スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみ座と御使い(2) 



そんなこんなで本日は「禁断の地アビセア」および「アビセアの死闘」に登場するカトゥラエたちについて。先日の日記にも書いた通り、わたしは何時間待ち続けても一向に姿を現さないことがザラだったLV85上限時代に全て撃破していたりするのですが、もちろんペットボトルは使っていません。使ってないんだったら!

■イラタム(Iratham)
→ヴァナ・ディール時間21時にアビセア-タロンギに出現。オーラのようなバリアのようなモヤモヤを身に纏っているときには魔法攻撃力が大幅にアップ、桁外れの威力のガ系精霊魔法を喰らって「アッー!」という間に蒸発なんてことも有り得る恐ろしい相手なので「禁断の地アビセア」エリアのモンスターと言えどもアナドルナカレ。ちなみに時間ポップ型カトゥラエの共通点として、満月およびその前後の日には常時出現(撃破後約15分でリポップ)になるようです。

■ヤーネイ(Yaanei)
→ヴァナ・ディール時間15時にアビセア-アットワに出現。出現条件に様々な憶測が流れたレアポップ時代「各エリアの召喚獣型モンスターとの抽選ポップ」という説はわりと信じるヒトが多く、戦力の半数はパラダモ山頂で待機、別の半数はイフリート型召喚獣(Tejas) をひたすら撃破なんてことをしていました。そーこーしているうちに出現間隔短縮調整が入って今日に至るわけですが、当時の出現条件って一体どんなモノだったのか気になると言えば気になります。

■クタレイ(Kutharei)
→ヴァナ・ディール時間09時にアビセア-ミザレオに出現。レイダーブーメランを入手するべく張り込んでいた頃のクセが未だに抜けず、アビセア-ミザレオに突入後は真っ先に天華崎を偵察しちゃうふぁっしょんさんガイル。当時はひたすら苦戦して「カトゥラエとはこうも凶悪な相手なのか……。ゴクリ」と戦慄したモノですが、瀕死ダメージ+ディスペル+ヘイトリセットの「バナレットチャージ」対策がシッカリと出来れば実はカトゥラエ族の中でも最もオトナシイ子。

■シポイ(Sippoy)
→ヴァナ・ディール時間の03時にアビセア-ブンカールに出現。赤色の弱点を突くべくサイクロンをブッ放したら周囲のファンガー族に加え、たまたま通りかかったラムウ型召喚獣のおっさん(Fulmotondro) まで巻き込んで大混乱。てんやわんやの騒ぎの中、ふぁっしょんさんが誤って救援要請。……という具合に、本来とは別の意味で大苦戦したカトゥラエ。コマちゃんがアスピドケロン戦で救援要請を出した話を聞いて大爆笑した罰が今頃になってあたったみたひ。

次回へつづく

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。