FC2ブログ

四季悪日(Seasons Greetings) 

四季悪日(Seasons Greetings)
 クローソーオーブ
 ギデアス:バルガの舞台
 Gilagoge Tlugvi (春:白魔道士) Goga Tlugvi(夏:モンク)
 Ulagohvsdi Tlugvi(秋:忍者)   Gola Tlugvi(冬:暗黒騎士)

白魔道士一筋なぶっでぃ君がモルゲンステルンを狙っての主催。このBCは御神木のドロップが美味しいので、主催よりもお手伝いする側が張り切っていたような気もしますw というわけで構成は忍白黒黒黒赤(←ふぁっしょん)。ノンアクティブな四匹のトレントから相手を選んで戦闘開始。交戦中の相手が二時間アビリティを使用すると、春夏秋冬の順番で次の一匹がアクティブに。交戦中の相手が春ならば夏が動き出し、夏ならば秋、秋ならば冬、冬ならば春、春なら(ryという具合。



我らがぶっでぃ君が選んだのは、夏秋冬春の順番で撃破するという作戦。ジョブで言えばモ忍暗白の順番ですね。BC突入後「夏」をグラビデ釣り。「夏」は攻撃間隔が早い上にダメージも大きく、盾役があっという間に撃沈なんていうこともあるので、精霊魔法一斉射撃の高火力でねじ伏せちゃいます。「夏」の二時間アビリティ百列拳はスリプルで対処。その間に次の「秋」が動き出すので、「夏」を撃破するまでこちらも寝かせます。ただ「秋」のジョブは忍者なので、スリプルだと空蝉に阻まれちゃうことがあるので注意。スリプガが確実ですね。

次の「秋」は、精霊魔法で削りつつ「そろそろ微塵くるかも」というあたりで予め眠らせて、HPの回復とストンスキンのかけ直し等、しっかり微塵対策をしたあとで倒ようにするとイイ感じでした。「夏」と「秋」さえ撃破できれば、とりあえず一安心。「冬」はドリルブランチとブラッドウェポンに注意しつつ、危険な場面ではスリプルで建て直し。「春」は女神の祝福を使用するため、撃破まで時間がかかること以外はそれほど強い相手ではありません。

六戦六勝。御神木五本ドロップ。一番悪いドロップでもオリハルコンが出ていたので「やらなきゃ良かったよ;;」的大ハズレがなかったのは良かったかな。ココは確かに美味しいBCなんですけれど、どれだけ頑張っても事故死の可能性があったりするので、野良で気軽に、というわけにはいきそうもないですねぇ。あ、すっかり忘れてましたけど、ぶっでぃ君は無事にモルゲンステルンをゲットすることができました。おめでとぅ。二本目のモルゲンステルンはわたしが何となく貰っちゃったので、ふたりでナジャ社長ゴッコができそうですw

コメント

ご協力感謝です。
いやあそれにしてもこんなに空が青くて綺麗だなんて気が付かなかったw

本当はPTメンバー六人全員が写るようなアングルでSSを撮りたいんですけど、FFXIの戦闘は立ち位置の関係上なかなか難しいですねぇ。

例によってこのSSにぶっでぃ君写ってないですし(泣)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/278-53daaf5e