FC2ブログ

笑み曲ぐ夢魔と(vs.Diabolos) 

20060625b.jpg

戦ってみたいなあと思いつつも、機会を逃したままだったディアボロス戦。そんなこんなでだんだんと募集シャウトも聞かなくなり、「こりゃフレ集めて自分で主催するしかないなあ」なんて考えていたんですけど、珍しく募集シャウトが聞こえてきたので早速応募。集まったのは、戦モ詩赤黒黒(←ふぁっしょん)といった具合のタンクもヒーラーも存在しない尖りまくった構成の六名。

作戦はいたって単純。赤サポ暗なネコさんの連続魔スタンでディアボロスの動きを封じている間に、残りの五人はフルアビ投入で一気にねじふせるというもの。前衛アタッカーはオポ昏睡でTPを貯め、詩人はソウルメヌメヌとソウルバラバラ、六人全員スリプガ対策に服毒で準備完了。

戦闘開始はディアポロスの引き寄せから。PMのディアボロスと同じように時間経過と共に床が失われていく仕組みなので、予め決めておいた安全な場所に六人全員で固まった状態で戦います。失われた床から下の階層に落下すると、ダイアマイト族がうじゃうじゃひしめいていて、それはそれはおぞましい光景なのだそうですが、幸か不幸かわたしはまだ落ちたことはありませんw 怖いもの見たさで落ちてみたい気もするんですけどね、やっぱり死ぬのイヤなのでやめておきます。

引き寄せと同時に足場を固めて赤魔なネコさんが連続魔スタン。WSと高位精霊魔法で一気にディアポロスのHPを半分近くまで削るものの、スタンとスタンとの隙間にナイトメア。服毒状態でも眠ってしまう特殊睡眠WSなわけですが、すぐにルイナスオーメンの範囲ダメージで全員起床。開幕にぶっ放した印サンダガ三系がよっぽど気に入らなかったのか、わたしがタゲをとってカミサドーに狙われるものの運良くミス。瀕死のディアボロスがノクトシールドの構えをとったところで四系精霊魔法と百列拳から夢想阿修羅拳のコンボで撃沈。クリアタイムは約三分半でした。赤魔なネコさんがBCの外へ出たあとに連続魔の効果が切れたと言っていたので、純粋な戦闘時間は一分足らずですね。逆に言えば、長引けば長引くほど敗北する危険性が増えるBCだと思います。

ゲットした夢の息吹を手にウィンダスへ。報酬として選べる装備品群はどれも微妙だなあというモノばかりだったので、結局ディアボロスとの契約しました。召喚士あんまりやる予定もないんですけどね、サポに欲しいとは思うんですけど。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/304-5c6f5fec