スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂丘の皇帝、再び(vs.Valkurm Emperor) 

メンテ明けを狙って再び砂丘の皇帝。
今回は10人くらいライバルがいて、ものすご~くピリピリしていました。ここにはカットしましたが、戦闘前と戦闘後で「ナニガシはあなたをじっと見つめた」というログが連続で並んでいたりします。気の弱いヒトだったらそれだけで嫌になっちゃうのではないでしょうか。育ちの悪いふぁっしょんさんはそういうピリピリしたふいんき(なぜか変換できない)も嫌いじゃないですけどw

そんなわけで無事リヴェンジ成功。姫帝というところが可愛らしくて良いですね。
これでいま持ってる皇帝羽虫の髪飾りを売り飛ばせr(なにをするきさまらー



(2006/1/25追記)
「僕(わたし)も姫帝ほしい;;」というヒトたちのために、ちょっとしたコツを折りたたんでおきます。それなりに有名なネタらしいので御存知の方も多いかもしれませんけど。ちなみに、わたしはつい最近まで知らなかったです(泣)
Valkurm Emperorの抽選対象であるDamselfly(トンボ)は、「広域サーチ」で見ることのできるSnipper(蟹)とThread Leech(プニプニ)の間の四匹です。
わかりやすく説明すると、

Snipper
Snipper
Damselfly
Damselfly
Damselfly
Damselfly

Thread Leech
Thread Leech

と表示される四匹のDamselflyを狩っていれば、そのうちの一匹がValkurm EmperorになってPOPするというわけです。他の場所に表示されるDamselflyは抽選対象外なのでいくら狩り続けてもNMは出現しません。ライバルがいる際も、上記の四匹のDamselflyを時間管理していれば、比較的楽に張り込みできる上に、「広域サーチ」を上から下まで全部見ているヒトよりはずっと早くNMを発見することができます。
あとはNMのPOP範囲が広いので発見した際の「とんずら」と、ドロップがわりと渋いらしく「トレジャーハンターII」が欲しいということで、ジョブはシーフサポ狩人が頭ひとつ抜けてる感じですかねぇ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/143-7fdd129a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。