スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救世主の条件 

アビセア-エリアには、クエスト、エンシェントジェイド、アートマを対象にしたアチーブメント(達成状況)が存在します。我々冒険者の行動記録を管理するヒトが教えてくれるアレ、と言ったらわかりやすいかもしれません。いずれかのエリアのアチーブメントが100%に到達すると「異界の訪問者」という称号が与えられ、以降エリアが増える毎に「異界の協力者」「異界の戦士」「異界の強襲者」……と称号が変化し、全てのアビセア-エリアのアチーブメントを100%にすると「異界の救世主」という称号と「救世の人工アートマ」が取得可能になります(下記参照)。

・コンプリートエリア01箇所「異界の訪問者」
・コンプリートエリア02箇所「異界の協力者」
・コンプリートエリア03箇所「異界の戦士」
・コンプリートエリア04箇所「異界の強襲者」
・コンプリートエリア05箇所「異界の破壊者」
・コンプリートエリア06箇所「異界の勇者」
・コンプリートエリア07箇所「異界の英雄」
・コンプリートエリア08箇所「異界の覇者」
・コンプリートエリア09箇所「異界の救世主」

気になる「救世の人工アートマ」の性能は「すべてのステータス+(大)、すべてのステータス変化耐性+(大)、時々被ダメージ吸収」というモノ。取得までの労力に見合った性能なのかと問われると正直ビミョーなところだと思いますし、そもそもクエストにしてもエンシェントジェイドにしてもアートマにしてもすべてを揃える必要はないと言うかむしろ無くても困らないモノの方が多いくらいですから、このアチーブメントはドチラかと言うと「コレクター向け要素」な感が強く、わたくしふぁっしょんも「へー。そんなモノがあるんだ」程度にしか気にかけていなかったのですが、そこは廃人の性(サガ)。気が付けば「禁断の地アビセア」と「アビセアの死闘」エリアのアチーブメントが100%まで到達し「異界の勇者」なんて呼ばれていたので、もしかするともしかするかもみたいな流れで「救世の人工アートマ」の存在を意識するようになった次第。

と言っても「アビセアの覇者」エリアに関しては、アビセア-アルテパのアチーブメントだけはそれなりに進行してはいるものの、他の二箇所──アビセア-ウルガランとアビセア-グロウベルグに関してはまったくの手付かずと言っても過言ではない状態。ふぁっしょんさんがアビセア界の救世主として認められるにはもう少し時間が必要になりそうですが、これまでと同様にぼちぼちペースで頑張っていこうかなとか思っていたりします。ぼちぼち。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。