スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女との約束 



そんなこんなで、ヴァナ・ディールの並行世界「禁断の地アビセア」を舞台にしたお話もこれにて完結。エンシェントジェイドやアートマによるプレイヤーの超人的強化、弱点の概念を取り入れた戦闘システム、桁外れの取得経験値、エンピリアン装束に代表される高性能な武器防具等、既存の常識をブチ壊した課金型拡張バトルコンテンツ「禁断の地アビセア」三部作は好評をもって受け入れられたどころか、むしろFFXIのすべてをアビセア一色に塗り替えてしまった感さえあります。

・禁断の地アビセア………………………[2010/07/27]
・ククルカンデファンガー………………[2010/09/01]
・アートマの秘密…………………………[2010/09/03]
・ブリアレオスフェラー…………………[2010/09/17]
・グラヴォイドスタンピーダー…………[2010/10/01]
・アビセアの死闘…………………………[2010/10/12]
・キレインキロインハープーナー………[2010/10/18]
・セドナタスクブレーカー………………[2010/11/04]
・イツパパロツルディクローアー………[2010/11/26]
・カトゥラエの謎…………………………[2010/12/03]
・アビセアの覇者…………………………[2010/12/17]
・レシェフエラディケイター……………[2010/12/20]
・ベンヌデプルーマー……………………[2011/01/11]
・アムピトリーテーシャッカー…………[2011/01/18]
・神のみ座と御使い(1) …………………[2011/02/01]
・神のみ座と御使い(2) …………………[2011/02/03]
・神のみ座と御使い(3) …………………[2011/02/04]
・救世主の条件……………………………[2011/02/16]
・異界の救世主……………………………[2011/03/09]
・Moonage Daydream (1)…………………[2011/03/22]
・Moonage Daydream (2)…………………[2011/03/24]

その一方「アルタナの神兵」以降のFFXIって過去世界や並行世界が舞台に選ばれているおかげでマップやモンスターは既存のマイナーチェンジに留まり、まあソレはソレで「アッチの世界のあのヒトは……!!」みたいな演出も可能になるので一概に悪いとは言えないのですが、FFXIが既に一昔前のゲームという位置付けにある点や続編が絶賛(?)稼動中という点から省エネ設計にならざるを得ないオトナの事情はとりあえずさておき「ジラートの幻影」や「プロマシアの呪縛」、「アトルガンの秘宝」のときのように、未踏の大地を開拓するワクワク感を味わえないというのはやっぱしちょっと寂しいと思ったりもするのであります。まる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。