな流れになると、お目にかかりたくても滅多に目にかかることができない相手だけに困ったことになりそうです」みたいなことを書いていたりするのですが、不吉な予言は良く当たるという迷信そのままの結果になってワロタ。と言うかワロエナイ。

だいたい張り込みにペットボトルが必要になるくらいにレアポップなモンスターを課金型拡張バトルコンテンツの討伐対象に組み込むこと自体が無茶苦茶な話で (と言いながらも、わたしはレアポップ時代にシポイ、クタレイ、ヤーネイ、イラタムの四匹を撃破済だったりします) 「お金返して!」と文句が出て然るべきだと思うのですが、ドSの■eもさすがにヤリスギと反省したのか2010年12月のノートリアスモンスター出現間隔短縮調整によってカトゥラエ族にお目にかかる機会も激増。

このようにしてヴァナ・ディールの冒険者一億人(もいない)総ボトラー化の危機はとりあえず回避されたのだった。

次回へつづく

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。