スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moonage Daydream (1) 



艱難辛苦の末にすべてのカトゥラエ族を討伐したふぁっしょんさん。次に示された目的地は空に浮かぶあのお月様。となると宇宙船がアーだとか宇宙服がコーだとかヘルメットがなければ即死だったみたいな話になると思いきや、実際はそんな面倒なことは一切なしに10000クルオとトラバーサー石さえ用意すればクフィム島(F-7)の転送ポイント(Transcendental Radiance) から「アッー!」という間に月世界へワープ。以下、激しくネタバレ。

そしてプリッシュたんが語る驚くべき真実。アビセア界とは、我々冒険者が黄昏の男神プロマシアに敗北したヴァナ・ディールの並行世界──すなわちアビセア界のふぁっしょんさんがプロマシア-ミッションをコンプリートできずゲームオーバーしちゃった結果、虚ろなる闇を取り込んだ男神プロマシアは人々が畏怖する象徴の塊「神竜」へと変貌。真世界の到来=人間絶滅作戦を進行し、アビセア界をこんなふうにメチャクチャにしたのであります。ひぎぃ!

……というわけでアビセア界の命運を賭けた最後の戦いは06人制限30分一本勝負のバトルフィールド。相手はもちろん神竜です。このバトルフィールドはアビセア-エリアと同じ位置付け(『アビセア-天象の鎖』)になり、エンシェントジェイドとアートマによるパワーアップが可能。逆に言えば神竜もそれ前提の強さと言いますか、そもそも神竜って過去のファイナルファンタジーシリーズではゲーム終了後のヤリコミ要素におけるボス格だった相手ですから、その凶悪さはビッグバン級。

範囲攻撃扱いの通常攻撃に加えて、後方に対してはスタン、側面に対してはノックバックの追加効果。特殊攻撃使用時および魔法詠唱中は被ダメージ吸収。カタクリスムヴォルテクス、コズミックブレス、ダークマター、アトミックレイ、ジャイヤチャージ、マイティガード、スーパーノヴァ、プロトスター。さらに精霊ガ系魔法に古代魔法、コメット、メテオと並べただけでもヤバイ攻撃が目白押し。

相手が神様なら自分も神様になるしかないってことで「天神地祇の薬」を飲み干すふぁっしょんさん。うい~ヒック。神様対神様の「アルマゲドン」とも呼べる最終決戦の果てに生き残るのは誰だ……!?

次回へつづく

コメント

ファッションは忙しくなったのか。こっちは計画停電の影響もあるし、結構流れてしまって暇ができてしまた。
今の状況だとFF鯖稼動も4月にはずれ込みそうだねえ。

■まれい君
停電に備えて全システムを停止したら一向に停電が来なかったり、だからと言って強制終了になっちゃうとソレはソレでまずいから放っとくわけにもいかないし……という具合に、忙しいと言うか振り回されているだけと言うかそんな感じだったりします。FFXIの再開は03月25日に決まったみたいですね。まあゲームで遊んでいるヒマがないってほどではないのですが、FFXIを起動しない生活に慣れたこともあるので、またヴァナ・ディールに戻るかは正直微妙なところかも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。